ホーム > mixiユーザー(id:973140) > mixiユーザーの日記一覧 > BBTシンプルシリーズ(147)『タピオカ・クライシス』

mixiユーザー(id:973140)

2019年07月19日01:23

96 view

BBTシンプルシリーズ(147)『タピオカ・クライシス』

 その……思いついちゃって……。自分でやっててかなり強く「BBTっていうよりアルシャードガイアでしょ」「マスタータピオカならダブルクロスでしょ」と思いましたがだってBBTでやりたかったんだもんッ!!!!

■今回予告

 タピオカ(tapioca)

 元はでんぷんの製造法を意味し、
 現在は食品に限らず広く用いられるこのもっちりした食材は、
 この国で空前のムーヴメントとなっていた。

 無論、魔都・池袋もその例外ではなかったが――
 この街での異常な熱狂の裏には、魔の影がちらついていた。

 頻発する急性タピオカ中毒、
 利権に取りつかれた魔獣ヤクザ、
 そして聳え立つ池袋タピオカ・ジッグラト――

 夜の世界のホット・スポットに巻き起こった狂乱は、
 全てが仕組まれたガイアの暗躍。
 
 今、世界三大芋類の一角が、世界に対し牙をむく

 ビーストバインド トリニティ
 『タピオカ・クライシス』

 心焦がすは魔の渇望、心つなぐは人の絆。

※本シナリオはフィクションです。登場する人物・団体・タピオカはすべて架空のものです。


■レギュレーション
PL人数:1〜3人。PLが2人の場合、サポート能力を持ったNPCが登場しPCを補佐する。
経験点上限:特に無し
使用データ:公式に発表されているものに限り、使用できるデータに制限はない。サバイバーも可。
大罪:『アドヴェント』および当該データの掲載されたサプリメントを所持しているPLに限り、使用を許可する。
 大罪はデータだけの要素ではないため、必ず設定をGMに説明した上で許可を取ること。


■シナリオハンドアウト

●PC 池袋の半魔。
▼絆:ココ  関係:庇護
・コンストラクション:指定なし
・推奨カヴァー:指定なし
 今、池袋は空前のタピオカブームに沸いていた。
 流行を楽しむ域を超え、熱狂と言っていい様相を呈している、どこか不安定な街。
 キミはそこで、黒服の一団に追われる少女・ココと出会った。
 正義感からか、気紛れからか。ともかくココを助けたキミに、彼女は告げる。
 この街に蔓延するタピオカは危険だ――それは世界を滅ぼすものなのだ、と。
【SA:世界を救う】


●PC◆魔獣イルサンの敵対者
▼絆:イルサン・ハザード  関係:敵対
・コンストラクション:指定なし
・推奨カヴァー:指定なし
 イルサン・ハザードは正体不明の魔獣である。
 キミは彼と因縁があり、彼が画策する生贄の儀式などの邪悪な行いを止めてきた。
 その彼が、池袋に現れたという情報が齎された。
 それも、あのタピオカ・ジッグラトで目撃されたという。
 嫌な予感がする――キミは、因縁に決着をつけるべく、調査を開始した。
【SA:イルサンを倒す】


●PC:死霊課刑事
▼絆:マスタータピオカ  関係:疑念
・コンストラクション:指定なし
・推奨カヴァー:圭司
 降ってわいたタピオカ特需。
 それ事態は、単なる流行と経済活動の結果で、何ら邪悪なものではなかったが、ここ池袋にタピオカ・ジッグラトなるタピオカ専門テーマパークが建造されるに当たって、街は異様な熱気を見せていた。
 池袋でしか手に入らないタピオカを求め世界各国から集う人々。張り出される「36時間待ち」の看板。一時の流行というには気合が入り過ぎている。
 魔獣の気配を感じ取った死霊課は、タピオカ・ジッグラト社長、公称マスタータピオカ(本名非公開)への事情聴取を試みることにした。
【SA:事態を解決する】
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年07月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031