mixiユーザー(id:9417007)

2019年12月17日11:01

99 view

時代とともに変わるクリスマスの過ごし方

この曲が発売された頃、今は見かけないシングル版CDで購入。

当時の若者は、クリスマスは恋人同士で過ごすことが、大きなイベントだった。

雪が深々と降り積もるクリスマスイブの夜。告白することができなかったり、告白するも断られたりで、恋が実らなかった若者たちは、しんみりとこの曲を聴いたものだ。

大学生にクリスマスの予定を聞いても、多くがバイトか家族と過ごすようだ。ハロウィーンの仮装には、あれだけ気合いを入れるのにね。

それでも、この曲が流れる頃、毎年のように、あの頃の切ない気持ちがよみがえる。違うのは、隣にいつもいる人がいることだろう。


山下達郎「クリスマス・イブ」が34年連続TOP100入り 歴代1位記録を今年も更新【オリコンランキング】
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=5904556
2 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月17日 11:50
    へえ〜今時のクリスマスは恋人とは過ごさないのですか?クリスマスマスディナーなんて流行らないのでしょうかね?でも相変わらずデパートではカップルが貴金属売り場を賑わせて、ティフアニーのお店も忙しそうです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する