mixiユーザー(id:8729247)

2020年10月26日17:39

244 view

女性としてもっとも力あるときに

その力をつかって何をするか、は個人の選択。
ただし、周囲の手助けがあれば力の分散が可能。

ワシの先輩女医のひとりは大変優秀な外科医であったが結婚はしないと言ってた。
国際学会で某北欧の外科医と恋におち、結婚してしまった!
そのお国では、女性は結婚後も働くのは当たり前で家政婦を雇うのも当たり前。
もっと言うと子が生まれれば父親も産休をとり交代で育児をする。
今確か、2,3人の子がいるはずだ。
もちろん仕事は続けている。

日本ではどうだろう?
たとえば女医は、女医っていうだけで努力家で頭もいいのはわかっている。
なにせ「男を入れたい」と思っている医学部にも実力で入るくらいです。(笑うとこ
でも結婚すると、当然のように「育児は母親がするもの」。
妊娠中も気を使って具合悪いのに休まない休めない。
医師数が十分でないのが原因だけど、
医師が少ないからって少ない数で精いっぱい働かすのが原因で、
オトコだって休まないと死にそうになると思うけど、
お産のために休めるのは女だけなので「女はいいよな」的陰口もありえる。
産休明けにすぐ保育所がみつかれば働けるけど、
子が熱を出したと言っては呼び出され、保育園の行事と言っては休み。
「はっきり言えば戦力にならないよね」とか言われる。

なんでなんだ?
この差はなんだ???

だから結論として、優秀な女医は結婚しないことを選ぶか、
結婚して子を産んだら「優秀」であることをあきらめる。
誰も助けてくれないので、自分を犠牲にするしかない。
女性として、というより、人間として一番エネルギーにあふれている時代に、
それをどう使うかは個人の自由だと思う。
女は子が産める、女しか生めないのだから仕事なんか男に任せて子を産め、とか
いくらなんでもひどすぎないか?

仕事がしたい、仕事が好き。一生仕事します。
それでも誰か手伝ってくれるんなら子を産んでもいいかな。
そういう国になんでできないのだろう?

不妊治療巡り検討チーム初会合
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6282840
40 11

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 08:09
    最初から皮膚科を選択する女医(ジョイって変換される)さんもまあまあいますよね〜
    救急がない科を選んでるってことですかね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 08:37
    > mixiユーザー 皮膚科は比較的楽な科だと思われていますけどね。それって「他の医者と比べて」の話でね。医者っていう職業に求められるのは常に全力投球なんですよ。開業して自分ペースで仕事できるならいいんだろうけど、親が医者でも卒業してすぐ独り立ちはムリ。大きい病院で前期研修後期研修するとして、皮膚がんの手術とか過酷ですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 08:39
    > mixiユーザー そうですよねえ〜湿疹の患者さんばかりじゃないですもんね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 08:39
    自分は医者仕事を例にしましたけど、医者でなくても優秀な女性に仕事面で要求されることは子を産み育てると都合悪いことばかりです。「生む人」「働く人」を完全に分けている機械のような社会ならそれもあるでしょうが、行き着く先は社会主義共産主義社会ですよね。それでいいんでしょうかね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 09:47
    確かに日本では選択をせまられるのは、女性が多いですよね。名前、仕事、家庭等々。家族の単位だけでなんとかできるものでもないですね。正直携帯の料金よりこっちなんとかしないと、国として子供が少ないのはまずいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 10:05
    > mixiユーザー 男尊女卑が浸透してて「子は母が育てるもの」って言う「思い込み」が当たり前になっています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 13:22
    ダチョウって良いな〜と思います。

    あの鳥って卵を産むときも一カ所にみんなでまとめて産むから、どれが誰の卵か分からないんです。そして温めるのは交代制。
    孵化した雛を育てるのもメスが交代でやるんですが、そのうち子育てが上手いのと下手なのが出てきて、気づくと上手いメス同士で交代でみるようになるんです。しかもどの雛が誰の子かなんて分からないからエコヒイキなし。子育てが下手なメスは他の得意なことを見つけてそちらに従事する。

    それを知ったときは、来世ダチョウが良いと思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 15:40
    > mixiユーザー 社会主義・・確かにそうなりますね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 16:37
    > mixiユーザー それってむかーし見た未開の部族なんかでありましたよ。「お産のための家」があってそこでお産もして子育てもする。お乳は出る人があげる。誰の子とかじゃなく「この部族の子」として育つ。ただねー人間がこれをやるとね…。北朝鮮は国家でこれをやっているんです。かなり小さいときから「全寮制の学校」にいれてしまう、家に帰るのは盆暮れ正月です。だから自分の父母に強い執着なく、国家のための仕事ができるわけです。これが究極の共産主義です。ダチョウのほうがいいですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月27日 17:21
    > mixiユーザー そういえば日本でもヤマギシ会がやってましたね。『カルト村に住んでました』の著者がヤマギシ会の村で育った日々を描いてました。
    ダチョウってバカなんだそうで、ある意味イデオロギーが通じない(まあもともと鳥だしw)

    多分、未開の部族がそれをやったのは、出産失敗して死んだり狩に失敗して死んだり、死亡率が高いからでしょうね。
    誰の子、彼の子って執着するよりみんなで育てた方が子どもの生存率が高いとか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年10月28日 08:14
    > mixiユーザー 親を失った子、親が養育に適さなくなった(大けがとか)子をきちんと育てるシステムは今の日本にもあるはずなんですが「大事に愛情もってきちんと大人になれるように」ってとこが難しいのかも。明らかに養育に適さない親でも「親が一番」って押し付けるからいじめて殺しちゃうし。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する