mixiユーザー(id:9315457)

2020年08月19日20:33

10 view

†まとめ†

「メーソン」とは石工のことでフリーメーソンの基礎を築いたのは14世紀の熱心なカトリック教徒の職人。
起源はエルサレム神殿を建造した石工達。
ソロモン王によって建設されたこの建物は後々の石工たちやその後のフリーメーソンの思想の理想となる。
石工の使う道具を作ることから起源になっていて石を切り出すことにより自然と芸術性を融合させた。神様の住む場所を作ることが出来たことから、この道具を紋章や墓石に残した。石工や石切職人は、キリスト教世界の建設に携わるその巧みな技術により大聖堂建設の主役になることができた。近代メーソンは彼らと同じ道具を掲げることにより理由として石工を祖としている主張。
テンプル騎士団は十字軍の時代にはじまり教皇に遣えてきた。騎士団は石工の仕事をしていて、流民や移民の同種同業と混在した歴史がある。(12〜13世紀頃はメーソンは集団として名前がなく多くの騎士団も同職をしていて、城や館、神殿、教会を建設。その為、後に、騎士団起源説にもなり騎士修道会との関係を重要視。)
11世紀になると大聖堂の聳える西欧諸国に大工、石工、ステンドグラス職人など職業別の団体が多く出現。フランス、スペイン、イタリア、ドイツ、イングランド、スコットランドに存在。(紀元前8世紀になると古代ローマには職人組合が存在した。)14世紀までに籠手や直角三角定規、コンパスを扱う職人的フリーメーソンが表れるが、15世紀にはヨーロッパで宗教的大建造物の建設は先細り。イングランドの例をとると、14から18世紀までの石工の生活や規律、技術などの写本や資料が150冊残り、中には有名な写本が今も残る。建設現場から集会所へ 長い建築作業のなか信仰心が必要な為という。王の神殿や城、聖堂を作るにあたり堅固な建築学と幾何学の知識に支えられた厳格さと規律が必要。国王や君主自身が施主としての立場があったことから建築術をロイヤル.アートとも呼ぶ。

石切職人や建築に携わるメーソンたちは国王や教皇から高い評価を受け特権も与えられた。しかし騎士団とメーソンは異なり、立場も違うことから集団としての弾圧もあったようで自分達の信仰を貫く集団も。 このようなことから石工は実践的メーソン。近代メーソンは思弁的フリーメーソンという。歴史や伝統は現代のフリーメーソンに残るという。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する