mixiユーザー(id:9315457)

2021年07月04日21:04

11 view

†楽しみのひとつ†

幾度が行ったことがある四天王寺、聖徳太子が建てた時代より何倍も大きく大坂の陣や戦争に巻き込まれ、災害にもあい、建て直されてきたようです。聖徳太子が建てた寺院のひとつであることが不思議なくらい和風じゃない四天王寺。
ちっともイメージと合わない?
寺院とは人々を助けたいということで成り立ち、今もそれらは変わりないようです。

中国仏教とは、太子の御父さんである用明天皇の代から取り入れた中国の思想で新しい時代への布石でした。そのため、美術や芸術、生活に役立つ文化を取り入れました。ちなみに飛鳥時代の創建のお寺です、お堂の中をお坊さんと一緒に歩いたことがあります。釈迦の物語が壁一面に描かれていまして、そこを1周してお経を聴いてきました。
偶然だったようですが、その時間を目当ての人々もいるようです。色々、整理整頓をしていたら、パンフレットは出てきても写真が無いのかあるのか?いくら探しても他の写真ばかり見つかり、気が散ってなかなか見つけることが出来なかった。(聖徳太子 この時代で古文書や日本書紀等、部下を使い太子が中心となり編纂、憲法十七条を作る。しかし木版がある時代はもっとあとのことでちょっと難しいかもと思いました。古代仏教美術、金工美術は儒教思想に基づくものも多く星信仰やのちにモノ、オニなど、影の暗躍から忍者集団を作ったともいわれている。)










0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する