mixiユーザー(id:975494)

2020年02月18日17:47

92 view

贅言

田代まさし被告息子「刑務所のプログラムでは無理」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=5977599

 なんでこの手の意見が贅言にしか聞こえないか……。
 結論から云えば、難儀なのは判るが本人以外に誰が悪くてそうなったか、という反論ができるからである。
 例えば、本人の望まない状況で、強制的に中毒患者にされた、とか云うならば兎も角、現在の日本に於いて薬物が、危険で中毒性がある事は誰もが知っているし、使用所持販売等が軽くない犯罪とされている事も知らない筈がない。
 判って使用して中毒になった挙げ句、刑務所のプログラムが機能していないから駄目なんだ……と云う他人任せで考えているウチは論外だろう。

 勿論、本人ではなく、チンピラ崩れのポン中が家族に居るという事実については同情する、それは決して(全てが)家族の責任に帰する類いのモノではない。
 だからこそ助けてくれ、というつもりでの声なのだろう。
 ぶっちゃけ、私なら薬物再犯を繰り返す家族ならば普通に見捨てると思うが、それでも親を見捨てないこの息子さんをエライとも思わない。
 薬物再犯者と、辛いと判って付き合っていく、という辛い選択をしているのはスゲーとは思うけど、それもまた強制されての事ではないだろう(社会的な強制力は存在するとは思うけどね)。

 少年漫画ではないけど、全てを救うか、親を見捨てて自分だけでも助かるか……一番いいのは、全てを救うだけど、そんな都合のイイ代物はそうそうない。
 それでもヤルならばやればいい、ただ支援は難しいと思う。
 生来の難病のような運命の理不尽であれば、多少の採算を度外視しても国が国民を救うのは当然であるにせよ、薬物依存はそうぢゃないからナァ……ポン中なんか、ぶっちゃけ反社会勢力の末端分子だからネェ、それに税金をつぎ込みますってのは、私だって反対するよ(ぶっちゃけ再犯する薬物中毒者を可哀想と思えるモノなのか??)。
 そうならないための広報啓発に税金を注ぐのならば賛成するけどね。

 それから、薬物犯罪は確かに再犯率が高いが、それでも再犯をしていない人も居るだろうが、そういった人達が刑務所のプログラムの御陰で再犯していないワケぢゃあないだろうし、不可能を求めているとは思わないがね(結局は、周辺を含めた本人の問題ぢゃあないのかね??)。
 正直に言えば、芸能人として名もあって一緒に仕事をしてくれる人も居て、それらの人達が明らかに手を差し伸べてくれている状況で再犯を繰り返している時点で、治療とかの話しにゃあならないと思う……とはきっと繰り返し云われてきた事なのだろうけどね。
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月19日 07:43
    >ボンファさん
     丁寧な返答ありがとうございます。
     それでは私見となりますが返答を入れていきたいと思います。

    >関心がないから
     これは事実だと思います、根本的な部分で自分と薬物犯罪には接点が無いと信じています。
     なので私も私の周囲の人も含めて、依存症を伴わないと喧伝していようと、胡散臭い薬物に頼ったり使用しようとしている人を見たことがありません。
     勿論、体調を崩して薬局、或いはドラッグストアに行って、中毒が無いと称して栄養剤として正規販売されていというのならば、また別の話になるのでしょうが……幸いにもそのような事はないように受け止めています。
     なので、そういったのも含めて何でそんなモノに手を出すのだろうか……という疑問を拭えないのが根本にあるので、どこまで行っても私個人の考えを含めて、世間一般においてまず第一に「本人の問題に収斂する」という結果になるのでしょう。

    >犯罪抑止について
     考え方について正しいと思います。
     ただ、私のように「一般的な薬物に対する広報」のみで薬物から距離をとれるタイプの人間と、そういったモノに対して「自ら距離を詰められる人間」が居るということでしょうか。
     前者からすればこれ以上は必要ない、利用するのが悪い、と考える。
     後者からすれば、広報なんか知らん、利用できる環境が悪い、となるのでしょう。
     前者の側が、後者の側の存在を認識するのが、問題認識の第一歩なのでしょうが、ハードルは高いですね。

    >薬物に対する不理解
     云うまでもありません、積極的でも消極的でも、踏み込んで理解していないですね。
     ただ、私個人としては、刑罰を更正のツールとは、それほど思っていません。
     大体、刑事罰で薬物依存や犯罪依存の原因が除去されると考える方がどうかしています。
     だから”ここ”が足りないと云われても、違和感しかないのです。

    >結論として
     ただこれだけの文章を頂きながら、それでも我が身として受け止められないのですね。
     飽くまで、自分達とは別の世界の出来事なのだと思うのです。
     多くの場合、薬に手を出すのは、一部のロクデナシだと思っているし、社会問題と云ったところで、芸能人が捕まった時にしか関心も報道もされない(ように見える)以上はどこまで行っても自分たちの世界には関係のない話しであって、どこまで行っても無関心ということになります。

     身近で泥棒が入ったと聞けば戸締まりを気をつけようと思うものの、身近で薬物やって捕まったと聞いたところで、あいつは昔から隠れてタバコ吸っているような不良だったな、で終わるワケですからね。

     根本的なところで、「問題が存在していると認識していないので、本気で現状の改善を望んでいるワケではない」のでしょう。

     ちなみに、私の近辺(と云えるかは判りませんが)であれば、私の兄の同期入社した人物が、仕事を辞めた数年後に覚醒剤の使用か何かで逮捕されていたという話しがありましたが(仕事から逃げたのがクスリに逃げた、と考えるワケですね)……これくらいでは問題の認識は難しいでしょう。

     ただそういう姿勢でいた場合、薬物問題が私の身近に迫ってくるぞ、というのであれば考えを改めるべきでしょう。
     そしてそうならないためには何が必要か?
     それが薬物依存者への取り組みになるのでしょうが、ぶっちゃけ、そういった取り組みが完璧に行われたとして、依存者は本当に減少するンですかね??
     やるやつは何をしてもやる、そういうヤツはドーにもならないから見捨ててしまえ、と私は考えているワケですから。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する