mixiユーザー(id:9739882)

2019年07月05日11:40

115 view

マングースvsコブラ。

かっての名車デ・トマソ・バンテーラの、バンテーラとはパンサー(豹)のイタリア語なのですが、
さて、そのバンテーラの前にデ・トマソ社が開発発売していたのが、デ・トマソ・マングスタでした。
マングスタとはマングースのイタリア語です。

なぜマングースなのか。どうやらそれはその当時のスポーツカーレースで連戦連勝していた米国のフォードコブラに勝つための名前だったからとの説があります。

すなわちマングースはコブラ(もちろん蛇です)という強敵にサーキットで戦い勝利するようにと名付けられたという訳なのですね。面白い命名です。

伝説のブランド「デ・トマソ」復活 新型スーパーカー「P72」発売決定、幻のマシン「P70」をオマージュ
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=128&from=diary&id=5692715
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月05日 12:27
    シェルビーコブラでは?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月05日 16:44
    >安倍は戦争キチガイさん
    コメントありがとうございました。はい、おっしゃるとおりシェルビーコブラですねぇ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する