mixiユーザー(id:920379)

2018年03月16日00:02

62 view

久しぶりに聞く友の声

ヴィク・ファン・クラブ(VFC)の古い友人が今夜は一人で留守番だとメールがあったので、時間が空いていたら久しぶりに長電話でしゃべろうと提案した。
彼女が入会したころはまだメールがなくて、郵便と電話が連絡手段だった。やる気のある子が封筒をちょうだいと持って行って楷書で全員の宛名を書いてくれたことがあったのを思い出す。26年前のことだ。
そもそもわたしが会員になったのは、最初の発案者がファンクラブをつくったと各新聞社に伝えた記事を読んだから。わたしは朝日新聞家庭欄で読んで集会に行く気になった。30数人の熱い人たちが集まって決意表明のような言葉が交わされた日だった。いまだったらノートパソコンを出すところをみなさんシステム手帳をさっと出していた。髪を指でかきあげるしぐさのかっこよかったことはいまも語り草である。

なんかかんかあって、半年後にわたしが全部を引き継ぐことになったのだが、宛名シールを買いたてのマックプラスで印字したこと、最初の会報を難儀しながら作ったことをよく覚えている。ローマ字入力を正月休みに練習し、最初の原稿を書いた。それ以来欠かさずに会報を出して26年。VFCとアップルのパソコンは手をつないで歩いてきた。

そろそろYKさんから電話があるはず。あ、あった。声を聞くのは久しぶり。
なんだかだとどうでもいいようなことをおしゃべりした40分間だった。彼女は家業を引き継ぎ、母親の介護をしながら暮らしている。3人の娘さんがいて上の子は結婚し下の子は中学生である。賑やかな生活の話を聞いて大笑いして楽しい夜になった。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する