ホーム > mixiユーザー(id:871510) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:871510)

日記一覧

「魔法のiらんど」がホームページやブログ機能を終了、小説投稿に特化したサイトに刷新するという記事を読みました。https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2003/31/news094.htmlまだ、SNSも無く、サイト作成も手打ちHTMLの人が多かった頃、カスタマイズで

続きを読む

平沢進氏のライヴはこれまでも観て来ましたが、今までで一番感動しました。深く広く追求し続けた自由な精神の形を感じて、途中からずっと眼がうるうるしておりました。三角形のシンボルの裏に映される長方形モニターのCGのデザインも、ライヴ自体のロゴも美し

続きを読む

TK from 凛として時雨ライヴの時に観て以来、やっとまた観る機会が来たosterreich。この日はツーマンで、最初に演奏したキタニタツヤ氏によるライヴは、後半に演奏されたエモーショナルな曲がいくつか好みでした。osterreichのライヴは、ステージが近く、大き

続きを読む

「deltarune」と「UNDERTALE」の楽曲のオーケストラ公演に行ってきた時の記録です。ゲームのストーリー構成になどらえて、プログラムも複数種類あり、自分が観たのは「Bプログラム The Other Side」と呼ばれるセットリストでした。最初は「deltarune」からの

続きを読む

■RAISE A SUILEN「DRIVE US CRAZY」冷ややかな質感のピアノ、キャッチーなサビ、ギターソロのハーモニーフレーズと聴きどころばかりの「DRIVE US CRAZY」。Bメロのブレイクダウン感や、中間のピアノソロフレーズも素晴らしい、カップリングと思えない、攻め

続きを読む

劇場版「Gのレコンギスタ」の第二部「ベルリ撃進」を観てきました。舞台挨拶の回に行って来ました。1作目に続いて、描かれているものを記号化させない情報量の豊かさが積み重なって、身体的にも共感できるような感じがとても好みです。それは例えば、何気無い

続きを読む

参加を予定していた、3/1(日)のM3 2020春ですが、新型コロナウイルス感染症の流行の可能性から、出展をキャンセルさせて頂くことと致しました。以前より告知していたイベントですが、ご了承くださいませ。M3 2020春への出展をキャンセルした際に、何か代わり

続きを読む

フルートロックバンド「キクラテメンシス」にて、2月に四谷SOUND CREEK Doppoにて、ptf さんとのツーマンライヴ、あっと言う間の密度の濃い時間、無事に終了致しました。ご来場頂いた皆さま、誠にありがとうございました!激しい曲、アコースティックな曲、長

続きを読む

安富歩、大西つねき 両氏の対談形式のイベントに行ってきた時の記録です。安富氏については、元を辿れば「原発話法」という欺瞞的なレトリックについて暴かれていた著書で興味を持ったのが始まりです。その後も、経済学からマイケル・ジャクソンまで、様々な

続きを読む

ロマサガシリーズのオーケストラ公演、夜の部に行って来ました。二階席だったので、正直音量に関しては惜しい環境だったのですが、たっぷり2時間半、ロマサガの音楽に浸ってきました。特に原曲からクラシカルなイメージの楽曲は「まさにこれ!」と言う印象で

続きを読む

2日目は「Dark Side」ということで、アルバム「METAL GALAXY」ディスク2のメタリックな選曲が中心のセットリスト。2日間観て完成する、コンセプチュアルなライヴでした。巨大モニターに映し出される映像のスケールも昨日同様大きく、この日はしっかりステージ

続きを読む

BABYMETALの幕張メッセ公演2DAYS、1日目を観てきた時の記録です。この日は映像でも流れた通り「Light Side」。アルバム「METAL GALAXY」のディスク1の通り、様々なジャンルを横断したり、明るめの盛り上がり曲の多いセットリストでした。MAXを意識したと言う

続きを読む

「フィンランドの田舎町に住む幼馴染み同士が、ノルウェーのメタルフェスを目指す!」と言うと一見普通ですが、メタラーあるあるネタや、バカバカしいけど愛のある笑い、一般向けにぬるくする気の無い演奏パート、予想外の展開と、一気に楽しめます。バンドメ

続きを読む

ガルパのナゾトキ街歩きゲーム、参加してクリア出来ました。街歩きということで、建物内だけで解くタイプと違って、スタート地点以降は実際に街に出て、様々なヒントを集めて、謎を解いて進んでいく趣向。作品やキャラクターの世界観に浸りながら、下北沢を歩

続きを読む

Day2と同じく、BABYMETALのライヴ終演後に隣のホールで観てきました。スト5のグランドファイナルのみでしたが、生で見届けることができました。マゴ(かりん) VS ナウマン(さくら)の対戦。途中にリセットを挟んでの、最後まで眼を離せない硬派な対戦、素晴らし

続きを読む

先にチケットを購入していたBABYMETALと同じ日だったので、行くのを諦めていたのですが、何と会場が同じ幕張メッセ!ということで、最後だけですが、BABYMETALのライヴが早めの時間帯に終わったので、隣のホールで観てきました。この日はフリーなのもあって気

続きを読む

年始の時間で、色々なものをゆっくり聴くことも出来た月でした。■Maison book girl「yume」間にインタールードを挟みながら、アルバム全曲を通して繋がったコンセプトアルバムです。感傷的で文学的な世界観、Reichなどを思わせる変拍子を用いた音楽性は他作

続きを読む

武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた「Afterglow スペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ」を観てきました。Afterglowを演じる声優さん5人全員が揃うのは、今回のトークイベントが初めてのこと。記念となる一夜でした。2部構成かと思いきやぶっ通

続きを読む

映画館にて、パスパレ特別公演のライブビューイングを観てきました。Raisu A SuilenのライヴにゲストVoで出演した時とは異なり、今回はオケを流して基本的にソロヴォーカルでのライヴでした。個人的には音圧が恋しかったのもありますが、ストレートにアイドル

続きを読む

武蔵野の森総合スポーツプラザにて、Roseliaのワンマンライヴ「Rausch」を観てきました。基本セットリストは、前回と同じですが、それがこの時点での完成形と言えるほど良いので、今回は集大成のイメージでした。「Neo-Aspect」、「BRAVE JEWEL」、「FIRE BIR

続きを読む

フルートロックバンド「キクラテメンシス」にて、2月に四谷SOUND CREEK Doppoにて、ptf さんとのツーマンライヴに出演が決まっています!アルバム「碧の幻想曲」の楽曲はもちろん、昨年のレコーディング合宿で録った新曲、さらなる新曲の披露も!?どんな一夜

続きを読む

アズキボタンさんによるChrono Crossの楽曲を演奏するライヴ「ただひとつの想いを、あなたに手渡したくて」に行ってきました。ヴァイオリンとフルート等が主にリードメロディを取るアレンジのため、「溺れ谷」などが予想外に格好良かったです。みとせのりこ

続きを読む

■妖精帝國フェスだからとか関係無く、ワンマン並みに攻めた激しいセットリストでした。盛り上がりも当然凄く、10代から60代(!)までのオーディエンスで終始熱かったです。1曲目が自分が妖精帝國にハマったきっかけの「Mischievous of Alice」だった時点で、

続きを読む

3アーティスト出演の「ELECTORONIC EMPIRE FEST. Vol.0.1」Day2に行ってきた記録です。2日続けて4時間強のライヴ、疲れ果てましたが、充実感も凄かったです。■Phantom Excaliver名前は前から知っていたのですが初めて観ました。YouTubeの公式動画で予習して

続きを読む

■電気式華憐音楽集団3バンド目でトリながら、ワンマン並みのフルセットだったので、嬉しいことに力尽きました。速さや重さに加えて、「Phantasmagory」、「殺戮の系譜」、「E.E.L.S.」などキャッチーさも多いのがとても好み。初期の名曲「Sudden Death R99

続きを読む

2020年最初のライヴは、3アーティスト出演の「ELECTORONIC EMPIRE FEST. Vol.0.1」Day1でした。ICDD、矢島舞依、電気式華憐音楽集団と言う、音楽的にも世界観も重なる所のあるメンツで、お腹いっぱい。ここまで焦点が合った組み合わせは滅多に無いのではと感

続きを読む

後半5枚です。■志方あきこ「あやし」妖しい世界観、美しい色使い、紙質。まず、装丁の美しさに心を惹かれます。「和」として描かれる表現は、どこか懐かしく、寂しく、優しい感じ。アンビエントな打ち込みとヘヴィなギターの組み合わせが素晴らしい「御停め

続きを読む

日本のアーティストの音楽を聴く頻度もとても多い一年でした。前半6枚、後半5枚、計11枚です。■八十八ヶ所巡礼「凍狂」鳥肌の立つ格好良さの「幽楽町線」、洗練されていながら、濃さ、深さを感じる「紫光」など、独特な魅力にどっぷりハマりました。タイトル

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。