mixiユーザー(id:9739882)

2021年04月12日08:22

24 view

山手線で絶対に停車ミスが起こらない方法。

山手線は一周が34.5Kmあります。
この山手線の線路上に、ぎっしりと、すきまなく電車を並べます。
電車1両の長さが約19mとすると、1815両が必要となります。
この1815両をすべて連結し、時速3Km位でゆっくりと運行します。けっして駅には停車させません。
利用者が乗車するときには、駅のホームから電車に飛び乗ることとなりますが、
電車は、動く歩道と同じレベルの時速3Kmという運行速度ですから、なんとか乗れることでしょう。
で、もう面倒くさいから、電車止めちまえとなったら、
乗客が、山手線の上にぎっしりと連結されて止まっている電車車輌内を歩いて隣の駅まで移動することとなる。

あっ、電車車輌いらないや。山手線を全部動く歩道にしてしまえばよい。
しかしこの場合、乗車券?はどうなるのだろうか。
無料にしてほしいですね。

■「有休取れるか考えて…」 JR鹿児島線で停車駅を通過
(朝日新聞デジタル - 04月11日 20:57)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6480137
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月12日 08:26
    第二中里踏切が開かずの踏切化するという問題がありますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する