ホーム > mixiユーザー(id:8666179) > mixiユーザーの日記一覧 > LGBTに寄り添う

mixiユーザー(id:8666179)

2020年01月24日22:09

86 view

LGBTに寄り添う

我が街・川崎市が主催して開催される『PEOPLE DESIGN CINEMA』は、今年で5年目を迎える。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1964766859&owner_id=8666179
2年目にこのイベントに気が付いて「タダで映画が観られる指でOK」と、イベントの意味も知らずに映画鑑賞タイムだけに飛び込んだ。
思い返せば、なんとも恥ずかしいものだ。
3年目からはその意義も深く知るようになり、オープニングからしっかりと着席してトークショーからの参加。
そのお陰で今回、3年連続で参加することができた。
フォト
『PEOPLE DESIGN CINEMA 2020』
LGBTをテーマにしたイベントで、当事者のトークショーやLGBTのいずれかをテーマにした映画が、川崎映画街のメッカ《チネチッタ》で開催、上映される。
今年は、これに加え絵本『Red』の朗読をイントロに加え、初めて参加する人たちに対して、より理解しやすいLGBTアメニティをサポートする。
フォト
014『帰り道』★4.
LGBTの”L”をテーマにした、わずか27分のショートムービー。
鑑賞者に結末を委ねるエンディング。
おいらの想像した結末よりも、トークショーで挙手して立ち上がった教師生活35年という小学校教師の感想に鳥肌が立つほど感動した。
彼の意見には、その感想に加えて、
ブタ「子どもの頃、知りもしないで”女っぽいな”なんて友だちをからかっていた」と、まるで自分(←おいら)のことを指摘しているかのように反省の弁を語っていた。
そうなんだよな、あの頃のおいら。
別の小学校教師も、先の35年先生と全く同じアフターエンディングの展開を想像していたという。
おいらの思いよりも、ずっと深く生徒寄りである。やっぱり、プロなんだな。

今回、初めてイベント終了後、『情報共有ルーム』へと立ち寄ってみた。
去年もドアの前まで向かったが閑散としているだけで、とても一人では向かうことのできない敷居の高い(と思っていた)スペース。
当事者やLGBTアメニティの人たちが思い思いに語る場所。
ドアを開けて部屋を覗くと参加者の姿は見えなかったが、主催者に誘われるままに着席すると、次から次へと参加者が入室してくる。どうだろう、30人ぐらいだっただろうか。
「このルームでの会話は一切オフレコ」という約束を守るからここには書かない。
市の職員が司会者となってアイスブレイクの自己紹介。
本名を告げるもの、ニックネームを告げるもの、言葉巧みな人、言葉少なの人。
フリートークに語る人の言霊が重く、そして尊い。
率直な感想は、「まだまだ何も知りやしない」という猛省と、「自分になにができるだろう」という意識。高い意識。

我が街がますます好きになっていたところで、実は「LGBTに対する川崎の取組は最低レベル」という衝撃的なアメニティさんの意見。
パートナー制度すら確立されていない。それは知っていた。
LGBTは今やQやQ +が付いて、さらに協調の意識を高めている。
ただ、まだまだ認知が広まっているとは言えないこの社会。まずは興味を持つことから始めよう。

自分には我が街に対して、別の思いがある。
日本で初めてヘイト罰則法案を成立させた川崎市。誇るべき事実でもあるが、このような法案で規制しないと、クソ以下のレイシストが大手を振って歩く街であることが恥ずかしい。
結局、情報共有ルームに2時間exclamation ×2とても貴重な2時間を経験した。
自分になにができるだろう。
あらためて思いに至る。ありがとうペンギン



クリップ「なるほど」は失礼?今日から使える7つの好印象な相槌!
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=77&from=diary&id=5946698
12 12

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 06:11
    オスカー先輩の活動に敬意を表しま〜すわーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 08:26
    先日ママ友達とたまたまLGBTの話になり「最近急に増えたよね?なんでかしら?」とAさん。
    増えたのでは無くやっと自分の事を言えるようになってきたんだよね?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 09:52
    『男』、『女』という性の違いはあっても『人』としての違いは何もないと思っています。
    問題は「人としていかがなものか」だけ。

    もしまだ川崎市民だったら次回はご一緒させていただきたかったです〜ウインク
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 13:33
    今まで身近にそんな人はいなかったのですが ここ10年ほどで戸籍上は女性 しかし男性として女性を愛する人と知り合いました しかも2人!
    片や 私が1年あまりずっと男性と思っていたほど言動も服装も男性 もう一方はボーイッシュな可愛い女性。
    前者は「俺は男だ」とばかりにそれを前面に押し出し過ぎて 逆に人として嫌悪を感じましたが 後者は女性的な優しさや穏やかさを持っていて 性別に関係なく普通に知り合いとして接する事ができて好印象。
    生き方はそれぞれなので 結局肝心なのは人となり。



  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月25日 15:26
    私にはゲイの友人もレスビアン(本来レスボス島(詩人のサッフォーですね)が言葉の起源なので『レズビアン』ではなく『レスビアン』なのだそうです)の友人も、バイセクシャルの友人もいるし、そもそも恩師がゲイなので、私は当たり前のように同性愛に触れていましたが、日本では、まだまだ“特殊なコト”として捉えられてしまうんだな…と思います。日本は未だにcivil partnershipもないですものね。

    それでも、今は過渡期で、良い方向に向かうのではないか?それこそ、オスカー様が行かれた映画イベント等も、昔だったらありえないコトだったでしょうし。
    英国だって、1967年までは、同性愛は法律で禁止されており、同性愛は犯罪だったものな…と。でも、今は英国にはcivil partnershipがあります。

    同性愛者の友人たちと、取り立ててセクシャリティについて話すコトはないのですが(話の流れで彼氏が〜とゲイの友が言ったり、好きな女性のタイプは〜とレスビアンの友が言ったりはします。)、きっと、色々差別も受けて来たのだろうな…と、改めて思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月28日 14:54
    十数年前、トランスジェンダーを名乗る女装家の男性と仕事をしたことがあります。いつもお尻の見えそうなミニスカートを履いてきていて、たしかにきれいな脚をしているのだけれど、私自身が若いころ電車の中で何度も痴漢に遭ってスカートが嫌いになりパンツばかり履いていただけに、複雑な気持ちになりました。私がパンツを履いているのは男性になりたいからではないのに、この人は女性になりたくてミニスカートを履いている――まるでミニスカートを履くことが女性の証、売り物であるかのように。TV番組でマツコ・デラックスやミッツ・マングローブの話を聞くのは好きなのに、その彼と仕事をするときにはあの象徴的なミニスカート姿を見るたびに、胸の奥に穏やかならぬ気持ちが渦巻いていたのを思い出します砂時計
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 20:22
    > mixiユーザー 
    大活躍中。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 20:24
    > mixiユーザー 
    ジャンダーの知人がいないということは、他人に心を開いていないということなのかもしれない(川オス語録)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 20:25
    > mixiユーザー 
    川崎市長になったらご招待します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 20:25
    > mixiユーザー 
    騙馬ウマ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 20:27
    > mixiユーザー 
    今でこそ、中学校当時、こんな悩みをもった同級生がいたのかな?と、考えてみたりしています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年02月11日 20:27
    > mixiユーザー 
    ミニスカート好き目

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する