mixiユーザー(id:9389954)

2020年06月06日23:44

17 view

要は、衰えたから番組を辞めるということらしいが。

「久米宏 ラジオなんですけど」6月いっぱいで終了
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=8&from=diary&id=6109887
TBSラジオの「久米宏 ラジオなんですけど」(土曜13時00分から)が、この6月いっぱいで放送を終了する、ですか。平成18年、当時その代名詞的存在だったテレ朝のニュース番組「ニュースステーション」を降板、終了(現在の「報道ステーション」に移行)させて以来暫くの間マスメディアへの露出を控えていた久米宏が久しぶりにレギュラー番組を持つこととなり、10月から古巣であるTBSでラジオパーソナリティとして番組をスタート、22年ぶりのラジオのレギュラー番組として放送を開始したのが始まりで、「ザ・ベストテン」、「ニュースステーション」とテレビ番組のMCとして知られていた久米宏が、当時そのイメージとは程遠いと見られていた一方、そのキャリアとしては本来のホームグラウンドとも言うべきラジオに戻って来たということで、「久米宏 ラジオなんですけど」と銘打った番組で、当時それなりに注目を集めた存在だったと記憶します。
私としては、テレ朝もTBSも一部を除いて見るのも聞くのも止めていた後であり、その言動などが散々批判されていた久米宏に対して新たな関心が沸かなくなっていた(TBSの局アナ時代のラジオ番組の軽妙洒脱でいたずらっ子的な喋りを知っていたが)ので番組を聞くことはありませんでしたが、ラジオに戻るというのも久米宏らしいなと思っていたので、納まるべきところに納まったとも言えるかなと思っていた感じでしたね。
番組は約14年弱続いたようですが、今年の1月、TBSラジオと久米宏の所属事務所との間で6月いっぱいでの打ち切りを決めていて、曰く、「ちょっと重要なお知らせがございまして。本当はもっと早く言うべきだったのですが、ちょっと機を失してしまいまして。6月に入って、こんな話を申し上げるのもなんですが」と切り出し、「この『久米宏 ラジオなんですけど』が始まったのが、2006年の秋だったんですね。僕もこの仕事50年以上やっていますから、いろんな番組に関わったんです。ほとんどすべての番組は終わっています。1本だけ終わってないのがあるんですよ。それがこれです」と語ったとか。さらに、「実は、大変申し訳ないんですが、この番組が今月いっぱいで終了することになりました。本来なら、もっと早くお知らせするべきだったなと思っていたんですけど、これが決まったのが今年の年明け早々なんです。1月の上旬ぐらいに、TBSラジオと僕が所属している事務所との話し合いで決まって、6月いっぱいで打ち切りって決まっていて、早めにお話するべきだったなと思っていたのですが、コロナ騒動になってきちゃって、ほとんどの人、今の情勢だとコロナかと思いますよね。ずっと言おうと思ってきたんですけど、どうも言いそびれてしまいまして、ついに6月…。本当に申し訳ないんですけど」と語ったとか。テキスト化された文面を見ると、いかにもこの人らしい言葉の選び方を感じ取れますが、COVID-19こと新型コロナウイルス蔓延の社会情勢のもとでラジオリスナーが急増するこのところの状況のもと、「なんでそういう時にって。そんな時にやめることないんじゃないかっていうのは重々承知しておりますが」、辞める理由を「複数ある」とし、「ここのところ、タイムフリーで聴いたりするんですけど、ここ数年、自分でもあれっていうような言い間違いが多い。やっぱりね、例えば自分で赤って言ったつもりでも、黒って言っているんですよ。ケアレスミスが5年ですかね。集中力とか根気とかが衰えてきているなと。理由を挙げるとすごいですよ。100くらいあります。それ以外にね…前から言っているんですけど、番組をやめる時って、下り坂になってからやめるのはよくないっていうのが持論なんですね。割と調子のいい時にやめるのが、出演者・スタッフもそうなんですけど、リスナーにとってもいい思い出が残る。それと後に続く番組のために…」と続けたのだとか。
「セミ・リタイア」宣言をして多くのテレビレギュラー番組を降板したかつての大橋巨泉(「セミ・リタイア」後、こともあろうに参議院選挙に立候補したのが思い出されるが)に影響されたのかはさておき、「割と調子のいい時」に辞めるのがリスナーや後を引き継ぐ番組やそのMCのためにと言ってはいますが、やはり、昭和19年生まれで既に75歳になっている久米宏にとってはradikoのタイムフリーでの再生によって、身に迫って来る自身の"老い"という現実に抗えることはできないと覚ったのでしょう。
同年齢で、ともにラジオ出身でテレビ番組での活躍を続けたみのもんたも「秘密のケンミンSHOW」を降板しましたし、年齢による衰えというのが、その最大の理由なのでしょうかね。同じ時期にTBSラジオを支えた小島一慶の訃報もあり、"時代の終わり"ということなんでしょうかね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年06月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930