mixiユーザー(id:8712738)

2014年12月23日03:35

1409 view

転ばぬ先の杖、持つべきは良き姓名、良き姓名は「お守り」、良き姓名は大難を小難にするものなのです。

■首都高を自転車で逆走? トラックにはねられ男性死亡
(朝日新聞デジタル - 12月22日 11:36)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3196440

 事件、事故に巻き込まれ、またマスコミの餌食になる人は皆、悪い姓名だ!

 と書き、また

  「良き姓名を持っている人は本人だけでなく、家族、姉妹、兄弟、親族に取って良い事であり、地域にとっても財産であり、国益に叶うものなのです。
http://tengunosasayaki.seesaa.net/article/378258433.html

 何度も、何度も書いていることだが、−−

 『姓名を、先人の智慧をバカにすること勿れ! 今一度言う、また書く、「信じる者が救われているのです。」』

  「とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ」

 「転ばぬ先の杖、赤ちゃん、孫には良い姓名の命名を、運悪く、姓名の構成が悪い人は改名をお奨め致します。」
                      
 と書き、また 、以下に書いた事は何度も、何度も書いているが、信じる者が救われているのです。

 事件、事故に巻き込まれ、またマスコミの餌食になる人は皆、悪い姓名だ!

 と書いている通りで、以下の如く、自転車の逆走で亡くなったことや、また

 と何度も書いているが、この事故で亡くなった飲食店員永倉充(天15、人15、地6、外6、総20、三才は土土土)さん(25)の自転車が、江戸川区西小松川町、運転手金田隆(天13、人22、地18、外9、総30、三才は火も、また逮捕された、運転していた運転手金田隆(天13、人22、地18、外9、総30、三才は火木金)さん(51)もご多分に漏れず悪い姓名だ。

 若し、彼らが良き姓名の持ち主だったら、事件や事故に巻き込まれても、こんな悲惨なことにならなかったと思うは私だけだろうか?

 転ばぬ先の杖、持つべきは良き姓名、良き姓名は「お守り」、信じる者が救われている!

 参考に

 矢張り、矢張り、転ばぬ先の杖、持つべきは良き姓名、良き姓名はお守りなのです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1923970325&owner_id=8712738

 転ばぬ先の杖、持つべきは良き姓名、良き姓名はお守りなのです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1923718643&owner_id=8712738

 と書いた通りでーーー

 現場は下り線渋谷出口の約120メートル手前の本線上で、と言う事だからこのはねられ死亡した飲食店員永倉充(天15、人15、地6、外6、総20、三才は土土土)さん(25)は時間的に午前5時50分ごろと言う事は朝まで仕事をし、また飲んでいたか、或いは今流行りの脱法バーブなどを呑んでいて、有り得ない行動をとっての事故ではないだろうか?

 永倉充(天15、人15、地6、外6、総20、三才は土土土)さん(25)の姓名を見たら一見、吉数が多いが、三才、並びの総格20の大凶数が命取りになったと言って良いでしょう。

 一方、運転手金田隆(天13、人22、地18、外9、総30、三才は火木金)さん(51)の姓名の構成も残念乍ら浮沈の多い人生を歩んで来たと言う事が運転手金田隆(天13、人22、地18、外9、総30、三才は火木金)さん(51)の名前に出ています。

 と言った調子ですので、転ばぬ先の杖、持つべきは良き姓名、良き姓名は「お守り」、信じる者が救われている!を信じた人が助かっているが信じられないでしょうか?

 転ばぬ先の杖、持つべきは良き姓名、良き姓名は「お守り」、良き姓名は大難を小難にするものなのです。

 > 22日午前5時50分ごろ、東京都渋谷区道玄坂1丁目の首都高速3号渋谷線下り線で、世田谷区三宿1丁目、飲食店員永倉充(天15、人15、地6、外6、総20、三才は土土土)さん(25)の自転車が、江戸川区西小松川町、運転手金田隆(天13、人22、地18、外9、総30、三才は火木金)さん(51)の大型トラックにはねられた。永倉さんは約1時間後に搬送先の病院で死亡した。警視庁は、永倉さんが首都高に進入し、逆走したとみている。

 警視庁高速隊によると、現場は下り線渋谷出口の約120メートル手前の本線上で、歩行者や自転車の進入は禁じられている。トラックが片側2車線の左車線を走っていた際、自転車が対向してきたという。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する