ホーム > mixiユーザー(id:8712738) > mixiユーザーの日記一覧 > 子どもと離婚を考える会???、離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!を教えた方が良いんじゃないかな?

mixiユーザー(id:8712738)

2015年04月20日04:09

1199 view

子どもと離婚を考える会???、離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!を教えた方が良いんじゃないかな?

離婚が子どもに与える影響議論
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3378985

 「子供に取って親の離婚は一生、トラウマとなり、私の38年の人生経験から子供が離婚した親の年齢に達したら離婚しているケースが多い」

 離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!  離婚や離職は人生の転落が始まる???

 サカリが付いた犬や猫のように結婚したり、適性も考えずマスコミなどが煽った人気企業に就職する人が多い。

 その結果、離婚や離職が多い、もう少し冷静に自分に合った人か、また合った職業か、仕事かをしっかり見て欲しい、見定めて欲しい。

 と以前に書いた。

 以下はその日記だ。

 矢張り、離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1550599408&owner_id=8712738
                  2010年07月31日21:03
                   全体に公開 19 view.

逮捕の母親、2年前のブログで愛情づづる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1294548&media_id=88

 「若し離婚していなかったらこんな事件にならなかったのではないだろうか?」

下村早苗容疑者は羽木と名乗るヤクザか、ヒモのような男に捨てられたのだろうか?  それにしても区役所や親に相談できなかったのだろうか?
 少し前に西淀川区では餓死させ、山中に埋めると言う事件があったが、腐敗するまで放置は余りにも酷過ぎる、当節の子供と言うか親はこんな親が増えたような気がするのは思い過ごしであって欲しいです。

 
  離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2007/10/post-1e41.html

 サカリが付いた犬や猫のように結婚したり、適性も考えずマスコミなどが煽った人気企業に就職する人が多い。

 その結果、離婚や離職が多い、もう少し冷静に自分に合った人か、また合った職業か、仕事かをしっかり見て欲しい、見定めて欲しい。

 そうすればこのような事件や離職も少ないのではないだろうか?

 以下はこの事件に付いて書いた通り、若し離婚していなかったらこんな事件にならなかったのではないだろうか?
 
 離婚は、離職と一緒で悪くなることが多い、離婚や離職は出来たら避けたいものだ!
     2010年07月30日21:23

  ■大阪2児遺体、23歳母親を死体遺棄容疑で逮捕
(読売新聞 - 07月30日 16:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1293502&media_id=20

 離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2007/10/post-1e41.html

 逮捕された下村早苗容疑者は「やくざ」のヒモにでも捨てられたのかな???

 亡くなった子供が哀れです。 −−−−−合掌

 【赤ちゃんは、子供は親を選べない
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/03/post-a18e.html

 事件、事故に巻き込まれ、また自殺などする人は皆、悪い姓名だ!

 『姓名を、先人の智慧をバカにすること勿れ! 今一度言う、また書く、「信じる者が救われているんです。」』

 1)
 あぁ〜矢張り、事件に事故に巻き込まれる人はーーー
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2007/12/post-ad19.html

 2)
 事件、事故に巻き込まれ、また自殺などする人は皆、悪い姓名だ!
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/09/post-dbca.html 
 100%と言わないが事件、事故でテレビ、新聞などのマスコミに晒される人の姓名は97%の確率で悪い姓名の持ち主なのです。  政治家、官僚、経営者でもまた然りです。

 と言ったように事件、事故、また自殺などで報道される人達の姓名を鑑定すると矢張り先人が教えている通り、姓名の構造が悪い人がほぼ100%に近い確率になっている。

 また、冒頭に書いたように「赤ちゃんは、子供は親を選べない
http://tengunosasayaki.blog.eonet.jp/109/2008/03/post-a18e.html」と書いているがこの下村早苗容疑者の一家の桜子ちゃん、楓ちゃんと共に姓名の三才や構成が矢張り悪いし、大凶数、凶数が皆に入っています。

 まさに持つべきは良き姓名、良き姓名は「お守り」だと言い、書き続けているが残念なことです。

 二人の子供の冥福を祈ると共に下村容疑者はまだ23歳、出直す意味でも収監中に改名をし、改心して次に備えて欲しいものです。

 しかし離婚は、離職と一緒で悪くなることが多い、離婚や離職は出来たら避けたいものです。
 このような不幸な結末を迎えているのはほとんどが離婚です。
                    続く―――以下省略

 と書いたように、離婚して良くなることは100%と言っていい程ない。

 子供に取って親の離婚は一生、トラウマとなり、私の38年の人生経験から子供が離婚した親の年齢に達したら離婚しているケースが多い。

 子どもと離婚を考える会???、離婚しちゃ駄目、悲劇が起こる!!!を教えた方が良いんじゃないかな?

 > 離婚調停などにかかわる千葉家庭裁判所の調停委員らでつくる千葉家事調停協会の有志13人が「子どもと離婚を考える会」(丸井妙子代表)を発足させ、活動を始めた。きっかけは、離婚後の親子のかかわり方について米国の学者が執筆した著書を、調停委員の丸井さん(63)が翻訳したこと。会は家裁や協会とは一線を画す非公式の集まりだが、随時会合を開き、翻訳本を基に離婚が子どもに与える影響や課題について議論していく。

 丸井さんは千葉県内の中学、高校で英語の非常勤講師を務めたり塾を経営したりするなど、30年間近く、子どもたちとかかわる仕事をしてきた。20年ほど前から、不登校や引きこもりの生徒が増えてきたと感じるようになり、背景を知りたいと千葉大大学院に入り、教育学を学んだ。


 2006年に修士号を取得後、恩師に翻訳作業を勧められた。12年の暮れ、米の臨床心理学者、ジョアン・ペドロ・キャロル博士の著書をインターネットで見つけ、1年かけて翻訳した。「別れてもふたりで育てる−−子どもを犠牲にしない離婚と養育の方法」(明石書店)と日本語タイトルを付けて、先月下旬に出版された。

 キャロル博士は夫婦が離婚後、どういう人間関係を築き、子どもをどう支えていくべきか、就学前や思春期のケースなど年齢ごとの実例に基づいて考察。特に、親同士がいがみ合ったり、子どもの親権や養育費を巡って対立したりすることなどを戒め、子どもの学校生活や勉強、適切なしつけなど、子の成長に軸足を置いて関係を築くことが大切と説いている。

 丸井さんは、翻訳を通じて同書が提示する子育てのあり方に共感する。「子どもを自分の側だけにおいて相手に会わせなかったり、相手の悪口を一方的に子に聞かせる行為をしてはいけない」。親が争う姿は子どもの心を傷つけ、子が「親の離婚は自分のせいではないか」と自己嫌悪に陥り、非行につながりかねないという。「親は子の立ち直りを第一に考えることが重要」と考えている。

 日本は単独親権制度をとっており、子どもが幼い場合、母親が親権を継ぐケースが多い。だが、丸井さんは「子には母も父も必要な存在。親同士が過去へのこだわりを捨て、子どもの身になって二人で愛情を注いであげることが子の幸せにつながる」と話す。

 近年、離婚率は3〜4組に1組ともいわれ、厚生労働省によると、13年は約23万組が離婚した。親権を失った一方の親が子どもと会うことを家庭裁判所に申し立てる「面会交流」は増加の一途をたどっており、同年に1万件を突破した。

 「考える会」顧問の向井田保雄さん(71)は「肝心なのは、別れても子の健全な育成のために二人で育てるという意識。感情を制御し、気持ちを切り替えて付き合う力が親には求められる。行政など第三者が離婚後の親子を支援する体制づくりも考えたい」と話している。【松谷譲二】
0 3

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する