ホーム > mixiユーザー(id:8729247) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:8729247)

日記一覧

抗がん剤で腫瘍が完全に消えるタイプの乳がんがある、というだけの話。もちろんまだこの事実はわかったばかりで、再発率とか遠隔転移とかは治療後十数年いや数十年患者を追いかけないとわからない。結果的に「一時的に腫瘍は消えるが数年後いきなり全身転移で

続きを読む

まずPGSはそれ自体受精卵を傷つける検査。結果的にPGSを行ったせいで、流産率は増える可能性がある。それからPGSをしないと着床が危ないような方々は無理してお産しなくていいと思う。若くて健康でいくらでも生める方々の遺伝子をこの世に残すべきなのでは?

続きを読む

捨てるものがないとこんなに大胆なこともできるわけだ。めちゃめちゃではあるが、ある意味尊敬。だってこのまま選挙したって民進党勝てるわけないもん。勝てるところに勝っていただいて、アベ自民党が過半数を確保するのを妨害する。この目的のためにのみ行動

続きを読む

政治家としての会議とかの話かとオモッタラ。イベントへの出席?それって政治家じゃなくてもいいじゃん。結婚式に勝手に祝電打ってくるレベルじゃん。こういう小さいことを取り上げて小池さんがまるで政治家として全然ダメみたいな宣伝するのも、自民党からお

続きを読む

くわしく言えば、セックスによって感染するHPVというウイルスが原因です。 HPVには百種類以上の種類がありますが、そのうちがんの原因になるのは13種類です。 個人によってもっているHPVの種類が違うので、 セックスしても「発がん性HPV」に感染していない

続きを読む

ピアス穴があるからないから、が問題なんじゃなく、「監督さんに選ばれない」かもしれないことをしない、ってことでしょう。時代劇をとるような監督さんは年代が上のことが多いので、よほどプロデューサーに「この子使って」と頼まれでもしない限り、演技下手

続きを読む

どんな病気か知らない人に予防だの治療だの言っても無駄。脳みそは頭蓋骨の中でむき出しなわけじゃない。簡単にいうとまず「脳軟膜」で包まれ「くも膜」で包まれ「硬膜」で包まれている。この「軟膜」と「くも膜」の間に出血するのが「くも膜下出血」。症状は

続きを読む

やはり生活保護ですかね、そして母親の年金。80歳の母にしてみたらどんだけ心配か。自分がいつまでも面倒みれるわけじゃないのに働きもしないし、酒飲んでムダ使い、生活態度なってない。そりゃ口うるさく言いたくもなると思いますよ。この娘さん、精神疾患

続きを読む

日本には思想信条の自由がありますけどね。http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=240&from=diary&id=4774996上記記事についての日記やつぶやきに「熱烈歓迎」日記&つぶやきがあまりにも多くて、それを言うならそもそもこの記事自体もそうなんですけど

続きを読む

後医は名医
2017年09月23日10:05

人間でもそうなんだけどね。ある症状が出てなかなか治らない、何件か病院に行くけど原因不明。結果的にウチに来たのなら「内科でも外科でも整形外科でも耳鼻科でも脳外科でも」異常なし、じゃあ漢方薬とか安定剤でいいんだな、とめどがつきます。結果的に「す

続きを読む

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2017/09/916-253e.html詳しくは上記ブログ参照。なんでこのニュースに熱烈な擁護日記がついているのかと思ったらなーんだ、お金を稼ぐためだったんね。アメリカじゃ当たり前なんだけど日本でははじめて見たよ。

続きを読む

臨時国会を開くのは野党要求で、かけ問題追及のため。その国会の冒頭で全く議論せず解散する。つまりその後の選挙でもし与党が勝てば、「かけ問題議論必要なし」と国民が認めたことになる。少なくてもあの坊ちゃん顔の首相は丸い鼻をうごめかせて「国民の信を

続きを読む

来た挑戦から(わざとこの表記)ミサイルばんばん飛んでいる時期に 政治の空白期間を作るって バカ? 無責任? としか思えません。 民進党内部混乱で離党相次ぎ、 小池さん新党はまだ基盤が危うい。 この時期逃してなるものか、という意味しかない。 解散総選

続きを読む

「こどもを作る」というのをどういう意味で言ったかが不明ですが、「自分の卵子と彼の精子でできた受精卵を自分の子宮で育てて生みたい」のなら無理です。まず56歳では卵巣に生存卵子はいないでしょう。ありえるとしたら数か月ホルモン補充をして生理を起こ

続きを読む

まず題名が間違い。無痛分娩が原因で子宮破裂したのではありません。陣痛促進剤で過強陣痛になったことが、もしかしたら原因かもしれない。でも子宮破裂は必ずしも陣痛促進剤だけが原因で起きると限らないので、今後どういう医学的な結論が出るかは裁判のゆく

続きを読む

栄養源としての牛乳
2017年09月14日08:57

別に牛乳でないととれない栄養素はありません。肉とか魚とかと同じ、動物性たんぱく質の摂取源でしかないんです。だから好きにやったらいいんですよ。なんで「牛乳は牛の子が飲むもので人間はのんではダメ」という議論が出るか不思議です。放牧しながら荒野を

続きを読む

医師の数だけ治療がありますのでね。医師の数が増えると医療費が増加するのはもう、常識です。だから日本の国は医師数を削減しました。そうしたら、医師が過労死だのうつで自殺だのが増え、頭のいい人間が医師になるのを敬遠した結果、ますます医師数が減るこ

続きを読む

「小児用車両」と認められる場合と認められない場合あり。「認められる場合」の条件はこちら。http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150128001/20150128001.htmlつまり今回照会のあったものについては認められない、という話です。普通のお母さんが子供載せ

続きを読む

臍帯血は白血病など血液疾患の治療に使われます。大人の骨髄をとって移植する「骨髄移植」と同じ意味で臍帯血移植が行われます。臍帯血は骨髄を採取するより明らかに楽に取れますし、移植後の生着率もどちらかと言えば高いのですが、あまりたくさんの量がとれ

続きを読む

おそらくこの夫は認知症。もしまっとうなら妻が倒れても医院を休まない。開業医は「日銭」が大事なのでね。おそらく妻だけが働いて夫はぼーっと座っていたんだろう。そして妻は倒れる。夫どうしていいかわからない。妻はやっとのことで医院を休業する指示は出

続きを読む

やぶ医者にかかろうが何にかかろうが、がんは再発転移がある疾患です。しかもつんくはかなりタバコを吸う人だった。たばこ→肺がんは有名ですけど、実はタバコを吸うことでものすごく発症率が上がるがんがあってね。それが咽頭がんです。思い出せば忌野清志郎

続きを読む

まず最初に言っておくけど、どんな治療をしても医者はもうからない。がん化学療法をきちんとやるような病院は大病院だから医者は「勤務医」でどれだけ高額な抗がん剤を使っても、収入は「給料」だけだ。腫瘍ができた、手術してみたらがんだった。取り切れてい

続きを読む

あの震災も6年半前になったんだね。大人もつらかったけど、子供だったらどんなにつらかったか。なんで家に帰れないのか、なんで十分食べ物がないのか、なんで寒くても着るものがないのか、なんでお水が順番でしか飲めないのか、なんで行きたいときにトイレに

続きを読む

すっぽん黒酢のCM
2017年09月07日09:01

この記事で思い出すのは、すっぽん黒酢CMに出ているがりがりにやせた人。60代だかであのスタイル、これぞすっぽん黒酢パワー!とかいうのだけど、そもそもあの人、おばちゃんの服のカタログに出ていたモデルさんだよね。モデルさんなら若いころから体形を「

続きを読む

去年から乳がん検診がセンター方式になって一般開業クリニックには来なくなった。そのぶん受診料が減って収入減少、一時貯金が消滅しかかって焦ったわ。…というくらい、乳がん検診患者がきていたおととし。マンモグラフィーの写真見て触診して場合によっては

続きを読む

明らかに自分のものでないお金は他人のお金。だったら警察に届けるのが正しい。自分の口座に振り込まれていたとしても覚えのないお金なら「どこかの大金持ちが足長おじさんになって自分に寄付してくれた」とかお花畑なことを考えないで銀行や振り込んだ相手に

続きを読む

余命10年は言い過ぎ
2017年09月06日08:22

以前は「ピック病」と呼ばれていた認知症の一種だが、前頭葉側頭葉が萎縮する疾患の一部として認知症を起こしてくる、とわかった。だから最初は認知症の症状がない場合がある。前頭葉側頭葉は、人間がものを考えたり感情を感じたりする場所なので、いわゆる「

続きを読む

医者は入院不要な患者を入院させてもうけているとバカを書いたやつがいる。そりゃ入院させたそのときはいいさ。でも数か月後、厳しい保険審査が待っている。自分は入院のないクリニックだが、保険審査の最近の厳しさは「医療行為を行うな」と言われるに等しい

続きを読む

女ならみんな「いつセックスすれば妊娠するか知っている」わけじゃないです。芸能人は体重増やさないとか生活フキソクだとか当たり前なので、ものすごい月経不順とか数か月全く生理きてないとかの可能性けっこう高いです。だから避妊しなくてもたいてい妊娠し

続きを読む

40歳過ぎて卵子保存するよりもっと無意味。臍帯血はそもそも少量しかとれない。その少量を保存して将来の白血病に備えるって、よっぽど遺伝子的に赤ん坊時代白血病発症リスクが高いならともかく、オトナの白血病では量が少なすぎて治療にならないこともある

続きを読む