mixiユーザー(id:8712738)

2016年01月20日05:33

3344 view

アメリカの終焉、2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される!

 今までの常識、定説、成功体験、肩書き、学歴など全て通じない時代になると書いていた通りの時代になりました!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/256338249.html

 不正選挙で捏造、作られた安倍再首相、安倍再自公政権は民主党の菅、野田政権時より悪くなると書いていた通りになって来た!
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/379715886.html

 ドル体制の崩壊、アメリカの時代は終ったのに日米の深化だと従米、隷属の安倍晋三、安倍自民党らに任せていて良いのか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=8712738&id=1940115998

 アメリカやNATOらの時代は終わった! 地政学的に沖縄に米軍基地が必要、その固定観念、洗脳から卒業すべきじゃないのか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1948321857&owner_id=8712738

 と言ったことを書いていた通りでーー

 アメリカボケ、自民党ボケの人達や安倍ヨイショの偏向報道を繰り返すNHKや大マスコミ報道を鵜呑みする軽佻浮薄、ミーハーの人達には歴史が動き、パラダイムシフトしているが理解出来ないらしい。

 戦後70年、アメリカの終焉がはっきり見え、「2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される」のが其処に来たようだ。

 以下を読めば理解出来るんじゃないかと思うのでよく読んで欲しい。

 ロン・ポールの警告「2016年2月19日 ドル完全崩壊」(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/572.html

株価1万4500円予想も 底なし東京市場を襲うさらなる暴落(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/516.html

ロイ・米株は更に20%下落。電子商取引時代にNYに市場がある必要はなく、フィンテック時代は市場自体が不要です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/562.html

ドル詐欺原油29ドル、ポンド詐欺原油28ドル、採掘コストは3ドル、貴金属も同じで、希少詐欺でピンハネしてきた訳です。
http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/561.html

以前、宝石鑑定士の資格を持つ友人が冗談とも本気ともつかない言い方で、ダイヤを掘りすぎたら埋め戻すとか海に捨てるとか言っていたのを思い出しますが、今ならそうだわなあと合点がいきます。
子供の頃はバナナがやたら高かった世代ですが、バナナもくそじじいが買い占め売り惜しみで吊り上げていたのだと思いますが、原油枯渇詐欺もバレて、温暖化詐欺もバレて、戦争詐欺もやりにくくなって、エレベーターガールみたいに軒並み下へ参りまーすという感じな訳ですが、よくも粗利を何十倍も上乗せしてきたものです。
また、代替やフリエネを妨害しまくってきたもので、腐り果てた性根に呆れてしまいます。
しかし、連中の詐欺ももうネタ切れで、一応、天体詐欺はやらないと気が済まぬようで、宇宙パチンコの神の杖兵器は準備しているようですが、大恐慌詐欺の方は、爆買いと原油バーゲンセールに押されて、とても恐怖やパニックを起こせる雰囲気ではなく、ダマスゴミの大騒ぎも余計にしらけを誘います。
もう、連中が何を繰り出してきても、連中の性根に世界中が立腹していますから、仏教過激派を登場させようが、お空にお絵描き兵器を使おうが、今までぼろ儲けしてきた分耳を揃えて返せやー、アトラクションとか余計なサービス要らねえから金返せで国際世論が収斂されてきており、ダマスゴミに正反対の事騒がせるのももうやめろやーという感じで、怒り疲れた人類を騙す妙案は尽きたと考えられます。
私も、連中がどんな嘘をつくのか予想するのも飽きてきましたが、一番は、非正規より学歴の劣る馬鹿を首相や官房長官や若手のホープに据えて、それでよしとして手を打とうとしないくそじじいに、先代はそこまで日本人をなめてなかったぜ、先代までは日本人を仮想敵から外さなかったけれども、小泉詐欺で上場企業の株を押さえた辺りから油断が過ぎねえか、少しは中国みたいに現場を押さえる位の汗を流したらどうなんだ、ライシャワー・トインビークラスのスパイが一人もいなくなっちゃったじゃねえか、いくらなんでも世の中なめすぎじゃね、自分が出来ない事を人工知能にやらせると寝首かかれるぜ、と説教する機会があったら言いたい位ですが、本当に三代目馬鹿社長みたいなくそじじいは、所詮、泥棒の子供ですが、それにしても親の心子知らずといった感じで、大日本優良父兄協会のスケベ部門の長としては、こんな親不孝なくそじじいはいないと親馬鹿のような気持ちになりますが、極悪だった先代まではどうやって泥棒稼業が成り立っていたかが少しは分かっていたようですが、くそじじいときたら何がしたくて人類を完全支配したいのか分からず、ガキと同じところが無性に腹が立つ訳ですが、要は馬鹿過ぎるという事です。

 こんなことなどをアメリカボケ、自民党ボケ、更にはアメリカの広報機関のNHKや大マスコミらの報道を鵜呑みしている人達には以下のことも理解出来ないようだ。

 ロン・ポールの警告「2016年2月19日 ドル完全崩壊」(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/572.html

 のコメント、佐助さんの言っていることが正論だろうと思う。

 1. 佐助[3265] jbKPlQ 2016年1月18日 23:10:58 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[269]

 2007〜10年にスタートしている第二次世界金融大恐慌は、ドル一極からユーロ・円三極への移行が根因。これを認識し対策しないからです。
2006年のときは、米国金融指導者は、ノーベル経済学者のファンドの破産や架空エネルギー売買会社エンロンの破綻が自国と世界に波及しないように、どうやら強制的に架空のデリバティブ契約は手打ちにし、破産取立てを遅延させることに成功した。その結果、米国の株式市場のバブル波及範囲は限定され、世界への波及が阻止された。この信頼感の獲得によって、米国株式市場は、世界の投機資金を再び集中させることに成功した。

だが信頼感などが永遠につづいたためしはない。バブルは、信頼感を崩壊させる事件を連続させる。そのため、世界で膨張する巨大なドルのマグマは、地震や火山の爆発のように、出口を求めて徘徊する。

今回は金融商品や日常生活商品のバブルに巻き込まれて損しなかった貧乏人も、あらゆる経済指数(生産・販売・雇用・投資・貿易)が三分の一以下に激減する世界的金融大恐慌の影響から逃れることはできない。

不動産価値で支えていた有名企業は、日本政府のてこ入れにもかかわらず、地方の不動産企業は消滅する。そして、生き残った企業も、既存店の売上や国内販売の売上高の低下を解消できないまま、経済指数三分の一以下という長期不況に突入しなければならない。さらに日本のあぐらをかいた大企業の消失劇が始まる。

第二次世界金融大恐慌や世界経済全体に波及するバブルの発生なんて、想像することができない! 確かに、バブル的匂いはするが、いずれの国も、前回のバブルの体験から、賢くなっているハズだ。万が一破裂しても、その影響は限定され、景気は軟着陸できるに違いない。そう、世界のエコノミストたちがそう考えるのも無理はない。

第二次世界金融大恐慌のスタートが、2007〜10年に不可避だったのは、人間がバブルに巻き込まれ財産を失うのも、ムズムズ(機会損失)の心理法則に支配されるためだ。

一国の景気循環は、長期の景気下降期には、三年半前後の景気の山と一年前後の谷の長さが反転し、山は一年前後しか回復することができない。長期の景気上昇期は、山が三年半前後と長く、谷は一年前後と短い。そのため、「不景気の時こそ先行投資せよ」と思考し行動する経営者が成功をおさめることができた。だがスーパーバブルによる長期の景気下降期には、この経験則は全く通用しない。日本は自殺や飢餓や失業や倒産から逃れられない。
1 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月20日 05:37
    ドル体制の崩壊、アメリカの時代は終ったのに日米の深化だと従米、隷属の安倍晋三、安倍自民党らに任せていて良いのか?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949670802&owner_id=8712738 アメリカの終焉、2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月20日 05:48
    米株は更に20%下落。電子商取引時代にNYに市場がある必要はなく、フィンテック時代は市場自体が不要ですhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949670802&owner_id=8712738 アメリカボケ、自民党ボケの人達やNHKや大マスコミ報道を鵜呑みする人達には歴史が動き、パラダイムシフトしているが理解出来ないらしい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月20日 06:43
     18世紀前半,産業革命前夜のイギリスで,二つの架空旅行記が出版された。 
    http://www.koubourico.natsu.gs/_tC4vsk8.html

     非国教徒のジャーナリストであったデフォーの『ロビンソン・クルーソー』 と,アイルランドの首都ダブリンの国教会主席司祭であったスウィフトの『ガリヴァー旅行記』である。この二作品からは,イギリス産業革命と資本主義形成の要因を読み取ることができる。

      『ロビンソン・クルーソー』は,産業革命期のイギリスにおける「市民階級の聖書」であった。『ロビンソン・クルーソー』において,無人島に漂着したロビンソン=クルーソーが信仰に目覚め,創意工夫を重ねて生活を改善していく生き方は,「自助努力」をモットーとするイギリス中流階級の価値観を代弁していた。「経済学はロビンソン物語を愛好する」と『資本論』で述べたのはカール・マルクスであるが,近代経済学はロビンソン・クルーソーに,利潤を最大にするため合理的に行動する「経済人」の典型を見出し,ドイツの社会学者マックス・ヴェーヴァーも,プロテスタンティズムの倫理に基づいて行動するロビンソン・クルーソーに資本主義的人間の典型を見た。イギリス中流階級のこのような行動原理を,イギリスの資本主義発達の背景の一つに数えても良いだろう。

     それに対してスウィフトの『ガリヴァー旅行記』は,当時のイギリスの政治・社会に対する仮借無き批判の書であり,ついには西欧文明と人間存在そのものへの否定と向かう。スウィフトは,天空の島ラピュータが登場することで有名な『ガリヴァー旅行記』第三編において,「あらゆる技能,学問,言語,技術を根底からやり直し,新しい基盤によって作り上げる」新生活運動が国王の詔勅を得た企画研究所によって主導され,国民全体が技術革新に熱中する架空の国の狂態を,嘲笑を込めて描き出す。

    これらの研究機関では,教授たちは農業や建築術の新しい法則と方法だとか, あらゆる商業や工業に必要な新しい機械や道具だとか,の開発に夢中になった。もしこれらが開発されたら,一人で十人分の仕事ができる。宮殿だって一週間でできる,修理を加えなくても永久に保つ耐久力の強い材料を使えば,そんなことは朝飯前だ。地上のあらゆる果樹もわれわれが適当と思う季節に実をならせ,しかも現在の百倍も生産高を上げることができる。ざっとこういうのが彼らの言い分であった。(岩波文庫版p.245)

     そこでは,旧態依然たる生活を続けようとする貴族は,「技術革新の敵として,祖国の全般的向上よりも自分の安逸と怠惰を優先させる無知で唾棄すべき国民として,みんなから軽蔑と憎悪の目をもって眺められて」いる。スウィフトは風刺したが,当時イギリスに存在したこのような技術革新への熱狂こそが,産業革命期の様々な発明を生みだす原動力となったことは否定できない。

     さらに,この2作品が執筆され,人気を博した背景には,重商主義政策を推進していた当時のイギリスで,航海事業や海外事情に関する関心が高まっていたことがあげられる。実際,ロビンソン・クルーソーは,プランテーションを経営し,労働力たる黒人奴隷を獲得しようとして船出して難破した人物として設定されている。一方,『ガリヴァー旅行記』に込められたイギリス社会批判の背景には,アイルランドの産業を制限し,独自の貿易を行う権限を制限し,アイルランドをイギリス製品の市場として搾取するイングランド政府の重商主義政策に対するスイフトの憤りがあったとされる。

     両書の方向は,ここでも真逆であるが,肯定的に捉えるにせよ,否定的に捉えるにせよ,重商主義政策に基づく植民地帝国の建設こそが,イギリス資本主義の発展と産業革命に決定的な基盤を提供するのである。植民地への輸出を背景に各種産業が成長し,産業革命の担い手たる中流階級の台頭を準備した。フランスとの植民地戦争に際し,大量の国債が発行されたことは,ロンドンの金融業者と支配階層である地主貴族層(ジェントルマン)の提携・融合を促した。さらに植民地との貿易の拡大は,ジェントルマン資本家と言われる上流階級の巨大な資産が,海上保険や長期信用の提供などの国際金融によって運営され,増大することを意味した。
                            続く
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月20日 06:43
                 続き

      事情は,重商主義から自由貿易主義に転換した19世紀についても同様である。イギリスは,インドなど「公式の帝国」への支配を強化しつつ,中南米や,中東,東アジアなどの低開発地域に,不平等条約に基づく自由貿易を強制してイギリス工業製品の市場及び一次産品の供給地としてイギリスを中心とする国際分業体制に組み込み,「非公式の帝国」として従属下に置いた。例えばエジプトでは実質経費140万ポンドのアレクサンドリア港の港湾工事をイギリス企業が250万ポンドで受注し,しかもその経費の多くはイギリスの銀行が購入した高金利の外債でまかなわれた。(竹内幸雄『イギリス人の帝国』,ミネルヴァ書房,2000)。中流階級が担う「世界の工場」としてのイギリス,上流階級の資産を背景とする「世界の銀行」としてのイギリスの繁栄は,ともにこのような「帝国」の存在によって担保されていたのである。もちろんそれは,イギリスによって踏みにじられたスウィフトの故郷アイルランドと同様の貧困を,世界に拡大していくことでもあったのだが。

     しかし,イギリス資本主義のこのような特徴は,後発の資本主義諸国の追いあげに際しては弱点ともなった。軽工業から重化学工業へと産業構造の転換を促した19世紀後半からの第二次産業革命は,自然科学の成果の技術分野への応用を特徴とした。ドイツなどの後発国では産業育成のための投資銀行や,技術者育成のための工科大学と企業内研究所の設立が進むとともに,株式会社形式の独占企業が成長して,工場施設や研究開発に必要な巨額の資金の調達を可能とした。それに対してイギリスの企業は同族経営の小企業が多く,投資銀行や証券市場からの資金調達に消極的であり,イギリスの金融資本もまた,国内産業への投資よりも,海外投資を重視しがちであった。イギリスの工場経営者は現場の熟練工による創意工夫を重視するあまり,専門的な科学技術研究の成果を軽んじる傾向があった。従って第二次産業革命を特徴づける電機,化学,自動車などの新興分野にイギリスは乗り遅れてしまった。一方で伝統的なイギリス綿工業は,インドや中国などのアジアの輸出市場で,安価な労働力を武器に台頭した現地の民族資本と,19世紀末から軽工業中心に工業化を進めた日本の綿工業の挑戦を受けた。かくして世界の工場としての地位を脅かされた1870年代以降のイギリスは,世界の銀行としての権益の維持と拡大をはかって帝国主義の時代に突入していくことになる。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月20日 06:55
    何故日本のテレビは大事な事を報じず,どうでも良いようなことを何度も垂れ流すんだろうね?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949648489&owner_id=8712738 ベッキー不倫、SMAP揉めて騒いで・・その間に安倍総理コッソリ公表『年金運用 最大損失額21兆5千億円http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/845.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月21日 14:42
    実弾売り(日経平均 632円急落) (NEVADAブログ)
    http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/631.html

    ≪ハイ!死んだ!≫ベッキー不倫、SMAP揉めて騒いで・・その間に安倍総理コッソリ公表『年金運用 最大損失額21兆5千億円
    http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/845.html

    さらに暴落相場が続くようであれば、巨額の年金運用損が発生する。総理や閣僚の進退問題などでは済まない。 小沢一郎(事務所)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/881.html

    〈スクープ速報〉衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」(週刊文春)
    http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/876.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月21日 14:45
    1. 2016年1月20日 18:16:24 : 3Wm5AwnD3s : fv7RDGLXXZs[1]

    下記は 2007年の記事。
    『2008年 世界恐慌−−米中“基軸経済”の崩壊』 週刊エコノミスト
     米国のバブル崩壊と中国の工場倒産で米中経済同盟の共倒れが来る
      2007年12月27日 木曜日 株式日記と経済展望
      http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/05326ebf124df1c49591f48321335f9e

    米国のサブプライム・ローン問題が ネット上で論議を呼んでいた。

    「実は CBが かなりヤバいらしいよ」
    「デヴィッド・ロックフェラー氏が天皇陛下との謁見を要請したって?」
    「古歩道氏が デヴィッドに突撃インタビュー ...」「なぬっ!...」

    ってな調子でした。
    その翌年2008年に リーマン・ショックが ...
    とはいえ 今よりは 余裕が 有ったんじゃないかねぇ。

    もう 来るとこまで来ちゃったて事?
      http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0ad81f1b770e0ad2a2a4600b6fac23ef

    やっぱり あの金塊で ...
      http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/70


    2. 佐助[3281] jbKPlQ 2016年1月20日 18:17:46 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[285]

    世界の基軸通貨が金とのリンクを維持すれば、世界の通貨交換(為替)は安定する。だが、金とのリンクを停止すると、世界の通貨交換は金の枠組みから自由となり、為替はフロートになる。すると、各国の通貨は膨脹しバブルとなる。この繰り返しです。
    世界信用縮小恐慌の収束を、古い経済学の常識にまかせたので、三年ごとに三段階で世界と各国の信用が縮小し、2017年までには、株式市場・為替市場・銀行窓口の一時閉鎖が避けられなくなること。その世界経済の傷口が回復するのに、2025 年までかかります。

    今回は円が一ドル60 円台を越えるか、欧州連合の一国で債券がデフォルトされるか、新興国のバブルが弾けなければ、収束しない。それは現在進行形の第二次世界恐慌は、今回はドル・ユーロ・円が、世界の75%の金とリンクすることで収束できるからです。だが米国の政治と経済の指導者は、金とリンクすることを決意しない。そのために三年すると世界の通貨と信用は、再び不安定になります。そのために悲劇的な激震はさけられない。

    過去の記録が簡単に破られます。1929年の世界恐慌と1987年のNY大暴落と2008年のリーマンショックの記録も、簡単に塗り替えられる。

    2008 年のリーマンショック後も、世界の政治と経済の指導者は、自国の農業畜海産と対外競争力の低い中小企業を犠牲にしても、関税障壁を低くし、外資を導入し、土地や株のバブルを復活させれば、恐慌にはならない、と確信しているのです。これが致命傷になる。

    もちろん元は中国解体とバブル作裂と、シーラカンス銀行のデフォルトの三つの危機に直面しているが,「米国FRBの利上げ」「原油安」「EU債券のデフォルト」「新興国のバブル崩壊」「地政学的リスク」など,これから周期的にやってきます。

    そして一党独裁支配制を採用した、社会主義国家中国の自壊,石油輸出国も、民衆蜂起によって指導者層は分裂し、自壊することを避けるのは難しい。

    さらに一党独裁下の国家・企業・個人が、利己的に防衛思考し行動する法則の作用から逃れることはできない。資本主義国家でも、官僚支配するビジネスに参加するにはコネと賄賂が絶対必要である。社会主義政治体制は官僚支配なので、どんな開放政策にも認可権がつきまとう。そのため、自由経済システムそのものも腐敗
    堕落が避けられない。など次々とやってきます。

    本当の原因が分かり、解決できない現象は、この世の中にはありません。ところが、脳と心の物理設計には、「結果を原因に倒置する経験回路(この神経回路で、動物は行動を修正し生命を維持しています)をもつため、目先だけを認識し、本当の根因が見えません。そのため、政治家は慌てて目の前に見える現象を原因だと錯覚し、間違った対処法をします。まあ嘘だと思うでしょうが,少しでも助かる人が増えることを祈ります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月21日 14:49
    カレ・ロン・219ドル完全崩壊。借金踏み倒し通貨アメロ登場観測。中露のア銀と原油無料化政策が世界を守ります。
    http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/567.html

    板垣・降板アナが安倍に逆襲、参謀が安倍離れ、副島・五月にまた下痢で退陣。小沢に完敗した馬鹿の再起用は無理があり過ぎでした
    http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/569.html

    世界の金融、経済の動きに大きな変化が見られる。流れは急激に変わった〜先進国の国債自身の暴落が近づいている/副島隆彦
    http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/566.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月21日 15:15
    カレ・ロン・219ドル完全崩壊。借金踏み倒し通貨アメロ登場観測。中露のア銀と原油無料化政策が世界を守ります。
    http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/567.html
    投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 1 月 20 日 08:30:00: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8

    中露が、戦争詐欺と原油吊り上げ詐欺を潰した上でのドル詐欺崩壊なので、ハイパーインフレによるチャラという手法は取れず、利鞘族の破綻とトンズラと我々も借金踏み倒しは食らうでしょうが、宇宙人詐欺や隕石詐欺とセットの大恐慌詐欺は阻止できたようで、上々です。
    我が家も親族のお荷物を追い出すのに、泥棒に追い銭みたいな事を強いられていますが、損切りがベストで、その金を惜しむとお荷物を抱え続ける事になり、生きた損だと考えていますが、ドル詐欺も同じで、実体経済のあらかたを守れれば、大損や丸損は大した事ではありません。
    ヒモを切るという事はそういう事で、いわゆる手切れ金をけちってはいけません。
    幸い、若手を中心に架空経済が飛ぶと実体経済がどれだけ棄損させられるのかアバウトにファジーに全員が何となく把握している中で、ドル詐欺のバレバレの大恐慌詐欺がトライされるので、百年前のような事にはならず、ダマスゴミが世界は終りだーと煽っても、ピンハネ族が飛ぶだけだろうがー、勝手に飛びます飛びますしろやー、もったいねーけど香典は惜しまねーぜみたいな覚悟が感じられるのと、その中で電気代とガソリン代が激安になるのは不幸中の幸いなのよねー、ジンバブエみたいにならないのが本当に助かるのよねーという感じの痛み止めになる訳ですが、中露とイランの肉を切らせてドルを断つ横綱相撲に感謝しなければいけません。
    そして、ここで何度も書いているように、少しばかり自信を持って、今回も儲けるチャンスだと考えている馬鹿は、自分より優秀な者が手を引く相場である事をよく考えて、馬鹿なのだから自分も今のうちに手を引く事で、後で想定外の事が起きるのズルいよーとか泣き言は言わぬ事で、八百長賭場は馬鹿の金は全部巻き上げますから、低い自信は捨てて、足を洗う事です。
    と言っても、馬鹿だから、俺は大丈夫とスッテンテンになるのだと思いますが、その先も書いておくと、ホームレスになった後に、死にたくなると思いますが、炊き出しに並んで温かいご飯を食べて、もう一度真面目に働こうと考える事です。
    くどいですが、自信過剰な馬鹿が勝てる相場ではありません。  
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月13日 13:29
    アメリカの終焉、2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される!http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949670802&owner_id=8712738 株価暴落で憶測飛び交う…戦慄「2.16預金封鎖」の現実味http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/195.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月13日 13:30
    日銀「最後の禁じ手」も一時しのぎ アベノミクスの断末魔、外資と言う名の日本の金で作られた株高は終った!http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950010089&owner_id=8712738 株価暴落で憶測飛び交う…戦慄「2.16預金封鎖」の現実味http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/195.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月19日 11:00
    アメリカの終焉、2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される!http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1949670802&owner_id=8712738 >WSJ・三分の一が倒産する。枯渇詐欺と中東戦争詐欺でつり上げてきた企業が倒産するのは当然、代替とフリエネの時代http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/657.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月12日 06:00
    米ドル崩壊が本年11月中頃から起きて金融恐慌から米経済が崩壊する 新内戦がNY州から全米へ拡大 米新人民革命が勝利する 世界金融恐慌へ発展 地球新人民革命が勝利する 
    2016.11.2
      米国の各種サイトは最近、米経済の崩壊が近いと頻繁に叫んでいる。
      創造主らからの知らせによれば、米国でドル崩壊が11.14〜15頃から起きて、金融恐慌になり、米経済が崩壊する。
      米人口3億5410万人の29%=1億300万人が貧困者で(国家自殺防止局発表)、貧困水準以下の人は人口の16%=5,666万人だ。貧困者用のFood stamp受給者はオバマの08年大統領就任時の3,200万人から格差拡大・中間層崩壊で1,579万人増えて4,779万人に増大した。2,020万人が収入の半分以上を住宅費に支出していて、30歳以下の子供のいる青年の37%が貧困者だ(Newsland.ru2014.10.4発表)。米人口の25%=8,852万人が精神病患者だ(AMA:米医学協会2011.8発表)。米国の192都市が財政破綻で国連の管理下にある。これらは、野蛮で腐敗した資本制金権奴隷支配の総本山USAでのTyranny:暴虐支配体制の結果だ。米日同盟はこうした対日暴虐支配同盟だ。
      米国では、1億5,000万人の銃所有者が3億丁の銃を所有している(Before It's Newsサイト)。オバマによる銃規制は挫折した。
      こうした情勢下で、前述したように各種米サイトの予測通りに、また創造主らの知らせ通りに米ドル崩壊が2016.11中頃から起きて、金融恐慌になって、米経済が崩壊する。新内戦がNY州から始まって全米に広がる。その過程で連邦軍と各州の民兵の大部分が内戦と新革命の側に移って、アメリカ新人民革命が勝利する。
      それは世界金融恐慌に発展して、新地球人民革命が起きる。しかしそれを、旧ソ連や現中國等のように、国家資本主義だった所謂「社会主義」へ歪曲してはならない。創造主らの天命と惑星発展法則に従って、銀河惑星連合参加の約2万の先進文明惑星に続いて、万事無償奉仕の新地球社会を実現しなければならない。さもないと、創造主らによる地球大掃除と地球消滅が切迫している。 
    http://blog.livedoor.jp/tatsmaki  
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月13日 03:50
    > mixiユーザー コメントありがとうございます。コメント書きかけたらインターセプトが入り、書き込みできないのです。残念です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する