mixiユーザー(id:940287)

2020年07月06日17:57

38 view

第1回月亭遊方一門会〜遊び心わするべからず〜

先週、再開された繁昌亭の夜席に行ってきました。
座席は1つおきになっており、空いている席には噺家の写真も。
希望者は自身の写真を2千円で1か月間、置けるそうです。

最初に遊方さんによるご挨拶。
弟子の話を次々と。
辞めた1番弟子にもふれ、師匠である八方さんも1番弟子にもっとも良い名前を付けたのに辞めたという話を。

希遊さんは「金明竹」をきっちりと。
遊方さんがご挨拶で落語をよく練習すると言っていたとおり、口上も気持ちよく。
マクラは「遊方一門会に出ることが子供のころからの夢でした」という、遊方さんの弟子らしい始まりでした。

遊真さんの「がまの油」も、遊方さんが声がいいと言ったとおり、口上がしっかりしていました。
がまの油売りの酔っていく様が遊方さんらしい所作に。
師匠と弟子の練習風景を思い浮かべるのも面白いです。

太遊さんは自作の「ろしあのかいだん」。
怪談と言いつつ、怪談より怖いシチュエーションを淡々と話すボケとツッコミが太遊さんらしい。
太遊さんの自在な所作は、もっとも遊方さんに近いと思います。

仲入りを挟んでの座談会では3人の弟子が遊方さんを語りつくす。
それぞれの修業時代の話などで爆笑でした。
弟子が全員集まったのが今までで数えるほどしかないというのは現代的だと思いました。


遊方さんも自作の「パンチ!パンチ!パンチ!」で、どっかんどっかん受けていました。
何回聞いても面白い!
マクラではせっかくの一門会なので古典を演ろうかとも思ったが、思いっきりアホな噺をしたいと言われたので、てっきり「あほーりーらぶ」かと思いました。

第2回も期待です。


--

令和2年7月2日(木)
第1回月亭遊方一門会〜遊び心わするべからず〜@天満天神繁昌亭

演目:
1.月亭遊方(ご挨拶)
2.月亭希遊「金明竹」
3.月亭遊真「がまの油」
4.月亭太遊「ろしあのかいだん(太遊作)」
仲入
5.座談会(希遊・遊真・太遊)
6.月亭遊方「パンチ!パンチ!パンチ!(遊方作)」

--
落語のあとは西天満の蒼い月人へ。

4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する