mixiユーザー(id:9315457)

2020年11月14日10:43

16 view

†感想†

東京都美術館へ行ってみたら、開催されなかった展覧会のグッズがありました。ネットで買いのがし、たまたま美術館で買うことが出来てよかったです。
世界を統一したり支配した人間とそのコレクションです。とはいえ肖像画やアクセサリー、刀など実際見ないと面白くないですね、また機会があるとは思わないので買いました。 神様として祀られている吉備真備、超人どころか二人いるのではと言われているほど。鬼と化した阿倍仲麻呂とのエピソードも熱い。吉備真備(695~775)学者、官僚、遣唐使、17年間という長い渡唐期間を経て日本へ書物や楽器、文物を持ち込み留学経験を生かし地方出身者ながら政権の中枢を担う。二度の渡唐も成功させ死後、神格化されます。当時から絵巻や巻物は政治の道具として利用されていましたが、中国と日本の外交に問題があると語る絵巻。吉備真備が幽閉されるシーンがあり、現実のことでなくても、神格化された理由は生前の働きや外交の内容にありそうですが、絵巻がまことの歴史の場合も。これに対抗絵巻があり、コレクションしていたお公家もいたようで、パトロンの影響もあったか?*怨霊といわれる尊祟神には菅原道真、崇徳天皇等、人が神格化されていることもありますが、とても人気が高い。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する