mixiユーザー(id:9315457)

2021年02月14日10:55

8 view

†西洋魔物図鑑まとめ†

旧約聖書に登場する「レビィアタン」神が天地創造の5日目に造り出した巨大な海の怪物で、大蛇や竜のような姿で描かれる。紀元前からギリシャの方では目撃され、生きている生き物として語られる。物語にあるように人を襲い、畏れられている。似たような竜と呼ばれる{クラーケン} 大西洋で猛威を振るう巨大な竜 kraken
イカが修行して巨大竜になったともいわれている。

{レビヤタン} ヤハウェと海上の覇権を争ってインド洋に沈められる 創世記戦争
いまもインド洋の海底に眠る、レビヤタンの攻撃はアデン湾に出没、紅海を北に向かい、シナイ半島からそのまま地中海に抜け、アラビア半島とアフリカ大陸の分断が目的、ベストは死海を河川化、シナイ半島のデルタ島化、エチオピアの闘将ミカエルに奇襲攻撃され結局インド洋まで追い詰められ、東経63度北緯7度あたりで撃沈(英表記Leviathanリヴァイアサン
という古い海竜)

{ミラージュドラゴン}地平線や水平線に現れる。 蜃気楼を作る謎の竜
妖精界の門番的存在

俗かいのものを迷わせて追い返すことを職能

{ベヒモス}  ルシファーの第6副官
旧約聖書では「かば」と訳されている
レビヤタンの弟分にあたる海獣系 
ルシファー海軍を率いてペルシャ湾で暴れまわりミカエル軍の補給線を分断し多数の敵艦を海の藻屑としている 

本を読んでびっくり、レビヤタンは鰐の姿をして目を赤く光らせ口から火を吹き海底から地上へ出てくる黙示録にも登場する悪魔と聞きましたが、魔物や怪物レベルのよう。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する