ホーム > mixiユーザー(id:8953011) > mixiユーザーの日記一覧 > グルメの部屋(780)レ・ストゥディ アナザースカイで度々登場しているdanchu編集長や米倉涼子お薦めの完全予約制スペインレストラン

mixiユーザー(id:8953011)

2019年10月25日07:49

20 view

グルメの部屋(780)レ・ストゥディ アナザースカイで度々登場しているdanchu編集長や米倉涼子お薦めの完全予約制スペインレストラン

グルメの部屋(780)レ・ストゥディ アナザースカイで度々登場しているdanchu編集長や米倉涼子お薦めの完全予約制スペインレストラン
スペイン料理
住所: 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル B2F 03-3597-0312
(評価)☆☆☆☆
(*評価基準:☆5=毎週行きたい/ ☆4=月1回は行きたい/ ☆3=年一回程度/ ☆2=もう行かなくても/ ☆1=絶対行きたくない)
*評価については、事前期待と事後評価にギヤップがある程(事後評価の方がいい場合)高くなるように☆を付けています。またシナリオを持っている店を評価しています
(コメント)
アナザースカイで度々登場しているスペインレストランで特にdanchu編集長の植野氏がお気に入りのパンコントマテが食べたくてかねてより予約しようとしていましたがここは6名以上集めなければ予約できないある意味ハードルの高い店でしたが今回昔からのグルメ仲間を呼び集めてやっと7名揃い訪問しました。ここは女優の米倉涼子を始め政財界(安倍首相)の人などが立ち寄る完全予約制のレストランでシェフはあの小笠原伯爵邸の元総料理長でモダンカタランスパニッシュ ビキニやビキニ タパやビキニ ピカールなどのお店を開き自身はこのお店や店舗プロデュース、セミナー、ケータリングなど様々な事をして活躍している人です。料理はシェフの出身地であるカタルーニャの料理をはじめ、スペインの各地の郷土料理をコースで味わえます。場所は三田線の内幸町駅A6出口の目の前。A6出口直結の富国生命ビルの地下2階にあります。といっても外観は目立った看板などはなく何屋か分からない素朴な店舗といったところ。ドアを開けるとすぐに大きなテーブル席1卓あるだけ。奥の厨房ではシェフと日本人男性の2人が切り盛り。一部ガラス張りで動いている様子は見えますが調理は見えず。日本人女性2人が給仕係となっています。料理8品とスペインワイン5種で20,000円(税込20,000円)。6名からの予約ということで訪問難易度の高いお店です。まず最初に目につくのはテーブルの中心に置いてある調理器具のミニチュアです。いかにもプライベートな空間で料理を楽しむ雰囲気づくりがされています。
本日のメニューは以下の通り
ダイヤ前菜5種/茄子のスパニッシュオムレツ・イベリコ生ハムのクリームコロッケ・エビ・かにマヨネーズのピンチョ・赤ピーマンのママレードといわし・きのこのアヒージョ・フォアグラとかぼちゃのクレープ・焼き野菜とアンチョビ
ダイヤイベリコ生ハム入りにんにくスープダイヤほたてとヤリイカのグリーンソースダイヤパンコントマテ(特注) ダイヤフィデワダイヤひつじのパン粉焼きとカタラナ風ほうれん草ダイヤフルーツのマセドニアダイヤスペインワイン5種類
食前酒にやや強めのシェリー酒から始まり、魚料理の多い前半戦は白ワイン、後半の肉料理には赤ワイン。〆は日本の皇后もお気に入りという甘いシェリー酒。食後はエスプレッソかカモミールティー。実はバルセロナが発祥のチュッパチャップスが最後のお菓子。シェフ曰く「世界で一番有名なピンチョス」。感想としては前菜5種はミニチュアのような5種類の料理が登場。普通のレベルでした。海老と蟹マヨネーズのピンチョは串こそ刺さっていませんが、自分のイメージするスペイン料理のピンチョスそのまま。どの料理も味付けは上品で、スペイン郷土料理といった感じで小笠原伯爵邸とはまったく違った料理でした。特に特注のパンコントマテは参加者全員がシンプルイズベストとの評価で病みつきになるとのこと。何人かは初めて味わったそうで感激していました。またホタテの料理は大きいサイズのホタテ貝柱を火入れ良くグリルしてあり美味しかったです。フィデワは極細パスタを炒めてから煮込むパスタパエリャ(フィデワ)です。少ない材料で簡単に本場の味に仕上がります。バルセロナで食べた思い出の味が思い出されました。なかなか日本では食べられない味でした。毎回シェフと会話しながら7名で和気あいあいとした雰囲気で食べることが出来て本当に楽しい食事会でした。最後にシェフを真ん中に私と女性6名の記念撮影をして終了しました。貴重な体験でした。(笑)

1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

忍者モード登場!