mixiユーザー(id:91293)

2020年05月03日07:18

25 view

ラモックス

ジュヴナイルSFに分類される小説「ラモックス」。創元推理文庫、1987年版。
著者はハインライン、翻訳は大森望、挿絵があまのよしたか、という豪華さ。

ジュブナイルは「子供向け」「子供だまし」と翻訳されることもあるが、この「ラモックス」は子供も楽しめるが、大人もおおいに楽しめる小説である。いまや古典SFなのでいろいろ古く感じる部分はあるが、これほど「いつ読んでも楽しい小説」は多くない。

ネタバレ注意、ではあるが、ここで書くことを知っていても存分に楽しめる作品だぞ。
ごく簡単に言うと「先祖代々ペットとして宇宙怪獣を飼っていたら、本星からお迎えが来てしまった」お話だ。
子供向けだけではない、と書いたのはここに宙務省というお役所がからんでくるからだ。宇宙外交の舞台でのドタバタだけでなく、長官と次官のやりとりなど、大人になってからのほうがはるかに楽しめる。
翻訳もすばらしいが、ところどころにある挿絵がまたすばらしい。

ハード(ハードウェアということではない)な作品も多くあるハインラインだが、これはほぼ全編楽しく読める。

しばらくたったらまた読もう。

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31