mixiユーザー(id:8673551)

2020年09月22日19:19

16 view

八ヶ岳行って来た 1日目

めちゃめちゃ混んでた
世間は休みだったのもあるし
ここしか天気がよくないってのもあるし
今月全然天気よくなったから
そのせいだろうな〜


朝4時半に登山口駐車場に着いたのに
70台ぐらい置ける駐車場がいっぱいで
そこから下に路駐がずら〜〜〜っと
俺は1kmぐらい下にとめた


そこから1時間歩くと
宿があって泊まるとそこにとめれるということなのだが
そこも60台以上とめれるんだろうけど
そこもいっぱいで
どんだけいるんだよ・・・


しかも八ヶ岳っつってもいっぱい登山口あるので
1番人気とはいえ、一つの登山口でこれってやばすぎ


2時間くらいでテント張れる山小屋に着いたけど
テントありすぎwwww
テント張れるとこがもういっぱいで
登山道のよくわからんとこまで張ってあるw


俺はここに張る予定ではないので通り過ぎて
硫黄岳へ


登山道は沢沿いだったからすごく涼しかったんだけど
硫黄岳というだけあって
硫黄がたぶん流れていて
ほのかに硫黄っくさいw
川は硫黄で染まったのか川の石は全部茶色いね


硫黄岳は噴火口があるので
そこが見所
頂上はでかい砂利の広い空間があって
そこには50人ぐらいいたかな


次は横岳だが
俺は体力の電池が切れたようで
ゾンビモードに入った
体重が増えたせいか
体力がなくなったせいか
この山がきついせいなのかはわからんが
マジできつかった


横岳は雲海が見えて
なかなか良かったが
疲れすぎててあまりみてなかった


その後、行者小屋に着いてテント張って
13時
ここから次の日まで何もすることがないw
しかし、初日に赤岳まで行く元気はなかった
もともと2日目に行くという予定だったけど
正解だったな


ここの小屋もテント張ってる人が
ん〜50ぐらいあったかな〜
やっぱテント泊は平日だな


でも夜のテントのランタン光は
色んな色のテントが光っていて綺麗だった
綺麗と言えば星も
すごく近く見えて綺麗


実際は何億光年離れている星が
2,3千メートル近くなっただけで近くに見えるわけがないのである
汚い空気の層を越えているので
その分、光が輝いて見えるようになる
普段見えない小さい星も見えるし
まぁ感覚的には近くなったように見えるということだ

横岳付近は結構怖いところがあった
高須クリニックの院長みたいなおっさんと仲良くなって話をしたが
非現実的な命を失うかもしれないという恐怖で
脳からアドレナリンが出て活性化されるというか
こうゆう刺激は意外と重要かもしれない


知らなかったんだけど
16日に2日目に行く予定の赤岳で
71歳のおばさん?おばあちゃんが滑落して亡くなったらしい
展望台から赤岳のとこはマジ恐怖だったから
そこで落ちたんかな〜
死んだら脳が活性化とか言ってられんわな



1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する