ホーム > mixiユーザー(id:8712738) > mixiユーザーの日記一覧 > 安倍晋三、安倍自民党や彼らの広報機関、NHKや大マスコミらを信じてたら馬鹿を見るよ!

mixiユーザー(id:8712738)

2014年12月28日04:07

794 view

安倍晋三、安倍自民党や彼らの広報機関、NHKや大マスコミらを信じてたら馬鹿を見るよ!

 ニューヨーク事情http://www.asyura2.com/14/hasan92/msg/454.html ロシアの報復(穀物輸出を停止)http://www.asyura2.com/14/hasan92/msg/504.html 安倍自民党や彼らの広報機関、NHKや大マスコミらを信じてたら馬鹿を見るよ!

 とツイートしたが、曾てNHKや大マスコミらは新華社や人民日報、プラウダ、イズベスチャ―、アンテン2(アンテンドウ、フランスの国営放送)、アルジャジーラなど東側、西側など多くの報道があったが、バブル崩壊後、完全にこれらの報道はシャットアウトになった。

 一方で、APやAFP、ロイター、UPI(破綻)などの通信社を通じ、ABCやWSJ、NYポスト、また英国のエコノミストなどの情報を日本の時事通信、共同通信らを通じ、NHKや大マスコミらは西側情報だけを流している。 (今はブルームバーグの記事、経済情報が多いようだ)

 斯様に今の日本のNHKや大マスコミら、更に通信社の時事通信らは西側情報しか流さないので日本国民の多くは全く東側、中国、中東らの情報は疎く、日本の常識は世界の非常識になっているのが現実であり、現状だと言って問題はない。

 曰く、

 ニューヨーク事情(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/14/hasan92/msg/454.html と言ったような西側情報の不都合な真実、アメリカの景気回復は順調だ、株価は高く、ドルも堅調だと嘘の報道をし、アメリカの真相さへも隠して報道しているのがNHKや大マスコミらだと言って良いだろう。

 ましてや、以下の転載の如く、ウクライナ情報でもアメリカ、NATO中心の報道だから実情が見えないのが現実で、日本人はめくら、盲目にされているのが実際であり、現実ではないだろうか?

 以下は転載記事、参考にー

 ロシアの報復(穀物輸出を停止) (NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/14/hasan92/msg/504.html
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 26 日 19:54:05: igsppGRN/E9PQ

 ロシアの報復(穀物輸出を停止)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4800241.html
2014年12月26日 NEVADAブログ


ロシアはルーブルが暴落して危機的状況という認識をしている日本のマスコミからすれば理解不能な動きをしています。

ロシアが穀物輸出を停止したからです。

外貨が欲しいのであれば、ダンピングしてでも輸出します。
ところが、ロシアは大豊作になった今年の収穫(1億500万トン)の輸出を今や全面的に停止しており、18日以降、一隻も穀物輸送船は出航していないとロシア穀物連盟のズロチェフスキー会長は述べているのです。

ロシアは小麦等穀物を中国・北朝鮮等に振り向けており、今後ロシア同盟国向けだけに輸出すると見られているのです。
しかも、この輸出代金はロシアルーブル建てでもドル建てでもありません。
<物々交換>となっているのです。

中国とは、穀物を中国に輸出し、中国からは中国国内で余っています鉄鋼製品を輸入するとも言われており、更にはロシアと中国人が観光客を”交換する”とも言われており、旅行代金は相殺することになっているとも言われているのです。

ロシアは本格的にロシア帝国経済圏を構築するために動いているものであり、ロシアと中国が手を組めば、世界の30%以上を支配することになるかも知れません。

ロシアが必要としている物資、中でも生鮮食料品はギリシャ(中国の傘下に入りつつあります)や中国から調達できますし、中国が必要としています穀物はロシアから輸入が出来ます。
これらは<物々交換>となり、更にこの輪を広げていけば、中国が経済援助に使う穀物をロシアから調達することもでき、ロシアと中国は経済的に完全に一体となれば、世界はこのロシア・中国連合になびく国が続出することになります。

ロシアは天然ガスも輸出制限をかけてくると見られており、西欧・東欧諸国はロシアに替わる天然ガス調達先を見つける必要が出てきていますがそのような都合のよい国はありません。

また、原油はOPEC諸国が一バーレル20ドル台になっても減産はしないと明言したとFT紙は報じており、ロシアはそこまで原油を売り込むかも知れません。
仮に一バーレル20ドル台になれば、中東産油国はことごとく破産することになるでしょうし、ベネズエラも破産することになります。
世界は大混乱しますが、ロシアと中国が同盟を結びこの同盟関係国内で物資の融通をしていれば、国際金融混乱は関係ありません。

この中国・ロシア連合に、アルゼンチン・ブラジルが加われば世界の穀物需給は一変しますし、天然ガスも景気の減速もあり、アメリカでの価格は暴落していますが、今後も下落を続けていけば、カタール等の天然ガス輸出価格も暴落し、中東の優等生と言われていたカタールも財政危機に直面します。

中東が経済危機に陥ればヨーロッパの輸出は激減しますし、アメリカも武器の輸出が減りますから打撃を受けます。

西側のウクライナ制裁はロシアの勝ちとなりつつありますが、一つ気になる動きがあります。

プーチン大統領が、全閣僚に正月返上で働くようにと指示を出したことです。
これが何を意味しているのか今は分かりませんが、お正月にプーチン大統領がとんでもない発表をするかも知れません。

ロシア情報通は年末年始返上でロシアの動きを追うことになったと嘆いていましたが、どのようなサプライズがあるでしょうか?
1 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月28日 04:22
    【米首都ワシントンD.C.に増える「隠されたホームレス状態」の人々】一時的にでもホームレス状態を経験した子ども、30人に1人の割合に http://www.afpbb.com/articles/-/3034954 NHKら大マスコミらはアメリカが景気回復で株価も高いと喧伝するが現実はこんなものだ!日本もまた同じ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月28日 05:16
     露が同盟外に輸出停止、同盟国と物々交換開始、ルーブル安無意味化、正月返上で、サプライズがあるようです。
    http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/787.html

     役所も今日で終わりで、日本はのんびりムードで、国際政治もハーフタイムかと思われましたが、ロシア政府は正月返上だそうで、柔道8段は勝負どころを逃しません。
    それにしても、米国に対していくらでもカードのある中露が古くて新しい物々交換とは、すごいカードを切ります。
    その意味する所は、為替市場も株式市場も商品市場もスルーという、米英の一番恐れている事を両大国が即断即決でしてしまうのですから、スマホ時代をよく分かっています。
    これでは、経済制裁、金融制裁の意味が全くなくなり、同盟国だけがウハウハ状態です。
    そして、これは八百長市場やドル詐欺への痛烈な皮肉で、存在意義がない事がバレバレとなり、世界が物々交換ブームとなれば、八百長賭博の胴元である米英は一夜にしてアウトで、コンマ何秒で取引される現代は、ドル体制の崩壊など一瞬です。
    これで、連中が最後の切り札にしていた金融大恐慌も物々交換に阻まれ、胴元周辺が一人負けするだけのパニックしか起きず、世界はドル詐欺から解放される事になります。
    実体経済の国に、架空経済の多重債務国が挑んでも、最初から勝負にならないという事です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年12月28日 05:27
    ニューヨーク事情(NEVADAブログ)
    http://www.asyura2.com/14/hasan92/msg/454.html
    投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 12 月 24 日 12:09:05: igsppGRN/E9PQ

    ニューヨーク事情
    http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4798733.html
    2014年12月24日 NEVADAブログ


    現在ニューヨークに来ており今日帰国しますが、一ヶ月前に来た時より更に小さい店が閉まり、道も汚く、観光客は多く来ていますが、今一つ活気がありません。

    このような状況を受けて、デパートのメイシーズやH&Mなどは、前倒しのアフタークリスマスセールをすでに始めて
    いました。
    通常は、26日からアフタークリスマスセールとなりますが、22日にセールが始まっており、如何に販売不振か分かります。

    H&Mなどはただでさえ安いところに「全商品50%オフ」という大きな宣伝をしていましたが、列を作るような混雑もなく、普通の”賑わい”でした。
    消費者は買わなくなってきているのです。

    「ジューシークチュール」という若い女性向けの旗艦店が5番街にありますが、前回来た時には閉店したあとでしたが、そのまま放置されていました。
    5番街の一等地である旗艦店が惨状をさらしているのです。

    また、滅多に空き店舗が出ない一等地のパークアヴェニューでも「貸します」という知らせが貼ってあったりと一階の良いロケーションでも次に入る店が出てこない状況になってきているのです。

    ニューヨークですから勿論観光客は来ていますが、お金を落としていないのです。

    そしてその観光客ですが、想定外が起こっているのが「ホテルの部屋代金」を見れば分かります・。
    ニューヨークヒルトンのエグゼクティブフロアーの最低料金が$195とあり得ない安値に設定されているのです。
    通常はこの2倍以上となるはずですが、$200もしていないのです。
    大型ホテルで空き部屋が多く出ている証拠です。

    マスコミでは米国景気は良いとしきりに言われていますが、少なくとも11月、12月のニューヨークを見ていますと、
    間違っても景気が良いとは言えません。

    果たして今後どのような報道がされるでしょうか?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する