mixiユーザー(id:920379)

2016年03月13日00:38

287 view

かますご食べて春がきた

晩ご飯に「かますご」が出た。春がきた。
「かますご」というのは関西の言葉で、ちりめんじゃこのサイズは「かなぎちりめん」、もう一回り大きくて釘煮にするのは「いかなご」、かなり大きくなって7センチくらいのが「かますご」という。毎年なんていうんやったかなと混乱して検索している(笑)。
かますごは買ったときには茹でてあるので、さっと焼いて二杯酢で食べる。春になると酒の肴の一品として度々登場する。安くて簡単な上に季節感があるので便利である。安いので売り場を見てまわっているとつい買ってしまう。いまはダンナが買ってきて丁寧に焼いている。

阪神大震災のときボランティアで仮設住宅を訪ねていると、この季節、行った先々で「いかなご」の釘煮を煮ている醤油の匂いがただよってきた。郷愁の念がその匂いにこめられているようだった。いまもこの季節になると思い出す。

うちは3年ほど菜食していたのでその間は魚も肉も食べていなかった。今年は菜食プラスタンパク質ということにしたので、肉と魚をぼちぼち食べている。すんごく新鮮、そしてうまい。台所がちょっと油っぽくなったけど。

今日の晩ご飯;焼酎湯割り、葉っぱのサラダ、かますごの二杯酢、イワシの蒲焼+大根の漬物、厚揚げと大根の炊いたん、ご飯、大根とわかめの味噌汁、納豆、海苔、番茶。
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年03月13日 11:24
    そうそう、今はどこを歩いてもお醤油の香りが漂っています〜。ああ春ですね。
    下町なんかは軒先で炊くお宅もあって、いい感じです。
    かますごという言い方は初めてききました。
    今年はあったかかったからもう大きくなっているのでしょうかね〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年03月13日 13:00
    > mixiユーザー 
    神戸下町の春ですね。
    自分とこだけでなく知り合いみんなに送るとか。

    かますごはあまり大きくならないうちが美味しい。
    いまが食べごろかな。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する