ホーム > mixiユーザー(id:8843176) > mixiユーザーの日記一覧 > アルプスクラブマンエース

mixiユーザー(id:8843176)

2018年12月19日20:53

124 view

アルプスクラブマンエース

久しぶりにアルプスクラブマンエースをいじっています。
最近、家をリホームしました。その際に物置や普段めったに見ない収納場所など・・・クラブマンエースをレストアした時に交換した部品や使わなかった部品などが出てきました。

捨てたとばかり思っていました部品をいくつか紹介します。

まずずはハンドルステムです。
写真の一番下側のサビサビが最初使われていました。
レストアには日東ハイパーを使いました。
同じ鉄製ステムですが状態は悪く、最初からハイパーを使うつもりでした。

用の無いステム・・・改めてみるとしっかりと作られていると感心します。
何処の製品なんでしょうか?。画像の下のカタログは城東輪業の1963年の価格カタログです。
何となく吉貝の直付に似ていますね(ボルトや臼は純正かは不明です)。

重量は295gと、写真上のラレー341g、チネリ340g、ミルレモ270gに比しても善戦していますね。
ハンドルを留めるパイプ部の薄さとか、その締めるボルトの頭が四角形など時代を感じます。

余談ですがステムのホークコラムに入る部分はメッキが生きています。
この箇所にかかわらずこのクラブマンエースはヘッド小物、BB部、シートポスト、ハブなど回転部などグリスがしっかり入っていました。どの箇所もすべて苦も無く分解できました。
チエンステイの一部が腐食してしまうような放置状態が長いと思われますがオーナーは細部まで気を使って整備されていたように思います。
たぶん大切に使ってきたけれど何らかの事情で放置されてしまったのでしょうね。
22 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月20日 07:53
    ハイパーは60年代に走っていた方々には人気ありますね。当時の学連車をレストアした際も、私は鉄の天返しを着けようとしたところ、学連車にそんな高級品つけちゃイカン、ハイパーだよと教えていただきました。クラブマンエースやクイックエースの初期の場合、カオルちゃんだと関西のアルプス工業製を着けちゃうんでしょうね。先日はアルプス工業製鉄バーを着けたクイックエースを日東OEMのアルプスオリジナルバーと表示して日東OBから教育的指導されていました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月20日 09:08
    少し前にハイパーをオークションで入手しましたが、フォークへの差込み部分が長く、私の小さいフレームでは、ハンドルの位置を希望位置まで下げられませんでした。
    デカいフレーム用だったのかなぁ?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月20日 16:04
    > mixiユーザー 例の方ですね。確信を持ったような説明文を信じちゃいそうになりますね。ところでハイパーですが海外にも似たような製品がありますが、私の頭では確信をもって鉄製ステムの中で良いスタイルだと思っていますうれしい顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月20日 16:07
    > takeさん、少し詰めればと思いますが。このサビサビステムは結構短く、さすがアルプス自転車、と思いました。でもよ〜く見ると詰めてあります。たぶん当時アルプス自転車で加工したと思われます。さすが!。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月20日 22:16
    四角のハナボルト、鉄天返しの引き上げ棒を短くカットしたのかと・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月21日 21:16
    > mixiユーザー この鼻ボルトは6角を潰してしまったので加工した・・・のではなく最初から4角で作られていますね。
    ものすごく古い天返しステムにこのようなボルトが使われていたのを私も記憶があります。カットしてあるかはよくわかりません。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する