mixiユーザー(id:8673551)

2014年12月23日13:13

1030 view

ビーノ復活!

ガソリンを入れ直しを先に試そうと思ったが
ガソリンを抜くのに横のカバーを外さないといけなくて
それが地味にめんどくさい。


他の原因を先にやるか・・・と
考えられるのが
・パイロットスクリューの設定
・キャブのつまり
・プラグ


知恵の無い俺が考えられるのでこんなとこ。
ガソリンタンク内の錆は無かったし
タンクからキャブの間の変な装置のつまりは調べようがないので
この三つを解決するしかない。


プラグは半年ぐらい前に交換したのでたぶん大丈夫(見てない)
キャブの掃除はサイドカバー外すどころの話じゃないので
1番後回しだ。


となるとパイロットスクリューの調整なのだが
調整する前にこれが原因だと
パワフィルの吸う口をガムテープで半分塞いで
テスト走行。







調子が良くなった!
これが原因か!


パイロット調整することに決定。
普通のキャブは下についてるんだけど
ビーノを下からキャブを覗くと
それらしきものがない。


ネットで軽く探してもイマイチわからないので
横から覗き込んだら
プラスの回すネジが二つある。


一つは形状からしてアイドリング調整するやつだから
あと一個のがもしかしてパイロットか??
ということで回して締めて
1と1/4ぐらい回して試した。



試乗



おお。 調子良くなった。
しかし最高55キロってとこか。


もう少し締めてみた。



最高速60キロ



もうちょっと微調整すれば完璧になりそうだけど
こんなもんでいいだろ。
どうせ近場しかいかんだろうし。



あとは暇なら外装を塗装するぐらいかな〜
ボロい見た目でも別にかまわんのだけどね。




マイピクチャ事件は
別のやりかたで完全復活させた。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する