mixiユーザー(id:920379)

2018年03月28日00:06

94 view

近所の整形外科医院へ行ってきた

開院のチラシを見て内覧会に行ったのが1月21日。すぐは混むから落ち着いた頃にきなさいと院長さんにいわれたまま行ってなかった。暖かくなったしそろそろ行かなきゃと思ってたら、昨日相方が同じマンションに住む女性と道で会って話をした。アメリカ製のキャリーカートを押した彼女は、わたしが家にいることが多いと知って「早く医者にいって診てもらい、道を歩くようにしなさい。歩かないと歩けなくなる」とおどかすように忠告してくれた。彼女のほうは大きな怪我をしたあとで、とにかく歩くことを回復の第一にしているそうだ。

わたしは去年の初冬からのわけがわからんかった脊柱管狭窄症の正体がわかり、ストレッチで回復にむかっているところだ。今度は古傷の膝痛をなんとかしようと思っていた。西洋医学がいやとかいってても結局回復への道はそれしかなさそうである。院長さんは最初の日に、膝をぱっと見て水がようけ溜まっているなといい、治療は水を抜くこととヒアルロン酸やねといった。姉の整形外科通いをいやというほど見聞きしてきたので、わたしもよく知っている。結局はこれしかないのかな。「もっと悪くなったら人工関節やね、いまんとこ大丈夫やけど」なんとかそれはやめておきたい。

今日はいつごろから悪いのと聞かれて30年くらいと答えたら、辛抱強い人やなあと感心&呆れられた。観念していってるから話も早く、先生の熟練の腕でレントゲン撮影や注射がおわっていく。こんなに水が溜まっていたといわれてびっくり。そんなに膝にくっつけて歩いていたのか。水はまたすぐ溜まると友人がいってたが、もうトシだからそんなに気にせず、溜まったら抜いてもらう。
2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月28日 15:14
    ぼくも、
    歩かないと歩けなくなると、
    おどされています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年03月28日 17:48
    > mixiユーザー 
    おどされたときがチャンス、歩くように心がけよう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する