mixiユーザー(id:988396)

2021年11月23日09:42

52 view

楽しかった夜

昨夜久しぶりに、神戸に行きました。
親友が東京から来日。システム的に「聖地」で飲もうぜと。

聖地とは、ハンター坂を左折したところにあるココです。
※写真

三宮は、日本でも有数のBARの集積地。神戸に住んでいた四半世紀前、チキンジョージ(生田神社脇のハコ)でライヴを見たあと、あの辺のBARを回遊。
それでいろんなBARを知ったのだが、上記は格別。

基本的に音楽BARであり、マスターK氏のセンスが素晴らしい。友人と俺との会話から、音を拾ってかけてくれる。もちろんリクエストもできます。
自分はBARで働いたことはないが、親友は東京で散々鍛えられたクチ。この店は、そんな彼のお墨付きでもある。氏いわく「ボトルの磨き方で店がわかる」。

ここのモヒートなんて、めちゃくちゃ美味いですぜ。昨日はライムが切れてて飲めなかったけど。

コロナ禍以降、自分は外出を控えていた。痛飲もとい通院もあって大阪にはちょくちょく出たが、基本宝塚に引きこもり。
が、ワクチン2回接種済み・世間も少し落ち着いてきたし、何より親友の来日で出かけたわけ。

緊急事態宣言時、当該の店も休業あるいは極端な時短。従前は、夜の8時ごろから朝の3時、俺らが行くと朝焼け見るまでオープン中が定期だったが。←強制はしてません自動的にです
休業中に自治体から出る補償金は1日×万△千円だったとか。K氏がひとりでやってる店で、人を使っていないからまだしも、1日の売り上げ(俺換算)からすると、×万△千円は約20分の1。
与党が目下、

「18歳以下の子どもがある家庭にただの1回10万円、それも分割払いで半分はクーポンな」

とか言っておるが、そんなもん焼石に水。同様に、K氏の話を聞いて、事業者の苦難を改めて痛感した。

しかしここには酒と音楽と、友人がある。

西村コーシーで美味いコーシーとサンドイッチを入れた後、聖地に突撃。早い時間で客は俺らだけ。
K氏に以上の話を伺い、ため息が出た。

マスターともどもビールとハイボールで再会を祝す。友人がリクエストしたのは渡辺真知子。
◆ブルー

https://youtu.be/Myw1rRN_pMg

自分がBARを逍遥していた四半世紀前は、邦楽をかけてくれる店はなかった。だって神戸だぜ?
ジャズや洋楽が基本であり、聖地は開店して18年だが、それでも邦楽かけたらディスられることもあったそうな。
いや、音楽に国境はないでしょう。良い曲は良い。

俺は対抗して、アン・ルイス。
◆リンダ

https://youtu.be/2tKLva3PDks

親友との会話は、まず互いの先祖の出自。友人は北海道、俺は九州も、そのストーリーが非常に被っておる。
そして文学話。

友「スパイスさんに貰ったブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』って深いすねー」
俺「でしょ? あれは先進国と後進国の対立問題なんですよ。当時最先端のロンドンに、辺境のトランシルヴァニアから奴が侵略していくという。ちなみに、最初に噛まれるルーシー・ウェステンラって狎祥里慮爐箸い娑嫐です。遅れた東が、西をやっつける」

友「ルサンチマンという点では、ロベルト・ボラーニョの『アメリカ大陸のナチ文学』もそうですよね。金持ちだけど売れない詩人が散々ディスられ、気落ちしてヨーロッパに行ったとき、ヒトラーによしよしされてファシズムに近づく」
俺「あれはフェイク歴史の名作です。ナチとラテンアメリカは親和性高いすよね。戦犯が逃げてきたのもそうだし、度重なるクーデターで、概ね軍事独裁政権」
友「ほれ、スパイスさんが大好きなコーマック・マッカーシー。ボラーニョの遺作『2666』って『ノーカントリー』に対する、南からの返歌じゃないかなあ」
俺「アジすか! 直ちに買います。しかし俺は救いがなくニーチェ的なマッカーシーや、ウィリアム・ピーター・ブラッディ『エクソシスト』に、むしろキリストを感じるんだよなあ」

こんな話をできるのが、俺の身近にはいない。それもあって親友との再会が、めっちゃ楽しかったりする。

爛轡隋璽吋鵑鬟好拭爾箸垢襪、松田優作をスターとするかは昭和40年生まれを境とする説燹覆燭世轡献絅蝓爾篭δ漫砲筺音の深さ・ボーカルの安定。歌唱こそ、もしかしたら最大の楽器かも知れない云々。
かくして友人が締めたのは、
◆布施明 ー 君は薔薇より美しい

https://youtu.be/UzGauDQceYE

素晴らしいボーカルであるが、この化粧品のCMソングで彼はオリビア・ハッセーと結婚しました。
いや当該のBARは邦楽専門では全然ない。サム&デイヴやブルース・ブラザーズ、ベット・ミドラーも入れましたよ。

久しぶりに行った三宮。休日前にも関わらず、東門あたりは閑散。
雨が降っていたこともあろうが、街は未だコロナから立ち直っていないのではないか。

神戸を再訪し、そんなことを思いました。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年11月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

最近の日記

もっと見る