ホーム > mixiユーザー(id:871510) > mixiユーザーの日記一覧 > 2015/08/21(金)Wuja bin bin / natsumen / 高円寺百景ライヴ@高円寺HIGH、其の二

mixiユーザー(id:871510)

2015年08月28日01:03

87 view

2015/08/21(金)Wuja bin bin / natsumen / 高円寺百景ライヴ@高円寺HIGH、其の二

■高円寺百景
ワンマンに比べて曲数が少ないのは仕方が無いものの、もっと聴きたかった、と思えるライヴでした。

CD未収録で、最近のライヴで演奏されている「新曲1」と「新曲2」も披露。
テンションノートの効いた浮遊感が独特な「新曲1」が特に好みです。

既存の曲も、お試し的に新しいアレンジ・パートが加わっていたり、ライヴならではの変化もありました。


邪悪な緊張感で畳み掛ける終盤が堪らない「Becttem Pollt」、5拍子に乗るリズミカルなユニゾンが圧巻な「Rattims Friezz」と、好きな曲が演奏されるとテンションが上がります。

「変拍子で踊ろう」と言う企画に合わせ、聴き慣れた曲で心地良く、体を揺らして聴きました。

・Becttem Pollt

http://www.youtube.com/watch?v=KnNm5ec-8AA


7拍子である事がMCでアナウンスされてから始まった「Rissenddo Rraimb」。
実際は色々な拍子に変わるのですが、特に、途中で入る3拍子のヴォーカルとのポリリズムは、仕掛けが分っていてもびっくり。
「何で演奏で7拍子を取りながら、3拍子で歌えるんだろう!?」と思いながら、自分はリフに合わせて7拍子側でリズムを取って楽しみました。

・Rissenddo Rraimb

http://www.youtube.com/watch?v=TjFn3G_uSko


■アンコール
各バンドのメンバーが集まって、有志での参加と言う形で、クラシック・メドレーを演奏。

ショートカット系のグラインド・コアや、ジャズのように、20曲近いと思われる有名曲を数秒ごとに繋いだ強引なメドレーは、さながら番組のザッピングのよう。

高円寺百景でのこのメドレーは観た事がありましたが、生の管楽器が入った今回のメンバー構成は、さらに素晴らしかったです。


早くも次のライヴが観たい気持ちです。


…終わる。

0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月28日 23:50
    名古屋で観ましたが、だいたい80分くらいでした。東京よりちょっと多い?感じでした。
    久々に観ましたが、やはり凄すぎですねー。ギター加入後初めてみましたが、入ってた方が断然よかったです。
    新曲は両方とも素晴らしく、ハードロック的なリフ入りの新曲2が良かったです。
    そして同じくRattims Friezzにテンションブチ上がりました!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月29日 01:56
    > mixiユーザー おお、行かれたんですね!
    こちらより長かったようで羨ましいです。ギター入りだとアレンジに幅が出るのと、東京ではやりませんでしたが「Nivraym」みたいな、元々ギターが印象的な曲が映えるのが良いです。

    新曲2も「このバンドでこれをやるのは、かえって新鮮!」って感じがして良いですよね。
    ヴォーカルのアドリブも格好良く聴こえました。(ワンマンの時の日記にその辺は書きました)

    「Rattims Friezz」は、イントロが静かで緊迫感のある感じなので、ラストまで辿りついた時のテンションも格別です(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031