mixiユーザー(id:9107189)

2020年03月30日07:51

11 view

コロナウィルス経済対策に。

おはようございます。

昨日 関東では季節外れの雪が降ったと言う、都市閉鎖訓練中?の東京では、疎らな人しか居なかったと言う、日本人は忠実に守る国民なのです。

土曜日の午後6時から行われた緊急記者会見ですが、期待外れで終始した。
土曜日の午後 国民が注視して見たが、その内容は具体的な対策案もなく、これから決めますと言う生煮え状態です。
所で、この記者会見て総理はあまり得意ではない、師匠と仰ぐ小泉元総理の様に姿勢だけは分かると言う物ではなく、何か言いたくない姿勢がありありです。
ですから記者会見で指名を受ける記者てお友達が多い、共同通信 産経 等は応援団と等しい、ですからTV中継がある2〜3名の質疑は答えが事前に出来ている、しかし後半は違う、指名をしてから記者の指名だけでなく氏名を聞く場面がある、これは、予期しない質問と言う事です。
土曜日の会見でも4人目に質問した記者 所属はと問いにフリーランスと答えた、記者の所属ナシは記事を持ち込みお金を頂くと言う、一匹狼の記者本音満載の質問は、自粛で被害を受けて居るフリーランスの報奨をどー思っているのか?

首相が言う損失した給与は補償する 其処から漏れたフリーランスは無保証と言う事か?
生活弱者にしわ寄せがくる、何時もの事だが
日曜日 朝の討論会でも自民党岸田政調大臣が言うには、事業規模で56兆円と粗GDP10%の経済対策をすると言うが、その内容は「セコイ」の言葉通りの内容です。
自民党が言うのは、貸付融資と言う物で後に返すお金です、自粛で損害しても貸してやるからどーですか?何と言うセコイ案です、その前に審査がある、自分の金でもないのに頭を下げてお願いをする、これを上下関係が財務省官僚には、生きがいを感じる場面だ「俺達が日本を動かしている」と言う優越感なのです。
政治は信頼関係で結ばれている、自粛と言ってもお願いであり強制ではない、信頼関係があるから守って居る、ですから政治は元に戻す事を守って貰わないと崩れるのです。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!