mixiユーザー(id:8712738)

2015年09月25日00:30

1320 view

親の見栄で勉強、勉強と東大や京大、有名校に行かせても仕方がない、親の躾、家庭教育こそが必要では?

■タオルを絞ることができない小学生が増加している背景とは
(週刊女性PRIME - 09月24日 17:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=235&from=diary&id=3631034

 「金にあかし塾、塾と塾々で東大、京大に、また有名大学に入学させても、使い物にならない人を輩出して何になるかを考えないのだろうか?(2)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1925660796&owner_id=8712738

 子どものために世話を焼きすぎることが、子どもの体験機会を奪っていることを親がまず自覚する必要がある。

 とニュース記事の末尾に書いてある通りで、お三度の手伝いなどをさせるべきだ。

 常識、定説、成功体験、学歴、肩書など通じない時代に入ったと何度も書いているがーー

 また、私は以前にーー

 教育問題:金にあかし塾、塾と塾々で東大、京大に、また有名大学に入学させても、使い物にならない人を輩出して何になるかを考えないのだろうか?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945525982&owner_id=8712738
                        2015年08月28日19:27
                    全体に公開 みんなの日記 85 view.

■女子教育「コサイン教えて何になる」 鹿児島知事、撤回
(朝日新聞デジタル - 08月28日 12:07)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3588169

 【親の見栄で勉強、勉強と東大や京大、有名校に行かせても仕方がない、親の躾、家庭教育こそが必要では?
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/402146236.html

 「今回の知事の発言で教育問題が問題になったことは良いことだ。」

 「口が滑った。女性を蔑視しようということではない」と発言???

 撤回するなら、最初から言わない事だね!

 女子教育の会議の場で女性特定で「コサイン教えて何になる」と文句も出るだろうし、また」「それよりもう少し社会の事象とか植物の花や草の名前を教えた方がいいのかなあ」と中途半端な物言いだから文句、批判が出て当然だろう。

 しかし、私はーー

 日本の高校生 「自分はダメ」の割合高い http://nhk.jp/N4Kx4HYJ 金にあかし塾、塾と塾々で東大、京大に、また有名大学に入学させても、使い物にならない人を輩出して何になるかを考えないのだろうか?http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1925660796&owner_id=8712738偏差値教育が偏向人間を作る

 とツイートした通りで、ゆとり教育は怠け者を作る、大きな差が出来る教育だと思っている。

 また、以下の如くーー

 勉強、勉強、塾、塾と強制し、

 金にあかし塾、塾と塾々で東大、京大に、また有名大学に入学させても、使い物にならない人を輩出して何になるかを考えないのだろうか?(2)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1925660796&owner_id=8712738

 家庭の温もり、親子の会話、親の躾、家庭教育こそが必要ではないのか?
                      続く―――以下省略

 と書き、また、また

 親の見栄で勉強、勉強と東大や京大、有名校に行かせても仕方がない、親の躾、家庭教育こそが必要では?
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/402146236.html

や、

事件を起した名大生の両親は長崎の名門、県立佐世保高校の同級生を殺害し、バラバラにした猟奇事件を起した生徒の生い立ちと重なるが、東北の名士なんでしょうね?
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1938146878&owner_id=8712738

 と書いたり、また

 金にあかし塾、塾と塾々で東大、京大に、また有名大学に入学させても、使い物にならない人を輩出して何になるかを考えないのだろうか?(2)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1925660796&owner_id=8712738

 と言ったことを書いているが、当たり前のことが出来ない子を育ててどうすると言うんだろうね?

 > リンゴの皮むきや缶切り、タオル絞り、おにぎりを握るなど、ごく簡単な作業ができる小学生が20年間で著しく減少していることが、今年5月に象印マホービンが行った調査でわかった。できない子が1人いた! というレベルではなく、できる子の割合が10%前後の項目も。なぜこんなことになったのか? どんな弊害が生まれるのか―

イマドキの小学生はマッチが擦れない、缶切りで缶詰を開けられない、タオルが絞れないという。手先が不器用になったのかと心配になるが、どうやらそうではなさそう。

象印マホービンが先ごろ実施した『イマドキ小学生の生活体験に関する調査』によると、マッチで火をつけることが「できる」子が18・1%、「できない」子が13・1%いた。できない子と、親が「やらせたことがない」という子を合わせると、80%以上がマッチを使えないことになる。

1995年に実施した同様の調査では、マッチを使える小学生は58・9%だった。

当時と今、生活様式は大きく変わり、大人でも「最近、いつマッチを擦ったかな」と思い出せない人も多いのでは。ボタンひとつでお風呂が沸き、キッチンはIHヒーターが普及している……。家の中で、火さえ見ない生活が当たり前になりつつある。

教育評論家の親野智可等(おやの・ちから)先生は、

「こういう結果になって当たり前かな、と。そんなに心配しなくても大丈夫ですよ」

と自然に受け止め、

「理科の授業でアルコールを使う時など点火棒で火をつけることが多いので、使う必要がなくなりつつあるんです。ひとりで生きていく際に必要か、不必要かに分けて考えることが重要。リンゴの皮むきやタオル絞り、おむすび握りなどは必要ですが、マッチや缶切り、ノコギリを使ったり釘を打つことは、あまり必要ありません。タオルに関しては、絞り方すら知らない子も多いですね。タオルを丸くしてギューッと押しつける。もしくは鉄棒を持つように上から順手で持ち、握るように絞ろうとします。どれが必要か不必要か区別をつけ、今でも必要な技術に関しては対策することが大切です」

と生活環境に適したことができれば大丈夫と訴える。

「さまざまな動作に関して実技調査を続けてきた」という目白大学名誉教授の谷田貝公昭(やたがい・まさあき)先生は、象印マホービンの調査結果以上に、“できない子どもが増えている”実態を目の当たりにしてきた。

「包丁でリンゴをむける小学生は、実際は10%もいないですね。親がやらせていないからです。缶切りに関しては、今はプルトップが多いにしても、約30年前でもできる人はほとんどいませんでした。マッチはおろか、ライターまで使えない子も多い。竹刀を持つように縦に握り、わきを締めて正しくタオルを絞れる子は(象印マホービンの調査結果ほど)多くない。箸の持ち方も、“正しく使える”と答える子は小学6年だと7割近くいますが、実際使えているのは1割のみです。この数十年間で、先行の研究があるもののうち今の子どものほうがよくなっているものは、何ひとつありません」

生卵の割り方がわからず転がすだけの子や、おにぎりを握る際、袋にご飯を入れてブンブン振り回して遠心力で丸めようとする子もいるという。

子どものころに使えなかった道具は、成人したからといって使えるようにはならない。前出・谷田貝先生は、想像を絶する“イマドキの大学生”を数多く見てきたという。

「米がとげない子も多いですね。ひとり暮らしを始めた大学生が友人に“どうして泡が消えないんだ”と電話で相談したところ、後からその学生は洗剤を使って洗米していたことが発覚したという事例も。箸の持ち方は、大人になってからでは直せません。親が子の使い方をよく見ていないか、親も使い方がわかっていないかのどちらかです。鉛筆の持ち方は、大学生でも正しく持てるのは1割程度。正しい持ち方ができていないのは、教育、しつけの手抜きの表れです。矯正道具などに頼らず、両親が時間とエネルギーを使い教えていかなければなりません」

基本を誰にも指導されない。加えて自ら試行錯誤して体験することがなければ当然、子どもは何も身につけない。

「電車に乗っている人を注視すると、靴ひもを蝶結びできていない人は多いし、エプロンを後ろでうまく結べる人も少ない。顔を洗うにも、洗面器から両手で水を結ぶ(すくう)ことができる子が少ない。シャワーから出た水を手に取って顔にバシャッとつけるだけ。両手で水を結べるのは人間だけなのに、サルと同じ子が増えてしまっている」

と谷田貝先生は嘆く。一方で、改善策として、直接体験を増やすことの大切さを訴える。

「現代っ子は遊びや仕事、野外活動などを通した直接体験で得られる体験的知識が貧弱になっています。家事を何でもやらせてください。家事は全部、直接体験ですから。子どもは自分の五感を使って物や人に働きかける過程で判断力や注意力、思考力を養い、深みと自信のある人間に成長していくのです。今のままでは、大災害が起きた時に生き抜ける子はほとんどいないと思いますよ」

子どものために世話を焼きすぎることが、子どもの体験機会を奪っていることを親がまず自覚する必要がある。
4 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月25日 00:37
    常識、定説、成功体験、学歴、肩書など通じない時代だと何度も書いているがhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1946370281&owner_id=8712738有名校に行かせても使い物にならない子を育てて何になるの? --- タオルを絞ることができない小学生が増加している背景とは (週刊女性PRIME - 09月24日 17:40) http://mixi.at/aeU8WHj
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月25日 00:42
    今日の安値で二段下げに入ったので、15000円を切ってくる場面は早晩あるでしょうhttp://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=8712738&id=1945739985と書いていたがNY株も16千ドルを割って来た、明日は更なる下げがありアメリカの為に作られた円安、株高のアベノミクスの破綻が明確になった!

    日経平均、現実味を帯びる1万7000円割れ 市場には株価浮揚の材料が見つからない(東洋経済)
    http://www.asyura2.com/15/hasan100/msg/799.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月25日 00:45
    安倍政権の危機はこれからやってくる!? 国会の"内”と”外”で静かに進む「倒閣運動」 ある憲法学者が明かした参院選…
    http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/511.html

    安倍政治の断末魔が始まる  田中良紹
    http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/544.html

    日ロ外相会談の 合同記者会見で見えた 日本の外務官僚の無能ぶり。  岸田外相 『領土問題で突っ込んだ議論』…
    http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/503.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月25日 00:49
    北原みのり「ノーパンしゃぶしゃぶの人だ!」〈週刊朝日〉
    http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/464.html
    投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 9 月 22 日 17:35:05: igsppGRN/E9PQ

                東京オリンピックのエンブレム問題で北原氏は、とあることを思い出したという(※イメージ)


    北原みのり「ノーパンしゃぶしゃぶの人だ!」〈週刊朝日〉
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150922-00000008-sasahi-soci
    週刊朝日  2015年9月25日号


     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。白紙撤回となった東京オリンピックのエンブレム問題で北原氏は、とあることを思い出したという。

    *  *  *
     世界に向かって、汚染水はアンダー・コントロールされています! と総理が嘘をついてしまった時から、やっぱり神の怒りを買ったのではないかしら……と思うほど、東京オリンピック、怖いくらいに次々と問題が持ち上がっている。

     正直、新国立競技場が今、どういう状況なのか、色々ありすぎて、よくわからなくなってしまった。森喜朗元首相が、2520億円の建設費を「安い」と言ったのは、いつのことだったか。安倍首相が計画を白紙撤回し、予算を抑えるために客席の冷房設備をなくしたというけど、結局どんなデザインになるのか、最終的にはいくらになるのか。ニュースを追いかけるのにだんだん疲れてきた。

     エンブレムだってそうだ。エンブレムが印刷された大量の紙袋は、結局捨てるのか、売るのかどうするんだったか。いったいいくら無駄にしたのか。新しいエンブレムは誰が審査するのか。だんだんどうでもよくなってくる。

     ただ、お金が湯水のように使われていることだけは、どうでもよくないストレスとして、心の奥底に澱のように溜まりつつある。納税者を金づると思ってるんじゃないの? あまりにもお金の使い方が雑で、あまりにもバブル感たっぷりだよ! とイライラしてたら、女友だちから連絡があった。

    「エンブレム白紙にするって記者会見した人! ノーパンしゃぶしゃぶだよ!」

     デザイナーの佐野さんのことじゃない、事務総長の武藤敏郎氏のことだ。1998年、連日のように報道された大蔵省接待汚職事件の時、武藤氏は大蔵省官房長として、国会にも呼ばれ答弁していた。あー思い出してきた!

     武藤氏自身がノーパンしゃぶしゃぶ接待を受けたわけじゃない。ただ当時、責任ある立場だったにもかかわらず、自浄能力が全くなく、発言を撤回し続けた姿は記憶の片隅に残ってる。あれは、東電OL殺人事件の翌年だった。エリート女性がガラスの天井にぶつかり、女という性につまずくように破滅していったのに対し、「ノーパンしゃぶしゃぶ」というネーミングのあまりの軽さに言葉を失った。女の裸を介して連帯を深め、お金と人脈を自分たちで分配していく男文化が、バブル崩壊後に明らかになった、日本の経済成長の顔だった。

     変わってないのかもね、と思う。ノーパンしゃぶしゃぶ時代と今と。責任を取らない男たちが、人脈で仕事し、お金を無責任に使い、でかいことを語り、結果的に醜態をさらしていく。ノーパンしゃぶしゃぶ系オリンピックなのかもね。

     誤解ないように言えば、私はオリンピックが嫌いじゃない。ただ、2020年の東京オリンピックは、酷いことが多すぎる。ノーパンしゃぶしゃぶの反省が活かされていない、オジサンのオジサンの友だちによるオジサンの仲間のお金と威信のためのオリンピックに思えてくる。もう、これ以上の醜態さらさないためにも、オリンピック組織委員会を白紙撤回すればいいのに。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月25日 02:27
    こんな母親もいるんだね?

    「受験に恋愛は無駄」発言の母 ネットの反応に驚くも持論変えず
    http://www.news-postseven.com/archives/20150924_352597.html
    2015.09.24 07:00

     東京大学理科III類、それは年間合格者数100人。この狭き門に3人の息子を全員現役で合格させ、「ゴッドマザー」の異名をとる主婦が奈良県にいる。彼女が息子たちに徹底させた、とある受験テクが今、激しい議論の的になっている──。

     3人の息子を難関の私立灘中・高校(神戸市)から東大理III(医学部)に合格させたのは奈良県在住の佐藤亮子さん。津田塾大学卒業後、大分県内の私立高校で2年間、英語教師を務めた後に弁護士の夫と結婚し、専業主婦として子育てに励んだ。

     そんな佐藤さんの“爆弾発言”が飛び出したのは、著書『受験は母親が9割』(朝日新聞出版刊)の発売記念イベントの場で、精神科医の和田秀樹さんと公開対談したときのことだった。『週刊朝日』(9月18日号)の再録記事によると、「思春期には恋愛という課題もある」と司会者に問われた佐藤さんは堂々とこう答えている。

    《受験に恋愛は無駄です。1日は24時間しかありません。女の子とスタバで2〜3時間、お茶する。年1回ならいいですよ。けれど10回あれば30時間! その時間があれば参考書が1冊終わります。恋愛している場合ではないことを教えましょう》

     さらに、《勉強のスケジュール管理をして、マルつけをして、間違えたら紙に書いて貼り出して、参考書も買いに行きます》《大学受験時の願書は親が書いて、子供に清書させればいい》と、受験には母親が深く関与すべきという持論を展開。

    《愛情いっぱいにサポートして、「合格するまでやる」のが母親の役割》と言い切った。こうした発言に、インターネット上には賛否両論の声があふれたのだ。

     ネット上での議論を佐藤さんはどう受け止めているのか? 佐藤さんを直撃すると開口一番、「私も驚いているんです!」と話し始めた。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する