ホーム > mixiユーザー(id:8729247) > mixiユーザーの日記一覧 > バルサンもダニアースも関係ないです

mixiユーザー(id:8729247)

2019年10月09日16:12

659 view

バルサンもダニアースも関係ないです

ふとんとかたたみにいるダニと勘違いしているコメントあったので書きます。
この記事になっている「マダニ」は家の中にはいません。
草むらにいます。
そしてとおりすがりの動物にたかって血を吸います。
吸うときは頭をそっくり皮ふに差し込むようにするのですが、
まるで皮ふに小さい黒い丸いごみか草の種でもついたように見えます。
よく見ると手足がもぞもぞ動いていますが、目が悪いとごく小さい小石にしか見えません。
で、皮膚についたのを下手にひっぱると皮ふに食い込んでいる部分が切れますので、
皮ふにマダニの一部が残ったままになり、大変危険です。
皮ふ切開してでも取り除く必要があります。
で、これを取り除いても、マダニの出す唾液の一種がすでに皮ふに注入されていて、
この中に大変恐ろしい病気の原因ウイルスが住み着いている。
この記事にもある病気ですね。
治療薬がありません。
熱が出たら熱さまし、腹を下したら点滴。
とにかく安静にして体力がウイルスに負けないようにするしか方法がない。
何度も言いますけど家の中にいてダニアースや「ダニ取りマット」で退治できるものとは
マダニは全く違いますのでご注意ください。
だから記事の中に「草むらに入るとき」は肌を出さないように、って書いてあるでしょ。
それしか予防方法がないんです。
わんこにゃんこもマダニ感染症がありますので、お散歩時にご注意を。

追記;
マダニはウイルス以外の感染症も起こすことがあり、
抗生物質が効果ある場合もありますので、一応使うことが多いです。
ただし10日以上は使用します。


マダニに刺され発症 男性死亡
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5819649
77 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 16:27
    勉強になりました!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 16:55
    草刈や現場はいるときは長袖長ズボン手袋が原則ですねぇ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 17:52
    野鼠の耳に巣くって人にも取り憑くんでしたかね。ツツガムシ病も同じようなものでしたか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 19:29
    犬猫は動物病院でマダニの駆除薬をもらいましょう。
    フロントラインやネクスガードなどでついたダニはすぐに落ちます。
    でも一番の予防法は草むらに近づけない事。これにつきます。
    人間は虫よけスプレーも効果的です・・。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月09日 22:21
    何時も詳細な情報に感謝です。孫が草がある所へ平気げ遊びに行くので…虫よけスプレーは使用していますが、蚊とかに刺されやすい体質の様なので気を付けます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 02:11
    農作業してると、腕は作業服を通り越して虫刺され跡であちこち赤く痒くなります。怖いね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 07:29
    > mixiユーザー 

    ツツガムシ病は古来からのダニ仲介感染症ですね。
    聖徳太子の手紙にも書いてあるくらいですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月10日 07:30
    > mixiユーザー 

    フロントライン、本当にありがたいですよね。
    ヒト用にもあるといいのに。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 08:36
    山でマダニに噛まれたことありますよ。もちろん長袖で軍手していたのに、どう入り込んだものか肘の内側の献血の針をさすようなところに、頭を突っ込んでいました。ちっちゃな虫でもたいていなにか感じるんですけど、作業中だったためか何も感じませんでした。こんなに大きな虫が!と。で、取り除くとちぎれて顎が残るんです。カッターナイフで掘って全部取ったけど、感染症はかなり心配でした。運良く何も起こりませんでしたが。調査をやめて下山すべきか悩みました。ちょっとでも体調が悪い感じがしたら走って降りたと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 08:43
    > mixiユーザー 

    運がよかったとしか言いようがないです。
    自分でダニの頭を掘ったらバイキンはいって化膿するかもしれないのに。
    抗生物質も使わないで傷が治ったのは本当にラッキーでしたね。
    次回はぜひ、医者にかかってください。
    免疫力も傷の治癒能力も年をとればだんだん弱くなります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 08:57
    > mixiユーザー 運が良かったのは事実なんですが……。マダニ類から感染症にかかる確率ってそんなに高くはないと思うんですよ。これってデータあるのかな?「運が悪かった」ときがある、それがいつかはわからないから怖いんですけどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 09:00
    > おおっさん

    マダニからの感染ももちろん怖いですけど、
    アウトドアで皮ふに傷がつく、と思えば破傷風などの土にいる系細菌感染がコワイです。
    ふつうの化膿菌もいると思うしね。人食いバクテリアで数年おきにニュースになるやつらとか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 09:41
    > mixiユーザー それはどんなところでもリスクがあります。アウトドアやるならある程度の消毒液とかは持っていきますが、気休めです。気にしすぎたらどこにもいけません。。お医者さんでも病院で感染するんだし。例えば、東南アジアに行ったら「この程度の感染症リスクが上がる」アフリカに行ったら「さらにこれぐらい上がる」ということをきちんと知っておいて、なるべく危険度が低くなるように行動するしか無い。お刺身食べるリスクみたいなもんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 10:19
    > mixiユーザー 

    なるほど。
    自分はアウトドアでなく医療現場が日常なので、
    「たいしたことないと思って」放置して腫れ上がった、みたいなのを見るのが普通です。
    だから「外でダニにたかられて自分で頭掘り出すって…」という印象ですが、
    確かに何かあっても自分のカラダ、自己責任ですからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 10:34
    > mixiユーザー それはちょっと知識がなさすぎるんです。そういう人ばかりですけどね。知識ない、準備しない、事故にあっても応急処置ができない、わからないから放置する。で、動けなくなると救助を呼んで、来ないと他人のせいにする。困ったもんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月11日 11:52
    > mixiユーザー 

    そういう患者さんすごく多いです。
    自己判断でオロナインをつけたら腫れ上がったとか。
    きちんと自分で判断して適切な対処をした上で手に負えないときは受診、でいいんですが、
    たいていの人はそもそも「きちんと判断」するほどの正確な知識をもってないんです。
    ちょっと調べたらわかることなのに調べようともしない…。
    まあそのおかげでわれわれ開業医の仕事が増えてありがたいんですけどね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する