ホーム > mixiユーザー(id:871510) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:871510)

日記一覧

「利益に適う」の罠
2016年03月31日00:40

何かの良し悪しを判断する時に「自分達の利益に適う事だから良し」、「プラスになる事を選ぶのは合理的、当然」と言う考え方があります。この考え方の一番の問題点は「自分達にとってプラスになりさえすれば良い」と言う考えに結び付く可能性がある事です。本

続きを読む

リスクの純増
2016年03月30日06:27

前回に続いて、普段から意識している事についての日記です。何かをする時に、問題が起きる確率。このリスクについての考え方の1つに、「これくらいのリスクは、これまでもあったんだから、同じくらいの確率のリスクを新しく取り入れたって変わらないよ」と言

続きを読む

普段から意識している事について。何かに取り組む時には、不十分な部分があるのが当たり前で、そこからどうすれば良いのかを決める事になります。例えば、料理を作るにしても、「時間が掛かる」、「味がイマイチ」、「材料が高い」など、出来ればもう少し良く

続きを読む

■SighEmperorのオープニング・アクトで観て以来のライヴです。速い曲に頼らず、「Shingontachikawa」など雰囲気を重視した選曲でした。とは言えラストは疾走曲「Me-Devil」で盛り上げて終了。音はクリアで、シングルギターなのもあって、はっきり聴こえまし

続きを読む

ワンマンライヴ、Irumaさん聖誕祭の時の日記です。2部構成でしたが、良い曲、良い演奏、見た目にも表れる世界観、と魅力を受け取っていたらあっと言う間でした。1曲目の「Cinema Fantasia」から、美しい歌声。3曲目、「Confession」が聴けました。1:50からの

続きを読む

満ちる赤い月
2016年03月27日15:00

久々に、音楽の記録ではない日記。3/23(水)に、Twitterで投稿した内容です。歩きながら、空に赤い月が浮かんでいるのを見ていたのですが、最初、三日月より少し満ちてるくらいだったのが、少しずつ満ちていって、数秒で満月になりました。勿論、初めての経験

続きを読む

■Cross Veinこの日は終始会場の音響が最高レベルの良さだったのもあるのですが、「衝撃」としか言いようの無い体験でした。自分がCross Veinにハマッたきっかけのライヴです。メンバー全員の絵になるヴィジュアル面と、安定した演奏力とクラシカルな楽曲の良

続きを読む

様式美系のメタルアーティストが多数出演という事で、期待して観て来たイベントの日記です。MCは主催のキャプテン和田氏、緩い感じで長尺のイベントを楽しく繋いでくれていました。■Nameless Oneオープニング・アクト。自分にとって、20才前後の時にメロデス

続きを読む

2013の時には行ったのですが、前年の2014の時に行かなかったのを惜しかったと思っているのもあって、行かなければと思って即チケットを取ったライヴの日記です。「プログレナイト」の名前の通り、インストメイン。変拍子を使った曲も多く、楽曲として聴き所が

続きを読む

久々にKOKIAさんのコンサートに行って来ました。夜公演が完売したため、追加された昼公演です。この日はバンドやオーケストラではなく、ピアノ弾き語りのみ。お子さんが生まれた後のコンサートと言う事もあったのか、穏やかな曲調のものが多く感じました。勿

続きを読む

■Earthbound Papasトリは、植松伸夫氏率いるEarthbound Papas。1曲目から「TERRA BATTLE」のメインテーマ「TERRA BATTLE」。・TERRA BATTLEhttp://www.youtube.com/watch?v=w-65IOEfEEkTERRA BATTLE関連では、ヴォーカル曲「High Sky」が公開されたばかりで

続きを読む

■ROLLY & GlimRockers音楽の栄養をたっぷり詰め込んだロック、リフもメロディもとにかく、甘いお菓子のように耳に残ります。ヴォーカルが3人ともとても上手いので、ハモりもばっちりで、多幸感を覚えます。「ロック=楽しい」と言う事を自然に実感できるライ

続きを読む

元々発表されていた日程から延期したものの、何とか開催されたイベント。当初参加予定だったImeruatとYuka&Chrono Shipが不参加になった上に、この日は光田康典氏の楽曲のオーケストラコンサートと日程が重なったため、客入りが相当心配だったのですが、一応

続きを読む

2日連続で行われる、ZABADAKの30周年記念ライヴ、2日目の日記です。セットリストはこちら(http://www.zabadak.net/information/2015/0369_20151213_live.html)。インスト中心の1日目に続いて、歌もの中心、ゲスト多数参加の2日目でした。選曲のかぶりは「遠い

続きを読む

活動休止前ラストライヴ、迷わず行って来ました。前売り券はソールドアウト。凄いものになるとは思っていましたが、最初から最後まで感動しっ放し。ほぼMCを挟まず、楽曲を出来る限り連続で演奏するライヴでした。新譜「NEW WORLD」からの曲は、どれも本当に

続きを読む

後期曲からの選曲が演奏される「続・全席死刑」ツアーに行った時の日記です。自分がハマったのもこの頃の時期からなので、個人的に好きな曲が多く、前期曲からの選曲の「全席死刑」よりもこちらの方が満足でした。ハードロック、ヘヴィ・メタル系の疾走感のあ

続きを読む

トリプルドラムに加えて、再参加のメル・コリンズによるサックスが聴けると言う、驚きの編成。チケット代は相当高かったですが見逃す訳には行かないので、平日ながら行って来た時の日記です。ジョン・ウェットンもエイドリアン・ブリューもいないのでヴォーカ

続きを読む

2日連続で行われる、ZABADAKの30周年記念ライヴ、初日に行って来ました。まず冒頭から、アルバム「夏 秋 冬 春」からの、初の全曲生演奏。中身の濃さは相当なもので、しかし好きな場面がどんどん連なっていくのもあって、充実度の反面、驚くほど早く感じまし

続きを読む

アンコール上映が決まったとの事で、もう一度観て来ました。この日は、酒井監督の初作品「棒つきキャンディー」の上映などもあるとの事で、それらも含めて、時間を忘れて過ごしたイベントとなりました。「いいにおいのする映画」は、一度観た事があったからこ

続きを読む

アルバム「Bystander Effect」に伴うツアーのファイナル。旧作に頼らないセットリストで、MVになった「輪廻」など、叙情的なメロディの魅力が強い新作からの曲が多くて新鮮でした。・輪廻http://www.youtube.com/watch?v=l4FnvyETwcoベーシストはサポートで、

続きを読む

古屋兎丸先生の原画展に行った時の日記です。全作品を読破した訳ではありませんが、特に好きな作品が何作もある作家なので、是非見たいと思い行って来ました。原画と、原画の複製が展示されていて、それぞれ購入も可能でした。一枚一枚でも力を感じますが、ま

続きを読む

日本編、ヨーロッパ編の、2つのコンセプトに合わせて、二部構成のコンサート。セットリストは画像の通りですが、記載の無い曲も聴きことが出来ました。「組曲「夏の記憶」」からの「空を駆ける」は大好きな曲で、いつも生で聴きたいと思っているので、序盤か

続きを読む

イベントで観て以来、ワンマンで観たいと思っていたので行って来ました。しかし、この日でドラマー脱退との事。思いがけず、最後の演奏を見届けることになりました。間に休憩を挟んでの2時間半以上に及ぶライヴ。しかし、体感的には1時間未満に感じられたくら

続きを読む

Lacroix Despheresと五人一首が目当てで行って来ました。豪華なメンツながらチケット代が安く、ファン層が上手くバラけたのもあるのか、ソールドアウト。OAの六合の終わり際に到着。■Lacroix Despheres何と言っても、男女ツインヴォーカルと、フルート&オー

続きを読む

この日はアルバム「八奏絵巻」からの全曲演奏を含むセットリスト。ボカロ曲のカヴァーや、シングル曲、速めの曲も勿論良いのですが、アルバム中では、心に染みるような切ない曲もとても良かったので、やっと聴けました。・「八奏絵巻」全曲ダイジェストhttp:/

続きを読む

「蒼き雷霆ガンヴォルト」のライヴイベントに行って来た時の日記です。歌ものはコンセプトとして基本的に全曲同じBPMなのもあり、ずっと盛り上がりっ放しでした。最初は、DJ/オケ&ベースの音量が小さめで、特にバスドラがほぼ聴こえなかったのですが、徐々に

続きを読む

この日はヴァイオリニストのJillさんの聖誕祭と言う事で、ヴァイオリンの魅力を特にたっぷり堪能出来ました。ギター&ヴァイオリンでの、楽器対決ではクラシック楽曲を何曲も演奏。特にヴィヴァルディの「四季」の「夏」の「第3楽章」が演奏されたのは、自分

続きを読む

2015年から続いて、明らかにライヴのペースが上がっていて、ファンとしては嬉しい限りです。これまでにもライヴでは演奏されてきた未CD化の「新曲1」、「新曲2」は相変わらず格好良く、さらにこの日は「新曲3」も披露。斬新なフレーズの連発で、展開も多く刺

続きを読む

昨年末、X JAPANを観た次の週に、同じ横浜アリーナでBABYMETALを観た時の記録です。2DAYS公演があった内、自分が当選したのは2日目でした。MC無し、無駄な流れゼロの勢いで、多幸感溢れるライヴでした。まずは、ステージ上に古代エジプトをイメージしたような

続きを読む

初代の「聖剣伝説」から25周年と言う事で、記念で行われたライヴに行って来た時の日記です。シリーズの関係スタッフによるトークもある充実のイベントでした。・記事はこちらhttp://www.famitsu.com/news/201602/01098469.htmlイトケンさんの手掛けた初代「聖

続きを読む