mixiユーザー(id:9160185)

2020年09月15日22:43

15 view

白い一日


『ある日 踏切のむこうに 君がいて
通り過ぎる汽車を待つ
遮断機が上がり 振り向いた君は
もう 大人の顔をしてるだろう』

小椋佳の歌。
作詞は小椋佳で
作曲は井上陽水
両名のアルバムに収録されています。

最初の四行は
そこからの抜粋なんですが
俺は本当にこの詞は
シティーハンターの100tで
殴られたくらいの衝撃でした。

何が凄いのか分からないんだけど
とにかく物凄い。

どうしたらこんな詞書けるんだろうか?
死ぬまでに一度は
こんなフレーズ
書いてみたいものですね。
( ´∀`)



3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する