ホーム > mixiユーザー(id:871510) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:871510)

日記一覧

学生自体は毎日ゲームセンターに通い、ここ数年も動画で色々なプレイヤーの活躍を楽しんできた中、ついに日本で開催された格闘ゲームイベント「EVO」を現地で観て来る事が出来ました。夢の舞台に立ち会えた事が本当に感激です。この日は3日間の最終日、自分は

続きを読む

フルートフロントのプログレバンドCichla Temensisにて、2/24(土)に2018年初ライヴを行います!イベント名は「Progressive FLUTE! Vol.3」、フルートフロントのバンドが集まるイベントです。前回は平日でしたが、今回はご予定も合わせて頂けやすい土曜開催で

続きを読む

アルバム「Far Saa Far」のツアーファイナルに行って来ました。元々、セットリストメドレーが公開されていると言う珍しいライヴで、YouTubeで代表曲を予習出来る趣向です。・2018.1.8 「イメルア新春雷鳴大劇場」セットリストメドレーhttp://www.youtube.com/

続きを読む

昨年に続いて、年始の南青山MANDALAにて、Black Symphonyを観て来ました。3組出演のイベントだったのですが、色々やるべき事があったので、到着はBlack Symphonyの始まるギリギリ前でした。メンバーに、パーカッション林瑞穂、ドラム山崎慶のお二人を加えた4

続きを読む

最後におまけで、2017年に購入したかどうかに関わらず、脳内クロックを加速させたい時にぶっ通しで聴いていた音楽です。おまけと言うか、ある意味こちらがベスト選曲かもしれません。■Mysterious Priestess 「玄奥 Gen Ou」予想の付かないコード進行と、変拍

続きを読む

こちらは聴きたいタイミングで聴いていたので、2017年リリースは「深夜廻」のみです。ゲーム音楽編、3作。■林茂樹「Knights in the nightmare ORIGINAL SOUNDTRACK」世界観に合った悲壮感と勇壮さを併せ持った、クラシカルでシリアスな音楽性は最高です。・

続きを読む

続いて洋楽編です。7作。■Portal 「Vexovoid」単なる轟音ではなく、不協和音を使いながらも、きちんとした構成とコード感があり、クリア過ぎな音質や、地から響くようなデスヴォイスも含め、不穏な空気を生み出す事を丁寧に意識した作品だと感じました。・CU

続きを読む

2017年に購入した音楽の中で、良く聴いたもののまとめです。相変わらず、購入したのに聴けていないものや、好きなアーティストのチェック漏れもありますが、記録を兼ねて。まずは邦楽編11枚。■Early Cross 「Solstice」遡って購入したEPです。後にリメイクさ

続きを読む

2017年ライヴ振り返り
2018年01月06日23:35

2017年は、Imaginary Perceptionのアルバム作成や、Cichla Temensisへの加入もあったため、自分の意識の中ではライヴ、コンサートに行く機会は減らした感覚があります。他にも仲間内で観に行ったものなどはありますが、それらを抜きで挙げると、合計59本でし

続きを読む

年末恒例となった五人一首のライヴ、今年もEarly Crossの出演があるとの事で、両バンドを目当てに観て来ました。会場に到着したのは2番手のEarly Crossの開始直前でした。3番手のWheel of Doomの圧殺感のある楽器隊と孤独を感じさせるヴォーカルの対比、4番手

続きを読む

知り合いに誘って頂いて、マーチングの大会を観て来ました。大人数での演奏は、打楽器と管楽器が一斉にアンサンブルする音の迫力だけでもすごく、さらに動きの練度も加わって、普段バンド音楽では得られない表現に触れられたと感じました。小道具、大道具に、

続きを読む

「ソールドアウトしなければ解散」を賭けたワンマンライヴに行った時の記録です。オープニングアクトはCLASSMATECINDERELLA。確かな歌唱力と、ちょっとダークでキャッチーな音楽性は、今回のO.Aにぴったりでした。最初は、Hollow Mellow結成を題材にしたお

続きを読む

ミニアルバム「high $pec」に伴うライヴに行った時の記録です。楽曲も演奏も歌も全てが素晴らしいのに、滅多にライヴが無いので、待ちに待った一日でした。1500人の会場はSold Out。開演前にはMVが次々と流される中、最後に映像が逆再生で一気に巻き戻される

続きを読む

Neo Resistance Quartettoでも一緒に活動されている、中村天平、山本真央樹 両氏のユニットのライヴを観て来た時の記録です。フロアには椅子が並び、一段上の周囲の空間がスタンディング、と言う環境。せっかくのライヴで、身体でリズムも取りたかったのでス

続きを読む

平沢進氏の音楽をオーケストラで奏でる企画、SWITCH ON! ORCHESTRAを観て来た時の日記です。今回の企画は、ヴァイオリン&三味線で参加されているmatsuさんにお誘い頂き、知ることが出来ました。この日は、1列目ど真ん中と言う、楽器の生音も聴こえる距離で観

続きを読む

新ギタリストの小金丸慧 氏(Mysterious Priestess等)が参加してからの編成は、この日初めて観ました。WintersunのTシャツを着ている時点で良い予感しかしません。ピアノリフとギターメロでの16分音符のスリリングなユニゾンもあって良かったです。この日は、

続きを読む

Waiting Silenceでもベース担当のShuyaのバンド、Freezing Ruinを観た時の日記です。「EMERGENZA JAPAN 2018」と言うイベントの予選との事です。4曲と言う短いセットリストながら、代表曲「Snow」の深めにエフェクトの掛かったピアノや、プログレッシヴでキャ

続きを読む

ゲーム音楽のバンド演奏に加え、作曲家の面々も招くイベント「Return to 4star 2017」に行った時の記録です。・公式サイトhttp://www.2083.jp/4star2017/好きな曲の生演奏は「こうなるのか!」と言う驚きや喜びもあり、あっと言う間の時間でした。当日は平日

続きを読む

「蒼き雷霆ガンヴォルト」のライヴ、追加公演に行った時の記録です。恒例となった、ロメオ役の牧野秀紀さんの出演に加え、テンジアン役の渡辺紘さん、パンテーラ役の名塚佳織さんが出演、嬉しいサプライズでした。途中からは、ジブリール役の榎吉麻弥さんも参

続きを読む

アルバム「Far Saa Far」に伴うツアーの東京公演に行った時の記録です。「Far Saa Far」と言う不思議なタイトルは、「おはようございますー」が「ふぁーさふぁー」と聴こえたのがツボにハマったのがきっかけとの事(笑)。開場はスタンディング、音のバランスも

続きを読む

■Cradle of Filthかなり久々、待ちに待った再来日です。1曲目から爆走感のある「Gilded Cunt」!ダニの高音ヴォーカルが衰えるどころか凄さが増していて圧倒されました。「Nymphetamine Fix」では、キーボード奏者の女性がソプラノヴォーカルも入って、とて

続きを読む

2017年は二日目のみ観に行きました。1日目のEmperorが「Anthems To The Welkin At Dusk」の完全再現だったと後で聞いて悔しかったのですが、それはそれ。むしろ、行った2日目のSecret ActがBlack Earthだったと着いてから知った方が悔しかったです。ワンマン

続きを読む

メジャーデビュー後初ワンマンに行って来た時の記録です。前半は歌もの中心で、ヴォーカルとして動きで魅せる所も多いのですが、眼を惹くのがバックトラックとのキメなどでのシンクロ。打ち込みも含めて作曲を本人が担当しているからこそのシンクロは、マイケ

続きを読む

12月は、無事にCichla Temensisのライヴが終わった後で、色々な音楽を聴きました。充実の月です。■BiSH 「THE GUERRiLLA BiSH」スケールの大きく切々とメロディが訴えかける「My landscape」から始まる事が、冒頭から変化を感じさせます。切り裂くようなシャ

続きを読む

2017年の年始に掲げていた抱負が、どれくらい叶っていたのかを振り返ってみる事にしました。■Imaginary Perception ピアノ音色メインのソロ活動。 ・アルバム 3枚目のアルバム「Luminous Stairway」を完成、発売する事が出来ました。これは本当に嬉しかった

続きを読む

2018年の抱負
2018年01月01日22:34

明けましておめでとうございます!昨年と同じく、2017年の振り返りよりも先に、今年2018年の抱負から書く事にします。昨年は色々な繋がりから充実した一年を過ごすことが出来ました。ありがとうございます!勢いそのままに、ひとつひとつに情熱を傾けながらも

続きを読む