ホーム > mixiユーザー(id:9646444) > mixiユーザーの日記一覧 > 蒼穹のファフナーexodus 22話 海外の反応

mixiユーザー(id:9646444)

2015年12月16日23:57

9522 view

蒼穹のファフナーexodus 22話 海外の反応

22話「憎しみの記憶」

ボレアリオス援軍到着。  操「服をちょーだい」
真矢が新国連に勧誘され、生着替え。  ヘスター「さすが冷静ね」
ジョナミツ憎しみ金ピカの回でした。  ミツヒロ「心が消える…」


蒼穹のファフナー22話  reddit ディスカッションスレッドより


以下、適当な翻訳。





新しいフェストゥムを見て嬉しく思うことがあるなんて考えもしなかった。
皆殺しにしてやれ。
新国連のやつら真矢を連れて行ったけど、連中が死にそうなんで嬉しい。
クソ底辺の新国連は全員抹殺な。
プロメテウスの少年がいうには、あいつら前にも他の島を破壊してるみたいだし、同情なんかかけらもないね。
マジ死ねや。



「皆殺しにしてやれ」は自分が戦闘中にずっと呟いていたことだったよ。
レゾンを作ったことで新国連が墓穴を掘っているのが見れてほくそ笑む。
全員ミールとチャネリングしてるミツヒロにファックされてしまえ。



新国連BBAのカルマが巡ってきたな。
ところでアトランティスは第三アルヴィス、竜宮島は第一アルヴィスとしてイドゥンがいた島は何だったの?



アルヴィス計画は間接的に1期からの全ての悪いことの要因になっているみたいだ。



ありがとう!1期みてないのでこのシリーズにおける「ミール」について教えてくれないか?



かいつまんで言うとだな。
過去発見された瀬戸内海の地下のクレーターで発見されたミール(瀬戸内海ミール)は3分割されて、別々の組織に管理された。
時は過ぎて三十年後、突如北極にミールが現れ全ての衛星を破壊した。
その後瀬戸内海ミールは生と死をきちんと理解していないために日本人を不妊にする。
更に北極ミールを破壊する蒼穹作戦後、その破片がアザゼル型となってエグゾダスの物語につながっている。



たぶん、アショーカは北極ミールポラリスの破片だよね?
あとイドゥンの島のミールになにが起きたの?
いままで北極ミールは第二アルヴィスと同じものだと思ってたよ。
(島民がイドゥンに殺されたあとに移動したのかと思ってた)




アショーカは北極ミールの一部だよ。
イドゥンの島に何があったかは、よくわかんないや。
漠然と、フェンリルで島を破壊できたと思っていたんだけど…。



竜宮島の島民が人類救済が目的なのは皮肉だな。



アバンのところスゲェ!
RPGの戦略ゲームみたいだった。これ以上の開幕ってあるか?
そしてエンディング…新国連は××されてろ。



一騎はアザゼル型を同化して、一方エウロス型がカムバックした。
そのエピソードはまだよく理解できてないけど、吃驚したよ!
ダスティンとチームメイトを使って何をしようとしてるか、ヘスターのしていることの思惑についてはさっぱり分からない。
ああ、それに彼女は予想通りジョナサンでモンスターを作っていたな。(彼はやはり人形だった)
さらに彼はマークレゾンを乗っ取った。
俺達はこれ以上憎しみを理解したフェストゥムは要らないんだが…それがファフナーのラストにとっては必要なものであることは理解してるんだな。
それと、クランチロールの翻訳はゴミだな。取り替えたほがいい。



何かミスがあった??



この回で?
広登のことを常に「彼女(Her)」で翻訳してたよ。前の回でもね。
たとえば暉が女の子からもらったお守りについて話しているときとかも。



このエピソードはマジでタイムマシンを俺に要求させる気だな。
先週はジョークでそういってたんだけど、今週こそは本気だ。
ジョナサンは糞新国連中の抹殺フェストゥムモードに突入。
真矢もすぐに次のザルヴァートルモデルに脳を利用されてしまうのだろうな。
真矢はまた他の人間のために涙を流す前に、ここから立ち去るべきだ。
うわータイムマシンが欲しい…。
ああ、どうか待ってくれ、美羽を食べたい腹ペコフェストゥムよ。
彼女は俺達の救いなんだ。



新しいサズヴァートルモデルは新国連の新たな災厄の種のような気がする。
つまり、彼らはザインを作ってパイロットとして一騎を据え置いては彼を逃がしてしまい、ニヒトを作ってはそもそもの研修施設を消滅させている。
第三のモデルでさえまたまた喪失するつもりか?実に懲りない連中だ。
同じことを繰り返し、別の結末を期待するのは馬鹿げている。
言及されていないが軌道上のミールフェストムを利用するプロの人間のスタンスは偽善なだけではない…しかし、愚かだと思う。



そんな君に雑誌「サイエンス」を進呈しよう。
やれやれ、思うんだが国連の研究機関は実のところ、この物語の隠された良識者達だよ。
彼らは婆の計画の裏をかくために動いているんだ。
真矢に新しい部屋を用意した軍人とかな。



そう、この作品は本質的に骨子をみれば1期をなぞっているんだよ。



甲洋が復活したところを見ると、新しいザルヴァートルは彼が使用するみたいだ。
真矢の演技は素晴らしく見ごたえがあった。
そしてアザゼ型を同化した一騎は鬼気迫っていたな。








手が回らないので22話はいったんここまで。
ちょっと前からコメント数が増えてきて、翻訳が追いつかないので途中できります。
時間ができたら追記してきたいですね。

人類軍側へのヘイトコメントが多くて読んでて気が沈みます。
ファフナーには悪役はいても悪人はいないと捉えているので。

次23話。
最終回までに追いつきたいです!



1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!