mixiユーザー(id:8953011)

2019年12月20日07:58

14 view

グルメの部屋(790)ラ クレリエール グリスマスの時期美味しいジビエ料理が味わえる隠れ家的ミシュランフレンチレストラン

グルメの部屋(790)ラ クレリエール グリスマスの時期美味しいジビエ料理が味わえる隠れ家的ミシュランフレンチレストラン
フレンチ < 2019年ミシュラン東京☆ (31) >
住所: 東京都港区白金3-14-10 ベルパラーゾシロカネ 1F 03-5422-6606
(評価)☆☆☆☆ / 4.1
(*評価基準:☆5=毎週行きたい/ ☆4=月1回は行きたい/ ☆3=年一回程度/ ☆2=もう行かなくても/ ☆1=絶対行きたくない)
*評価については、事前期待と事後評価にギヤップがある程(事後評価の方がいい場合)高くなるように☆を付けています。またシナリオを持っている店を評価しています
(コメント)
グリスマスの時期はジビエが食べたくなる時期でジビエ好きの同伴者と今話題のフレンチを初訪問しました。この店の名はフランス語で“森林に降り注ぐ陽の光”を意味する『ラ クレリエール』。東京やパリの名店で修業した柴田氏が供するのは、豊かな自然に育まれた食材の本質を見極め、四季の移ろいや日本人ならではの感性を体現したジビエのお店です。今年ミシュラン☆をむ取得した旬の店なので期待して訪問しました。場所は広尾駅から徒歩10分程度、天現寺ランプから白金の住宅街に入った、その角地にひっそりと店を構えている。手前には予約困難な焼肉の「金竜山」もあります。広尾から恵比寿に広がる明治通り沿いにはジビエを中心とした美味しいフレンチが並んでいます。(アラジン・オード・マノワ・レヴェランス・トルチェなどで自称ジビエ通りと言っています) 店の前まで来ると、磨りガラスのモダンな扉の周りを、緑豊かな植栽が囲み、優しい雰囲気が漂っています。店内はこじんまりした小部屋の感じでテーブル席が5席ぐらいで隣との間隔が広くゆったりとしています。早速ソムリエからの案内でお任せコース7000円とペアリング6,500円をお願いしました。全9皿ですが、いずれも伝統と独創を兼ね合わせた繊細かつ滋味あふれる料理でした。内容はクリスマスメニューです。
ダイヤミニバーガー / 小さなバンズに、ブータンノワールのパテと、リンゴとトマトを挟んでいる。?
ダイヤカリフラワーの三重奏スープ/下段にカリフラワーのムース、中段に広島県の藻塩を使ったカリフラワーのジュレ、上段にカリフラワーの冷製ポタージュを重ねた三重奏ブラン。
これはまろやかで、舌触りが良く、優しい味わいで美味しかったです。
ダイヤ牡蠣 白トリュフ。上品で繊細な味わい。口に含めば、マガキがミルクのように滑らかに舌の上をすべり、わずかに素材の旨味が広がり、美味しい。
ダイヤしらこ料理
ダイヤフオアグラのポアレと栗のスープ
ダイヤ.山口県萩ヒラメのクッサン仕立て/ ホタテのムースやハーブをヒラメの中に詰めるクッサン仕立てのポワレに、ブールブランソースを合わせ、アンズタケ、ベーコン、根セロリを付け合わせる。口溶け具合が半端ない。
ダイヤ鹿肉のソテー / 柔らかく臭みのない素晴らしい一皿。
ダイヤカリンのアイス
ダイヤ焼きリンゴ
北海道のウニやカキ、白子、福島の王様カブなど産地にこだわった食材をふんだんに使用していて、和の素材をフランス料理の伝統の中に見事に調和させています。ただ素材自体のクオリティは普通ですが柴田シェフの腕で見事な料理に仕立て上げている点は見事でした。ただワイン自体は新しい年代のワインが多くてワインに詳しい同伴者はやや残念のようでした。クラシカルと斬新さの両方を取り入れた料理はお見事としか言いようがないと思います。これからのクリスマスに小さな美味しいレストランでゆっくり食事するにはいいレストランだと思いますが、すぐに満員になるお店だと思います。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する