mixiユーザー(id:920379)

2018年02月04日00:06

62 view

クレイグ・ライス『スイート・ホーム殺人事件』

この本もこどものころからの愛読書。父親と次女と長男と三女のわたしが愛読していて、登場人物の、次女エープリル、弟アーティー、長女ダイナの会話を真似して「オコダカマカリキ」とみんなでやっていた。彼らの会話の「オダマリ」に「カキクケコ」をくっつけた簡単な合言葉だが、自分の言葉にくっつけてしゃべるのは面倒だった。紙に書いて読みながらしゃべったっけ。たしか小6だった。

いまここにある文庫本は1976年発行のもの。それでも42年前か〜 何十回も読んでいるからぼろぼろである。今回読んだらもう読むことはないから捨てる。20年くらい押入れで眠っていた本で新訳が出たら買うつもりだったが出なかったなあ。
クレイグ・ライスの本はけっこうあるがもういいかな。持っていても荷物だな。ヘレンたちシカゴの3人組好きだったけど。

なんと、文庫本は42年前だけど『宝石』という雑誌で読んだのはもっと古い本だった。「戦後」という時代に父親が買い込んだもので、我が家はぴかぴかのアメリカ文化を汚い古本やゾッキ本で学んだ。本の中には主人公たちが買うお菓子と家で作るお菓子があって憧れたものだ。

作家のお母さんすてき、ビル・スミス警部かっこいい。こどもたちはかしこい。
これからもう一度あちこち読んでからおさらばする。(長谷川修二 訳、小泉喜美子 解説。ハヤカワ文庫)
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月04日 01:29
    クレイグ・ライス初遭遇がこの本でしたねえ。
    どの訳本かはちょっと覚えてませんけど。
    とても楽しくてしばらくライス本を買いあさりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年02月04日 14:11
    > mixiユーザー 
    読み出したらクセになるシカゴの3人組。酒飲みで金髪で毛皮のコートが似合うヘレンは憧れでした。せめてお酒を飲める女になりたいと思ったけど、残念ながら飲めなくて。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する