ホーム > mixiユーザー(id:8712738) > mixiユーザーの日記一覧 > 羽生結弦はスター性があるものの大凶数、凶数があるから改名をした方が良いだろうね!?

mixiユーザー(id:8712738)

2014年12月31日02:11

2117 view

羽生結弦はスター性があるものの大凶数、凶数があるから改名をした方が良いだろうね!?

■羽生結弦、尿膜管遺残症で手術 1カ月の安静必要
(朝日新聞デジタル - 12月30日 18:14)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3207523

 テレビ、マスコミが取り上げてくれている時がハナ! テレビらが取り上げなくなったら見向きもされないよ!

 「転ばぬ先の杖、赤ちゃん、孫には良い姓名の命名を、運悪く、姓名の構成が悪い人は改名をお奨め致します。」

 『姓名を、先人の智慧をバカにすること勿れ! 今一度言う、また書く、「信じる者が救われているのです。」』

 ところでーー

 【汚鮮】腐り切った日本スケート連盟 荘英介(韓国人)名誉会長 橋本聖子 暴言「平昌五輪は自国開催のつもりで」高橋大輔にセクハラ 城田憲子 不正経理で追放も復帰!pic.twitter.com/V3xLdChiEH @WFS_JP【速報】町田樹選手が現役引退、早稲田大で研究者を目指す

 とつぶやいたが、また、何故、引退した高橋大輔だ、 安藤美姫だと騒ぎ、現役の浅田真央だ、羽生結弦だ、更には織田信成だとテレビなどマスコミらは取り上げすぎるのだろう?

 斯様にスケート界の事を殊更NHKや大マスコミらがテレビなどで取り上げるのは可なりの金が裏で動いているのだろうね?

 閑話休題

 羽生結弦(天11、人17、地20、外14、総31、三才は木金水)は頭のいい子だ。 有名、一流のスポーツ選手に多い、姓名の構成の持ち主だ。

 この大凶数9、10、19、20については私の拙著にも詳しく書いているがーー

 曰く野球の王、長島、星野仙一、松井秀喜、新庄剛志などやゴルフの石川遼、体操の内村航平、柔道から格闘技に転向した石井慧などらも羽生結弦と同じで、社会的名声運、成功運を持った諸刃の剣の大凶数を持っている。
 が一方、この諸刃の剣の大凶数は個人的、家庭的に必ず不幸を生じると言う魔の数字で彼らは、またこの羽生結弦も、出来たら適当な時に改名をした方が良いだろう。

 羽生は地格に大凶数20があり、20画:病弱孤独悲運の霊位を示す最凶数と言われ、陰気な者又は頭脳俊敏な者、湖泥の如く沈む者又は逆巻く波のごとき大活動家と両極端で、多くは努力が伴わず悲惨な人生を送ることが多いものなのだ。 更に

 三才、木金水の誘導は「好調なるも数の凶はいずれ生ずる暗示あり」だ。

 唯、羽生は人格に17と言うスター性を持ったものと、総格の31の吉数で助けられているが、外格14は破兆があり、浮沈多く神経質、潔癖過ぎて他人に厳しく、そのくせ自分は身勝手なため、家庭運も悪く、夫婦親子の争いも生じやすいと言う暗示があるから改名を奨める。

 転ばぬ先の杖、良き姓名は「お守り」、悪いとされる姓名の人は改名することで大難を小難に出来るとされるのですが、信じる者が救われている!
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1935680097&owner_id=8712738

  「とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ」

 「転ばぬ先の杖、赤ちゃん、孫には良い姓名の命名を、運悪く、姓名の構成が悪い人は改名をお奨め致します。」

  『姓名を、先人の智慧をバカにすること勿れ! 今一度言う、また書く、「信じる者が救われているのです。」』

 と書いている通りで、スター性があるものの羽生結弦は大凶数、凶数があるから改名をした方が良いだろうね!?

 > 日本スケート連盟は30日、腹痛で精密検査を受けていたフィギュアスケート男子の羽生結弦(天11、人17、地20、外14、総31、三才は木金水)(ANA)が「尿膜管遺残症」と診断され、手術を受けたと発表した。約2週間の入院と、約1カ月の安静が必要という。代表に選ばれている来年3月の世界選手権(中国・上海)に向けての練習は回復具合を見て判断する。

 尿膜管は胎児期にへそと膀胱(ぼうこう)をつなぎ、母親から栄養をもらったり排泄(はいせつ)したりする。生後、閉塞(へいそく)して退化するのが一般的だが、残った場合、細菌に感染するなどすると炎症で痛みを伴うこともある。

 羽生は、12月中旬のグランプリファイナルの頃から腹痛を訴えていた。27日の全日本選手権で3連覇を達成したが、29日のアイスショーは欠場し、入院して精密検査を受けていた。その際「まずはしっかり検査を行い、今後については改めてご報告させていただきます」とコメントしていた。

 今季の羽生は11月上旬の中国杯で他の選手と衝突し、頭部や腹部、太ももなどを負傷。しかし、約1カ月後のグランプリファイナルで連覇を達成した。
0 1

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する