ホーム > mixiユーザー(id:970668) > mixiユーザーの日記一覧 > 人生を変えてしまうような映画、追記。

mixiユーザー(id:970668)

2019年02月08日22:48

99 view

人生を変えてしまうような映画、追記。


本を読む、ということに偏ることを「ブッキッシュ」というのだが、


僕は昔から、大体においてブッキッシュな人間で、


中学生の頃にテレビが大嫌いになり、それ以来まったく・・・・に近いほどテレビは見ていないのだが、


それの延長線上で、映画にも、あまり興味は なかった。


ところがところが、高校で一緒にバンドを組んだことがきっかけで友達になった


佐治という人が、大の映画好きで、


彼に連れられて僕は、いろいろ、沢山の映画を観た。


昨日書いた「ブルースブラザーズ」も、一番初めは 佐治と、彼の部屋で、ヴィデオで観たのだったと思う。


って言うか「観てないんなら、観ろ!すごいねん!」と、言われた気がする。



その後・・・・「ストレンジャーザンパラダイス」も、「地獄の黙示録」も、「スターウォーズ・エピソード1」も、

「フルメタルジャケット」も、「ディアハンター」も、「ホテルニューハンプシャー」も、

佐治と二人で(映画公開時に)映画館で観た。

もっといっぱい行ってるのだが、映画のタイトルを思い出せない。


二人で、大阪の部屋でヴィデオで観た映画はもっともっとたくさんある。


佐治は大阪芸大の映画学科に入学したのだが、


彼の進級製作の16ミリ短編映画は何と、僕が主役に抜擢された。監督が佐治だ。


どこかにその16ミリ映画のヴィデオが残っているはず(フィルムは多分もう、ない)。




映画に興味なかったはずの僕が、色々な、素晴らしい映画を観まくって、しまいには


16ミリとはいえ、映画に出演するところまで「彼」に、引っ張られてしまった。



今思い返してみても本当に・・・・・・・・・・・・心から楽しかった。


「彼」には今でも、感謝している。





そういう、「彼」との、”映画をめぐる旅”・・・・・も、


もとは、と言えば「ブルースブラザーズ」から始まっているのだ。


すごいなあ。



そういえば、ランブルフィッシュの前身バンド、「ネクスカ」の初期に、



「エヴリバディ・ニーズ・サムバディ」のブルースブラザーズヴァージョンを


演ったのを覚えている。


すごーく奇妙なコード進行だったんだぜ。



メイン・ヴォーカルが岩佐と、佐治だった。



今思うと、それってすごい・・・・・・・・・。







写真は、「耳タコ」になるくらい聴きまくった、


映画「ブルースブラザーズ」のサントラ。
2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年02月09日 09:51
    ホントそれって凄い事だと思います\(^_^)/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年02月10日 15:21
    ありがとう。二人ともすでに、この世にいない・・・のが悲しい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年02月11日 14:21
    同じ気持ちです
    好きなアーティストが亡くなる度に哀しい
    ルーリードとかグレンフライとかチャックベリーとか冨士夫さんは特に哀しかった
    外国人に人違いで殺された様なものだから

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する