mixiユーザー(id:8672910)

2019年07月27日17:58

50 view

珈琲 06 ※線画・彩・おむ08651

◎2019.07.27 珈琲06 ※線画・彩・おむ08651
※基画2014.01.23「珈琲06」
copyright コピーライト omusubihitotu, all rights reserved

飲み物てーま。
珈琲ぉ題材に制作しました。
※葉書きサイズの展覧会仕様

・08651/10000 珈琲06 ※線画・彩・2019.07.27 制作

【 おむすび近況 】
・2019.07.27 珈琲ぉ描画。札幌ぉ蒸し暑いぜ。お散歩は中止だふ。戯言ぉ呟くぜ。熱中症ぉ予防のため適度に水分補給しておりまふよ。熱い珈琲も飲んでおりますけどね。某ぉ TVローカル番組で小樽の風情ぉ放送してた。連れ添い「あなたに小樽の美術館ぉ見せてあげたいわ」おむ「そぉか」連れ「2000円の券で三館見れるわ」おむ「いいね」おむすび小樽に居住していたことがありまふ。世俗どっぷり浸かりしてた時期だ。当時は運河ぉ含め現在の様な観光客ぉ受け入れる仕様ではなかったなぁ。ちなみに初めて就職した小樽の某ぉ会社での面接試験では、版画家 (一原 〇徳 氏)の作品ぉ何の事前情報も説明もなく見せられ、終始アート談義で推移するっう様相だったなぁアート以外の他に何ぉ聞かれ話したのか全く覚えておりません。不採用かもと頭の中ぉよぎった記憶はある。ちなみに、〇原有徳 氏が作品制作していた工房は、市立小樽美術館にて再現されている。時間と機会あればだけれど一見する価値はあると思うよ。鉄工場 (おむすび感じた印象)の様な工房だったり、でかいプレス機だったり、熱版という手法ぉ使ったり、独創的な作品制作に取り組んでおりました。ちなみにおむすび就職した某ぉ会社には、油彩画だとか演劇だとか音楽だとかに取り組む、何人ものアーティストの卵達が在籍してたっうの、ずっと後になってから知りました。当時ほとんど作品では食えない無名な羽化しきれていない芸術家の卵達ぉ包括し生活できるだけの給料ぉ支給する寛容さがあったんだろうなぁ。おむすび未だに卵の殻の中に籠ってるけどね。当時そんな会社が存在してたんだよなぁ。っう事で微調整してた作品 Web公開ぉ致しまふ。※作品を制作中に流れる軽快な曲調の BGM カントリーミュージックだふ。

●●●●●●●

【 お知らせ 】壱
◆pixiv BOOTH オンデマンド販売
・検索 omusubihitotu ・ おむすびひとつ
https://booth.pm/ja/search/omusubihitotu

【 お知らせ 】弐
◆おむすびひとつオリジナルいらすと画集
◎「ひとやすみ すっかな」http://bit.ly/2Vu6Azu
 ・一作目。美味しそうな仕上がりの珈琲ぉ題材に ページ数 10杯分ぉ淹れてみました。
◎「屛風絵」http://bit.ly/2KlvQGd
 ・二作目。四曲仕様による描画です。
◎「リアルとデジタル 三人展」写真集 http://bit.ly/2KGmiFZ
 ・三作目。スナップ写真による三人展の様子です。
◎「春」春っしょ http://bit.ly/2IpgIWV
 ・四作目。春の季節の風景・他・デジタル静画です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年07月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031