ホーム > mixiユーザー(id:9739882) > mixiユーザーの日記一覧 > まずは安全性の高いACE阻害薬(カプトプリル、エナラプリル、イミダプリル)を投与し、少しでも重篤化のきざしがあればアビガンを早く全患者様に処方です。

mixiユーザー(id:9739882)

2020年02月27日23:28

69 view

まずは安全性の高いACE阻害薬(カプトプリル、エナラプリル、イミダプリル)を投与し、少しでも重篤化のきざしがあればアビガンを早く全患者様に処方です。

国のアビガンの備蓄量は200万人分あるので、今すぐに全医療機関で無償で処方すべきです。なお、アビガンの副作用は催奇形性ですから、妊娠可能性のあるかたには禁忌です。また、男性においても精子の遺伝子に影響しますので服薬中は性交禁忌です。これによって我が国のパンデミックは防げます。しかしながら、小児へのアビガン投与における副作用の危険性はまだ不明ですが、一般論的には小児こそ細胞内核分裂が成人よりも活発ですから、当然に副作用発症の危険性は高いと予想されます。小児患者様へのアビガン投与には危険性があると思われます。ここが大問題です。

全国の小中高校に休校要請へ
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5989036
4 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月27日 23:35
    死ぬか生きるかの選択の時には使ってもよいのかもしれませんね。失礼しました

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する