mixiユーザー(id:91293)

2016年06月04日11:02

305 view

読んでみた。

勝手ながら、写真から書き起こししてみた。

Mr. Kenji Shiga
Director
Hiroshima Peace Memorial Musiam
1-2 Nakashima-cho,Naka-Ku
Hiroshima, Japan
730-0811

Dear Me.Shiga.

Thank you for hosting us at the Hiroshima Peace Memorial
Museum during the G7 Foreign Ministers' meeting. As I noted in the
guestbook, visiting the memorial and remembering the stark realities
of war affirm the importance of our work toward peace in a world free
from the threat of nuclear weapons.

The partnership between our two countries is a testament to the
power of the deeply rooted values and interest that we share today.
Thank you also for Spirit of Hiroshima book, a reminder of the
powerful experience I had at the museum.

Sincerely,
John F.Kerry

ケリー氏が非常に大きなショックを受けたことは私でもわかる。
だが、釈然としないものが残ったことも事実だ。
彼の手紙からはアメリカも核兵器を削減すべきだ、という論調は伝わってこない。
むしろ、某国の核ミサイルがアメリカに飛んでくるのを恐れているかのようなイメージがわきあがってきてしまう。残念ながら、アメリカの正義は世界の平和とはイコールにならない。
もちろん、ケリー氏がショックを受け、オバマ大統領にぜひ、訪れるべきだ、と進言してくれたことは日本人として感謝にたえない。大統領の広島訪問も、歓迎し、感謝する。

だからこそ、方向性を間違えないでほしい。
正義を行うためには力が必要だ。が、力は正義ではない。
アメリカの正義はほとんど常に「悪者をやっつけること」だった。が、日本の戦争体験者でもあった故やなせたかし氏は「正義とは困っているひとを助けろこと」だと言っている。日本のこどもたちも、それを知っている。
必要なのは、拳を振り上げることではない。自分がつらくても、困っているひとにパンを分け与えること、笑顔を取り戻すことではなかろうか。

法の支配という価値観も、「法はひとを守るためのもの」という前提があるからこそ、成り立つ。
平和は、アメリカのためのものではない。

理想論かもしれないが、この手紙を読ませていただいた感想である。

米国務長官が原爆資料館に手紙
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4025361
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年06月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の日記