ホーム > mixiユーザー(id:8729247) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:8729247)

日記一覧

なんで具合悪いのかによっては死ぬこともあるわけでね、具合悪くて動けないなら自分が仕事休んで病院連れて行かないと帰宅時奥さん家で亡くなってました、になる可能性もある。でもこの話は、妊娠6か月で具合悪いんですよね?じゃあ「具合悪くなった原因」は

続きを読む

父親といっしょに生活していた。父親は夜遅くまで仕事をしているので赤ん坊の衰弱を知らなかったそうだが、仕事しているならお金ゼロはありえないので、いったい何にお金を使っていたのか?そもそも、この女性の上ふたりの子はずっと児童保護施設にいる。それ

続きを読む

フォアグラの思い出
2019年01月18日12:34

ずっと前にも同じような日記を書いてます。はじめてフォアグラを食べたのは高校生のときで、地元新聞社が主催した食事会に母が応募した。フランス料理フルコースで、メインがフォアグラステーキだった。フランスから輸入したというフォアグラは、冷凍だったら

続きを読む

身障者マーク
2019年01月17日10:14

青地に車いすの人が書いてあるマーク、みなさん知ってますよね。あれって、自分で自由に買えるものだ、って知ってました?同居人がめでたく身障者5級と認定された。6級で申請書を出したら1階級特進したのさ、いいことかどうかはわかんないけど。で、手帳を

続きを読む

つぶやきにも書いたけど、書き足りないので日記にも。ふつうミシンを買ったほうが絶対にいいです。このハンディミシンは、ふつうミシンと違って糸1本。つまりふつうミシンみたいに上糸、下糸からませて縫うのじゃない。だからハンディミシンで縫った縫い目は

続きを読む

浪人してからだけどね。横読みすると「すいへいりーべぶっくのふね、そーまがるしっぷすくらーくかるしうむ」だが右はしから縦読みする方法があって「へんなねーちゃんあるいてる、くらやみでくせものにらんぼうされた、ふっくらぶらじゃーわたしがあたっく、

続きを読む

いやぁ、今の首相閣下はご自分にお子さんがいないだけに、子育て支援については全くもって「え?」なアイディアしか出てこないですね。なんでこどもを預けて働くのか?職場にこどもがいたら仕事にならないから、でしょ?企業内に保育室があってそこに預けて、

続きを読む

江戸時代なら庶民にも知識があったし、赤線くらいのレベルでもそこに出入りする人間には知識があったと思う。梅毒は、一番初期にはまたの付け根のリンパ腺が大きく腫れる。ただし痛みがなく、2,3週間以内で自然に消失する。外陰部に口内炎のひどいやつみた

続きを読む

ワシははっきり言えば、この記事に出てくる「ダメ医者」よ。ガンとはっきりわかっているのに漢方や自然食品にたよる、こどもにワクチンを受けさせないで「自然な免疫」が一番と言う、そういう人間とはもう、話をする気が起きないからね。今の状態をなんとかも

続きを読む

けっこうみなさん、ご存じないんですけどね。妊娠すると全身の皮膚が弱く、柔らかく、薄く、敏感になるんですよ。だからちょっとしたゴムの締め付けで傷がついたり、硬い布地で皮ふがぴりぴりしたりするんです。マタニティ用下着も、一見普通の下着とほとんど

続きを読む

他の学部のことは知らないけど、「医師」になるには医学部に行くしかありません。だから医師になりたいなら、何年浪人しても医学部受験するしかありません。浪人に反対されても困ります。林修「浪人は大反対」「延長して勉強すればいい大学に行けるに決まって

続きを読む

現場の医師数が足りないから帰れないでそのまま仕事しているだけ。手が足りないから当番でなくても呼び出されたら行くだけ。医師数が足りないのよ、だから長時間労働なのよ。国は「医師数不足」を絶対に認めない。日本の保険医療は、医師数が増えると医療費増

続きを読む

勤務先での話
2019年01月09日15:16

当時勤務していた病院jは、1階ロビーから2階中央に広い吹き抜けがあり、ぐるっと廊下がめぐらされていた。けっこうな広さがあるので、たとえば吹き抜けの向こう側に今すぐ行きたいときは、1階におりて1階フロアを走って横切り手近な階段を使うのが早かっ

続きを読む

硫黄島には今もご遺骨が
2019年01月09日13:40

日米両方だけれども、兵隊さんたちの遺骨がある。基地のある島なので、出入りは許可制、というかめったに入れない。ウチの弟が自衛隊医官だったころ、「このTシャツは硫黄島PXでしか買えない」とぺらぺらに薄い安っぽいえんじ色で胸のところに下手なヤシの木

続きを読む

無痛分娩は分娩方法としてはいい方法だと考えます。分娩に使う体力(痛みって体力を消耗させる)を産後にとっておけるので、35歳以上の妊婦が増加している今の日本では必須の技術かも。ただ、麻酔の技術と連続監視が絶対に必要なので、医療資源(医療者の数

続きを読む

別に「男性だけになったら」でもいいですよ。つまり、この議員さんは「ありえないこと」を言っているわけ。LGBTってのはあくまでも少数派でね。少数派の人たちも意見を言えるようにしようよ、っていうのが最近の流れ。だって仕方ないじゃないですか、なろうと

続きを読む

フランスの少子化対策
2019年01月07日12:18

フランスもこども減っちゃって、国がなくなると言われた。半世紀前。どうやって回復させたか?簡単です。結婚しないで生まれた子の差別をやめたの。きちんと補助金を出し、生んだ母親を保護し、育てる上でも便宜を図ったの。そうしたら「結婚めんどくさいけど

続きを読む

この記事をさらっと読むと「眠れないと死ぬ」という意味にとれてしまう部分がある。普通の不眠症とかの人たちが、「眠れないと死ぬの?!」とか驚いて睡眠薬とか飲んで無理に眠ろうとしはじめるかも。そうじゃなくてね。致死性家族性不眠症、という病気があっ

続きを読む

胎児は、妊娠20週までは肝臓で血液を作っています。20週以後は大人と同じ骨髄造血に移行していくんだけどね。で、パルボウイルスはこの肝臓造血の邪魔をするわけ。胎児と言えど、血液がないと生きていけないのであって、造血の邪魔されると重症貧血から全

続きを読む

ものすごい未来に地球がウイルス疾患と戦争で住める場所がごく限られ、遠い宇宙に脱出したイギリス人の子孫が科学をいきなり発達させて、地球に残った日本人(ヤプーと呼ばれる)をさまざまな形で奴隷化する話。…かなり雑な要約ですが、わたくしが言いたいの

続きを読む

出入口は共通の場所
2018年12月30日15:41

タバコを禁止薬物にしろ、とはいいません。コンビニで売るな、とも言いません。タバコ好きな人は吸えばいいんです。ただし他人に煙吸わせない場所で。コンビニの出入口はお客は全員通るところです。自分のように、タバコの煙吸ったとたんに喘息発作を起こし、

続きを読む

ウチの同居人は脳出血やったあとは杖が欠かせない。身体も不安定に左右に揺れるので、「片手で杖、もう片手に手すり」がエスカレーターの定番。ガタイがでかく、冬だからダウンなど着こむとかなりのボリューム。その同居人に何かあったら支えなくてはならない

続きを読む

不妊治療を手掛けていたとき、精子カウントもやってたけどね。元気な精子は顕微鏡の下をすーっとまっすぐ、けっこうな速さで泳ぎ過ぎていく。その数を数えるのってとっても難しい。鳥の群れに何匹いるか数えるのに両手にカウンターもってかちかちやっているの

続きを読む

ワシが医者になって3年目くらいかなぁ。つまり今から25年以上前。某病院に外来のバイトに行ってたとき。「生理がこない」という19歳が受診した。おしっこ妊娠検査陽性。本人を診察室にいれて、「妊娠しているので生理が来ないんです」と説明したら椅子に

続きを読む

自分が勝手にカゼひいて悪化して肺炎になるのと、プールの水を肺に吸い込んで中の異物で肺炎になるのとでは意味が違います。何の意味ってそりゃ責任の所在ですよ。学校での事故の結果の病気やけがなら、学校が入っている保険から医療費が出ます。軽くすめばた

続きを読む

朝にジップロックに水いれてパスタつけて冷蔵庫に入れておく。帰宅したら鍋に湯を沸かして1分ゆでるけど、そのお湯でレトルトのパスタソースも温める。で、パスタのお湯きってパスタソースかけてできあがり!ああうれしいな。ちなみに水付けはまる1日くらい

続きを読む

妊婦めんどくさい、そういう理由で診察しないお医者は産婦人科以外でたくさんいます。 口で言うのは「薬の副作用とか心配だから産婦人科でみてもらったほうがいい」です。 え?そんなもんちょこっと本読めば書いてあるじゃん、なのに面倒だから調べたくない。

続きを読む

妊婦めんどくさい、そういう理由で診察しないお医者は産婦人科以外でたくさんいます。口で言うのは「薬の副作用とか心配だから産婦人科でみてもらったほうがいい」です。え?そんなもんちょこっと本読めば書いてあるじゃん、なのに面倒だから調べたくない。妊

続きを読む

どこの国も、自国のために戦った軍人さんには最大級の経緯を払う。戦争相手の他国から見れば「自分の家族を殺した」のだが、それは「ある人間が憎くで殺したくて殺した」わけではない。だから他国人だといって、その国の軍人さんが祀られている場所を汚すべき

続きを読む

まじめにひとりでがんばっている親ごさんもいっぱいいると思うし、そういう人には税金安くしてあげて当たり前だと思うんだわ。なんていってもこどもいるんでしょ、独身者より社会貢献しているもんなぁ。ただ、どんな制度にも悪用がある。今までの制度でも、ひ

続きを読む