mixiユーザー(id:8712738)

2015年11月23日08:52

1599 view

この国は、激烈な多病・多死社会に突入した。 有名人が次から次と亡くなってます、外遊に逃げる安倍くんは大丈夫?

 北の湖理事長が、直腸がん・多臓器不全で急死し、角界のみならずスポーツ界全体に
衝撃が拡がっている。 東京オリンピックは大丈夫?

 東日本に降り注いだ放射性物質 除染で回収されたものの割合 「3.33%」。。 ↓ つまり、 降下した放射性物質の大半は、『除染』では集めることも処理することも出来ない。https://twitter.com/karitoshi2011/status/668045875470471168

 有名人が次から次と亡くなってます、外遊に明け暮れる安倍さんは大丈夫なの?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1947989070&owner_id=8712738
                 2015年11月20日21:38
             全体に公開 みんなの日記 250 view.

元横綱・北の湖理事長が死去
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3722751

 北の海理事長死去http://nhk.jp/N4MJ4KK1飯山・直近三ヶ月の訃報。女子アナ、慶大前監督、大物役者、ポスト・安倍のむくみ顔と首のこぶ。東京は捨てる事ですhttp://www.asyura2.com/15/cult15/msg/379.html放射能の影響?阿藤快は大報道、何故(北の海の件は)沈黙なの?
                 続く―――以下省略

 と書いた。 また 

 参考に

 この国は、激烈な多病・多死社会に突入した。
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/352.html

著名人の死は隠せないが、無名の方々の死は見えない。
「人がいない!」 と気づくこともなく、気づく時は全てが手遅れ。

有名人が一人亡くなる氷山の下には、その何百倍の死がある。
下は過去3ヶ月間に亡くなられた有名人の方々。氷山の一角だ。
 
 と書いているが、多くの著名人が、政治家がと亡くなっているが無名の方々の死亡は夥しく火葬場や葬祭式場が足りないとか言ってましたよね?

 時に

 東京オリンピックは大丈夫? 開催出来る?

 また以下に転載する「角界にも忍び寄る放射能の影響 増える訃報と休場力士」を読んで如何思われますでしょうか?
 
 角界にも忍び寄る放射能の影響 増える訃報と休場力士
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/373.html

 北の湖理事長が、直腸がん・多臓器不全で急死し、角界のみならずスポーツ界全体に
衝撃が拡がっている。

2011年以降の元力士の訃報を調べてみた。

2010年までは亡くなる人は毎年3、4名だった。
福島原発事故以降、増加しているのは明らかである。

放射能被ばくの影響が強く疑われる。

[2015年]
北の湖理事長 62歳  直腸がん・多臓器不全  2015/11/20
琉王優貴 70歳 脳梗塞 2015/6/28
大倭東洋 44歳 2015/6/24
音羽山親方(元大関貴ノ浪) 43歳  急性心不全 2015/6/20

[2014年]
若秩父高明 75歳 2014/9/16
龍虎 74才 心筋梗塞 2014/8/29
双津竜 順一 64歳 肺がん 2014/8/12
金剛 正裕 65歳 2014/8/12
魁傑、放駒親方  66歳 虚血性心疾患 2014/5/18 
追風山裕邦 75歳 急死 2014/1/2

[2013年]
武哲山剛 42歳 心不全 2013/7/20
津軽海伝蔵 85歳  多臓器不全 2013/7/14
天津風征夫 75歳 心筋梗塞 2013/4/30
王湖伊津男 56歳 肺炎 2013/4/24
元横綱・大鵬  74歳 心室頻拍 2013/1/19 
鳳凰倶往 56歳  心臓疾患 2013/1/16

[2012年]
大富士慶二 54歳 脳梗塞 2012/10/14
一錦周之助 先代友綱親方  88歳 肺炎  2012/7/20
大心昇 74歳 心不全 2012/3/20
芳野嶺元志 80歳  脳梗塞  2012/2/17
久島海啓太  田子ノ浦親方 虚血性心不全 46歳 2012/2/13
栃纒勇光  52歳 敗血症 2012/1/7

[2011年]
隆の里 鳴戸親方 59歳  急性呼吸不全 2011/11/7  
若瀬川剛充 49歳 2011/10/8 
羽島山昌乃武 89歳 心筋梗塞 2011/6/13
若鳴門清海 72歳 心不全 2011/4/18  


現役力士のケガや病気はどうであろうか。2015年に休場した力士をざっと調べてみた。

琴奨菊が左すね痛め休場 大砂嵐、豊ノ島も相次ぎ (スポニチ 2015/11/21)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/21/kiji/K20151121011548430.html

十両阿武咲が休場 玉飛鳥戦で左足靱帯損傷 (日刊スポーツ 2015/11/18)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1567707.html

元大関親方2人が照ノ富士に“休場勧告” (livedoor news 2015/11/17)
http://news.livedoor.com/article/detail/10841996/

休場の時天空、肋骨骨折で全治2か月 (スポーツ報知 2015/11/8)
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20151108-OHT1T50083.html

照ノ富士「(音が)ありました」右膝靱帯損傷か (日刊スポーツ 2015/9/26)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1543947.html

西十両筆頭の千代丸が休場 右肩鎖関節捻挫 (日刊スポーツ 2015/9/21)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1541733.html

高安が左下腿筋挫傷などで休場 逸ノ城戦で痛める (日刊スポーツ 2015/9/16)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1538986.html

白鵬休場「左大腿四頭筋腱炎」で加療4週間見込み (スポニチ 2015/9/15)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/15/kiji/K20150915011136290.html

錣山審判委員が休場 元関脇寺尾、不整脈で 現役時代からの持病 (スポニチ 2015/9/14)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/14/kiji/K20150914011132130.html

横綱白鵬は休場へ 初日から2連敗、左膝痛で (産経新聞 2015/9/14)
http://www.sankei.com/sports/news/150914/spo1509140031-n1.html

日馬富士が右肘故障で秋場所休場 (日刊スポーツ 2015/9/12)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1536909.html

千代大龍、勝ち越し決めた取組で左足負傷し休場 (日刊スポーツ 2015/7/23)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1511621.html

日馬富士が初日の対戦で右肘靭帯損傷し休場 (日刊スポーツ 2015/7/14)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1506757.html

九重親方、内臓疾患で休場=大相撲名古屋場所初日 (時事通信 2015/7/12)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150712-00000087-jij-spo

照ノ富士が疲労ダウン 蜂窩織炎で点滴 (日刊スポーツ 2015/6/18)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1493874.html

豪栄道休場 白鵬戦で左肩2カ所亀裂骨折 (スポニチ 2015/5/24)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/05/24/kiji/K20150524010407000.html

幕内蒼国来が休場 脳振とう、右眼窩内側壁骨折 4日目の徳勝龍戦で負傷 (産経新聞 2015/5/14)
http://www.sankei.com/sports/news/150514/spo1505140021-n1.html

千代鳳、左膝負傷で休場 (産経ニュース 2015/5/11)
http://www.sankei.com/sports/news/150511/spo1505110033-n1.html

横綱鶴竜が2場所連続休場 左肩けが完治せず (朝日新聞 2015/5/7)
http://www.asahi.com/articles/ASH575KG6H57UTQP016.html

尾車部長「ちょっとなあ…」ケガで春巡業休場者続出 (日刊スポーツ 2015/3/29)
http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1453980.html

照ノ富士 2敗目喫し後退 下痢に悩まされ「動いたらヤバイ」 (スポニチ 2015/3/19)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/03/19/kiji/K20150319010008350.html

安美錦が休場 徳勝龍戦で右ひざ負傷 大相撲春場所 (朝日新聞 2015/3/18)
http://www.asahi.com/articles/ASH3L3603H3LUTQP00B.html

琴勇輝が急性腸炎で休場 (デイリースポーツ 2015/3/15)
http://www.daily.co.jp/newsflash/sumo/2015/03/15/0007822115.shtml

十両双大竜が休場、じんましん様血管炎の疑い 通算2度目 (スポニチ 2015/3/14)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/03/14/kiji/K20150314009979840.html

遠藤、左膝重傷で休場確実 半月板損傷など全治2カ月 (スポニチ 2015/3/12)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/03/12/kiji/K20150312009969640.html

新関脇隠岐の海 左ふくらはぎ痛め休場 (スポニチ 2015/3/11)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/03/11/kiji/K20150311009959410.html

横綱鶴竜が春場所休場 左肩負傷、逸ノ城は不戦勝 (日経新聞 2015/3/8)
http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00103_Y5A300C1000000/

琴滝川、右肩脱臼骨折で春場所休場も「途中出場できるように頑張ります」 (スポーツ報知 2015/3/5)
http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20150305-OHT1T50116.html

大砂嵐が入院、リンゴ病か…稽古できず春場所に影響必至 (スポニチアネックス 2015/3/2)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00000009-spnannex-spo

千代大龍、両足の血行障害で休場 大相撲初場所 (朝日新聞 2015/1/17)
http://www.asahi.com/articles/ASH1K3CJ2H1KUTQP008.html

千代鳳と土佐豊が休場 大相撲初場所2日目 (朝日新聞 2015/1/12)
http://www.asahi.com/articles/ASH1D3464H1DUTQP001.html

井筒審判部副部長が目の不調を訴え休場 (日刊スポーツ 2015/1/11)
http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20150111-1420370.html

驚くほどケガや病気による休場が多い。
昔からの相撲ファンも、最近はなぜこんなに休場力士が多いのか、と首をかしげている。

ケガが増えているのは角界だけでなく、プロ野球などプロ・スポーツ界全体の傾向である。

ケガを避けるのも体調管理も技のうちであり、プロのスポーツ選手が休場・欠場するのは恥かしいことである。

「練習が足りない。たるんでいる」と親方や監督から叱責を受けても仕方がないだろう。

しかし、最近の力士や選手はたるんでいるのだろうか?練習をさぼっているのだろうか?
とてもそうは思えない。

以前と同じく、しっかり練習をし、ケガや体調管理にも注意を払っているのにもかかわらず、ケガや体調不良が頻発、自分の意思ではどうにもならない状態なのではないか?

やはり放射能被ばくの影響が強く疑われる。

セシウム137は筋肉に蓄積、硬化を起こす。ストロンチウム90は骨に蓄積され骨折の原因となる。
これらの物質による内部被ばくにより体が蝕まれ、その結果、ケガや病気が増えている可能性が
非常に高い。

とくに相撲部屋は、ちゃんこ鍋のような独特の食習慣があり、勝手に汚染食品を避けた料理を
食べるわけにもいかない。

また、普通の人の何倍も食べるのだから、食材は安いものを大量に購入するわけで、 汚染食材が使われる可能性もより高い。

福島県大熊町町議・木幡ますみさんが証言している通り、汚染基準を超える食材も、当たり前のように市場に流通しているのだ。

このまま被ばくの問題を放置していると、力士はケガや病気でボロボロ、休場だらけで、ファンもがっかり、角界の将来も危うくなるだろう。

食べて応援は厳禁、食材を見直し、汚染食品を食べないよう十分に注意を払うべきだろう。


(関連情報)

「優勝の白鵬関に県産米など贈る 大相撲秋場所で佐藤知事」 (福島民報 2014/9/29)
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/09/post_10785.html

「“呪われた楽天”球場で異例おはらい (デイリースポーツ)」 (拙稿 2015/6/26)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/304.html

「〔プロ野球〕走塁中に「脚の肉離れ」を起こす選手がなぜか続出 」
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2015/4/26)
http://alcyone-sapporo.blogspot.com/2015/04/blog-post_119.html

「第2章第5節 (7) 骨と筋肉の疾病」 (調査報告 チェルノブイリ被害の全貌)
http://chernobyl25.blogspot.com/2012/01/7.html


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する