ホーム > mixiユーザー(id:9176443) > mixiユーザーの日記一覧 > 未来のカラス22

mixiユーザー(id:9176443)

2019年12月11日00:20

23 view

未来のカラス22

フォト



サーシャの森はさらに広がっていった。

砂と森の境目
海と森の境目
街と森の境目

サーシャの森の住人達は
ゆっくりと街へ向かわせた。

街の緊急アナウンスが鳴り響き続ける。

セシルの声だ。


わたしはセシル

チップのない人間よ


今生きている人たち

医療センターに向かって

子供たちがあなたを待っているの


子供1人1人に保護者が着くまで
わたしのアナウンスは続くわ


世界中でね


あなたたちこそが正しい人間のあり方だと
わたしは思うの

悪魔ではないの

笑って、泣いて
歌って、芸術や
美術、音楽に
心を奪われ

未完成の心のまま
手探りで生きていく
あなたたちの
味方でいたいの


さぁ
子供たちを抱きしめて
新しい名前をつけてあげて


セシルのデジタル音声は
しばらくの間止むことはなかった。



フォト




かつて人間と呼ばれた悪魔は

地球にも火星にもいなかった。


病んだり
自己否定の多い
得体の知れない不安は
文明と
進み過ぎたコミニュケーションが
原因だわかった。


いびつな地球だが
美しかった。

素っ気ない街にアートを描くものや
音楽を奏でるものまで
出てきた。


相変わらずコンピュータは作動していたが
指導者不在のAIは水を浄化し、
野菜を育て、家畜の飼育を
するだけだった。


数年すると
ウェッジが森から出てきた。

その街の変わりように驚き
世界中でこのような事が起こっている事が
嬉しかった。

これで役目はなくなった。


ウェッジは嬉しくもあり、
悲しくもあった。

かつての時代の反対に生きた男は
セシルによって
ほとんどの夢を叶えられたようなものだった。


ただ自分の病気を除いて。

フォト



soul to squeeze


I've got a bad disease
 俺は悪い病気にかかっている

Up from my brain is where I bleed.
 脳から血が吹きだすんだ

Insanity it seems
 それは精神病のようで

Is got me by my soul to squeeze.
 俺の魂を握りつぶす


Well all the love from me
 ああ、俺の残った愛

With all the dying trees I scream.
 死にかけの木のそばで俺は叫ぶ

The angels in my dreams
 夢の中の天使たちが


Have turned to demons of greed that's mean.
 欲望で悪魔どもに変わってしまった
 俺のことさ


Where I go I just don't know
 どこへ向かうのか
 マジでわからない

I got to got to gotta take it slow.
 ゆっくり進むしかないんだ

When I find my piece of mind
 心のかけらを見つけた時に

I'm gonna give you some of my good time.
 君に幸せな時間を分けてあげられるのだろう


Today love smiled on me.
 今日という日が微笑んでくれた

It took away my pain say please
 俺の痛みを取り除いてくれてこう言った

All that you had to free
 自由に生きなさい

You gotta let it be,Oh ya
 成り行きに任せればいいんだって


Where I go I just don't know
 どこへ向かうのか
 ただ分からない

I got to got to gotta take it slow.
 ゆっくり進むしかないんだ

When I find my piece of mind
 心のかけらを見つけた時に

I'm gonna give you some of my good time.
 君に幸せな時間を分けられるのだろう


Oh, so polite indeed
 あぁ、なんて親切なんだ
 
Well I got everything I need.
 俺は欲しいもの全てを手に入れたんだ

Oh make my days a breeze
 俺の日々をそよ風にして

And take away my self destruction.
 自殺をとめてくれよ


It's bitter baby,
 そいつは苦くて甘い

And it's very sweet.
 すごく甘いんだ

I'm on a rollercoaster,but I'm on my feet.
ジェットコースターみたいだ
 
Take me to the river,Let me on your shore.
俺を川岸に連れてってくれよ
 
I'll be coming back baby,
俺は戻って来くるからさ

I'll be coming back for more.
何度も何度もね

Doo doo doo doo dingle zing a dong bone
 忘れられない

Ba-di ba-da ba-zumba crunga cong gone bad
 手を出すつもりもないけど

I could not forget But I will not endeavor
Simple pleasures aren't as special

 単純な喜びではもう意味が無くて

But I won't regret it never.
 でもおれはもう絶対に後悔しない

Where I go I just don't know
 どこへ向かうのか
 本当にわからないんだ

I got to got to gotta take it slow.
 ゆっくり進むしかないんだ

When I find my piece of mind
 心のかけらを見つけた時に

I'm gonna give you some of my good time.
 君に幸せな時間を分けられるのだろう


Where I go I just don't know
 どこへ向かうのか
 わからない

I might end up somewhere in Mexico.
 俺はたぶんメキシコのどっかでくたばってるかもしれな い

When I find my piece of mind
 心のかけらを見つけた時に

I'm gonna keep you for the end of time.
 死に際まで君のためにとっておくさ




ウェッジは歌いながら

セシルの銃で

こめかみに打ち込んだ。

サーシャの森の実は、
撃ち抜く事なく
脳の真ん中で止まった。




ウェッジにとって
お役御免というよりも

自分の限界だった。


前夜

夢に出てきた悪魔が


もうお前に用はないと告げた。


存在価値が分からなくなった。


ウェッジは元々心の病だった。



最近は言葉の半分は何言ってるか
分からないくらい。

ウェッジは病み過ぎていた。



ウェッジはやがて森となった。

意志のない自然のままの森。


ウェッジには
世界のことなど
もう関係なかった。


自分と別れる事が出来た。


こんな軽い気持ちは初めてだ。


セシルと分かち合いたい。

それだけだった。



悪魔はウェッジの魂を
口に入れると

フクロウに姿を変え
森を見守り続けた。


やたらと明るい月だった。


横たわったウェッジの遺体は
誰にも見つかることはなかった。


https://music.apple.com/jp/album/soul-to-squeeze/947701030?i=947701037

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する