mixiユーザー(id:9551440)

2020年06月04日13:52

16 view

%#%&$ゆ

米国人を驚かせ、感動させた写真がある。ここ数十年で最も広範囲に及ぶ、国を揺るがす抗議デモの参加者とともに警察官がひざまずいた場面を捉えたものだ。そうすることで、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が非難した、人種差別に対する抗議のポーズを受け入れたのだ。  警察官が非武装の黒人男性、ジョージ・フロイド(George Floyd)さんを過剰な力の行使によって死亡させた事件をきっかけに、全米で抗議活動が激化している。トランプ氏が暴力的に発展することもあるデモの取り締まりを強化する中、ニューヨークやロサンゼルス、ヒューストン(Houston)などの警察官が、激怒するデモ参加者らに連帯を示している。 「私はヘルメットを外し、警棒を下ろした。どこまで歩こう? 一晩中歩くつもりだ」。米ミシガン州フリント(Flint)のクリス・スワンソン(Chris Swanson)保安官は5月30日、デモ隊に向かってそう呼びかけた。  スワンソン氏はデモ隊と歩き始めた。デモに参加していた人たちを励まし、若い黒人男性とセルフィー(自撮り写真)を撮り、親指を立てるポーズすらした。  アイオワ州デモイン(Des Moines)では、ダナ・ウィンガート(Dana Wingert)警察署長がデモ隊の前で他の警察官らとともに膝をつき、このように説明した。「象徴的な方法でデモに参加する、せめてそれくらいはさせてほしい」(引用
フォト


6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する