mixiユーザー(id:8729247)

2021年11月25日14:58

382 view

睾丸がんの患者の話

この記事は
「子がほしくて不妊治療はじめたら夫側に原因があって離婚」っていう話だよね。
おそらく無精子症で、睾丸生検しても精子を作れるあてがなかったのかな。
子供がほしい女性側の気持ちを汲んで、夫両親が「離婚したら?」と提案した、と。

この女性は他の男性と結婚して不妊治療して2人子を得た。
めでたしめでたし、という話ですが(不妊、に関しては)
前の夫はどうなったの?って話だよね。

こどもできないから離婚されちゃうって、けっこうひどい話。
それなら結婚する前に「絶対妊娠したいから」基本的な不妊の検査、
男性なら精子検査、女性ならホルモン検査、卵管通過性検査、基礎体温
(女性のほうが基本検査が多いんですよ)をやって
データ交換すべきだったと思うよ。
「この人と結婚したい」は「絶対に子がほしい」とイコールではないからね。
たぶんだけど、これから先ずっといっしょにいたい、じゃないのかな。

離婚されちゃった夫、どんな気持ちだったかな、
その後どうしたかな、と思った。
もちろんワシは女性だから想像してもわかんないけどさ。

むかーしの映画で「ファイトクラブ」ってのがあるんだけど、
その中に「睾丸がん患者の会」に出席する話があってね。
アメリカじゃよくあるけど、「とあるがんの患者」が「匿名」で集まって
ひとりずつ今思っていることを言う。
別に病気と関係あってもなくてもいい。
たいていはボランティアが運営してて、コーヒーとドーナツが出る。
最後に、お祈りとか瞑想とか抱き合って泣くとか、カタルシスの行事がある。

その「睾丸がん患者の会」で、その日とある患者が話したことは
「えーと、女房にこどもが生まれたんだ…もと女房なんだけどね」
「知らせてくれたんで行ったら、すごくかわいいんだよ」
「もと女房もすごく喜んでて、女房の新しいパートナーもうれしそうだった」
「ボクももちろんうれしい。だって彼女はずっとこどもを欲しがってたし…」
ここで泣いてしまって言葉にならない。
周囲が肩を抱いて慰める。
司会者が「よく話をしてくれたね。君は勇気がある。君の勇気に拍手を」というと
周囲の患者たちがいっせいに拍手して「おめでとう」「よくやった」と声をかける。

なんかアレですよね。
でも、こういうことをちゃんと言葉にするのも大事かな。
自分がこの病気にならなかったら子を持てた、
奥さんとも別れなくて済んだ、とかいろんなことがこみ上げるのだろうな。

この記事の「もと夫」は睾丸がんじゃない。
だから見かけは普通の男性でセックスもできるけど、
精子がないだけ。
ある意味、つらさは睾丸がん患者より大きいかもね。

大学勤務のとき、慶応がまだおおっぴらに精子提供をやってて
「無精子症の夫のある女性」を数人、排卵日を確認して紹介する、をやってた。
妊娠すると来なくなる。
紹介状を書くときいつも、このひとのダンナ、つらいだろうな、と思った。
そういうことが心に少しずつひっかかって、
不妊症専門を続けるのをやめちゃったんだけどね。

追記;
無精子症にも種類があってね。
「閉そく性」ってやつだと手術で治ることがあるし、
その他にも生きている精子を得る方法があって
精子獲得率は100%だそうですよ。
閉そく性じゃない場合は実は治療が難しい。
一番多いのは「原因不明」だけど、
それでも30%以上、40%近くが顕微授精に耐える精子獲得できるんですと。
もしかして今は昔よりずーっと
「提供精子による妊娠」(AID)は需要がないかもしれないね。
不妊治療の進歩はすごいなぁ。

だからこの記事になったご夫婦(女性ともと夫)だって
今の時代ならふたりに血がつながった実子ができたかもしれないね。

■母になりたかった私 不妊治療の末、離婚 二児授かり解けた呪縛 「産むことはゴールじゃなかった」
(ウィズニュース - 11月25日 07:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=220&from=diary&id=6752639
22 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月25日 17:30
    子供が欲しい人ってDNAに突き動かされてるんで それで頭がいっぱいになっちゃうんです。
    だから相手が種なし・石女と解ったらサクッと切るのは有りだと思います。

    問題は自分が切り捨てられる立場になったら、ですよね。

    SPEEDの上原多香子が芸能界を引退した遠因がコレでしたっけ。

    前夫の当てつけ自殺。

    結局は不倫相手と再婚して子供を産めた多香子の勝ちですが。
    彼女を情が無いと言う人もいるでしょうが、自分の「感情」を優先しただけなので、情が無いというよりかは、自分の望みを叶えてくれそうもない相手には「薄情」だね、ってやつでしょうか。
    でも子供が欲しいと望む伴侶を、その能力がないくせに縛り付けるのも傲慢かと。

    生命の理では、子供を望む際に伴侶が種なし・石女となれば終わりは当然ですが、まあ今の日本の倫理観ではバッシングされやすいですね。

    切り捨てられた方がもの凄い傷ついて立ち直れないかも知れませんが、生命の理って、自然って残酷ですから。

    ウチの旦那が種なしなら結婚してないでしょうね。見合いなんで。
    私が石女なら妻に他界された子持ちのシングルファザーと見合いするかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月25日 17:44
    > mixiユーザー 

    今は慶応ではあまりおおぴらにやってないですけど、
    そのぶんいろんな精子バンクが充実してますからね。
    少しお金はらって買った精子で妊娠して、
    好いたといっしょに育てる、ってのもありじゃないかな?と思ったんです。
    夫にとっては「妻の子」を引き取って育てるに近いから、養子よりハードル低いかな、と。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月25日 18:08
    子供が成人するまで仲良し夫婦なら精子バンクもいいですが、思ったより早く妻が死んで思春期真っ盛りの他人の種から出来た子が残る可能性があるんですよね。

    「それでも我が子として愛せますか」

    うーん、私は自信ありません……。
    男性は父親の精巣を移植して子作りするとか考えないんですかね。子宮移植した人みたいに。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月25日 18:10
    個人的には嘘つきがいるかも知れない精子バンクより慶應医学部卒の医者の精子が欲しいです。
    確かそれで産まれた子たちって頭良かったんですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月26日 02:59
    しかしこの女医の日記はおもろいな。
    だから思わずまた書き込む。
    無精子症の夫は離婚されて可哀そうかもしれんけど、
    まあ、そんな夫婦は長続きなんかしねえよ。
    離婚されたのはほかにも原因があるかもな。
    世の中には種無しなんとか、あ、これは田中真紀子が安倍晋三を指して言ってたんだが、
    そんなやつは五万といるだろうが、
    そんなやつでも得?なことはある。
    それは絶対に自分の子供はいないから、
    どこかで認知の訴えとかをおこされても絶対に大丈夫ということか。
    ははははは。
    しかし慶応が昔からアホ病院だったということは今回のこの日記で改めて知った。
    そんなことに金を使うくらいならもっと真面目に仕事しろ。
    以上
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月26日 05:54
    > mixiユーザー 

    夫も妻と同じくらい子がほしかったか、授かった子を愛することができたか、
    という話でしょうね。
    きいた話じゃけっこううまくやっているみたいです。
    周囲からは夫婦の間にできた子、としか見えないので夫メンツも立つし。
    実の子でも虐待しちゃう父親もけっこういるんで、
    血がつながっているから、つながってないからどうの、ってないのかもしれません
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年11月26日 05:56
    「特別養子」で生まれたばかりの子を養子にしたご夫婦が先日テレビに出てましたけど、
    赤ちゃんを受け取った瞬間の顔の輝きが、すごいんですよ。
    ご夫婦とも。
    そして「よくわたしたちのとこにきてくれたねぇ」と言って泣いてしまうんですが、
    それって自分で産んだ人が言うセリフと同じです。
    どこかのだれかが産んだ子でも、子が欲しい人はこういう反応なんだな、と思いました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する