mixiユーザー(id:9107189)

2020年06月07日07:22

6 view

事業委託の不信感。

おはようございます。

今 国会で問題に成って居る事業委託と言う問題です。
新型コロナウィルスで空前の支援を行っている、しかし その事業が全部政府機関が出来る訳でない、其処に出てくる業者「サービスデザイン推進協議会」と言うペイパーカンパニーと言う会社です?
会社と言えるだろうか?過去3年間会社業務の会計報告等ない、これを世間ではトンネル団体」と言う、管理庁は経産庁です。
補正予算で768億をこの団体へ丸投げして電通へ委託された金額が748億に成って居た、トンネル団体には20億ピンハネした事に成る、右から左に通す事で20億頂ける、この不透明感てナンダ
その後も続く
電通からパソナへコレマタ丸投げ このパソナと言う会社 2020東京オリンピックのボランティーアを集める人材派遣会社です、善意で集まる10万人を越すボランティーアを人材派遣会社が使いまわす事に違和感ありませんか?
役員には日に6万を越すと言われるホテルと日当も出る、其れを手弁当で只働き、其れも10万人を越すボランティーアで組織するて?
パソナ会長は、竹仲平蔵なのです、国の行事に食い込むハゲタカなのだ。

未だ10万円の現金給付金が届かない家庭もあると言う、一番早い給付が受けられると言われた電子申請でも遣って居る事は、一度紙に映して確認作業をしていると言う、その際に誤記で再確認するのが30%もあると言う、どっちもどっちであろう
持続化給付金も今直ぐに欲しいお金ですが、コレマタ同じ様に確認作業の為に遅れる、最早こんな組織に頼りしないと行けない国に居る事が不幸なのだ。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する