ホーム > mixiユーザー(id:8437995) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:8437995)

日記一覧

先日に訪れた「河原城」の続編です。天守閣の最上階は廻廊式で外部に出て、ぐるり360度、雄大な景色を満喫できる。↑「東方向」左の山:霊石山道路:鳥取自動車道河川:千代川中央:八頭郡八頭町↑「東方向」右手:八頭郡若桜町河川:千代川↑「南方向」道

続きを読む

本作はフィンランド映画史上、最高額の製作費を投じた戦争巨編です。1941年、前年にソ連との“冬戦争”に敗れ、領土の一部を失ったフィンランドはソ連から領土を取り戻すためにソ連に進攻。ドイツがソ連に侵攻した事でフィンランドも戦争を再開し、旧領土

続きを読む

昨日は仕事で鳥取へ・・その帰りに「河原城」へ立ち寄った。ここは河原町お城山に築いた観光用の展望台情報館です。実は昨年2月に訪れた事があったが、その日はあいにくの休館日。城内に入れず断念していたので今回は再訪です。 ↑(TOP左・中画像)「河

続きを読む

スイカとピオーネ
2019年08月23日09:55

息子夫婦は今年から同居中ですが、嫁方の実家から頂戴しました。実家先は瀬戸町です。ありがとうございます。

続きを読む

帆船デザインも数多く発売されてました。人気カードです。↑「日本丸」↑「海王丸」↑「観光丸」「咸臨丸」「倉敷チボリ」↑メキシコ帆船「マリガランチ号」「サン・ファン・バティスタ号」「サンタマリア号」↑「飛龍丸」「金毘羅丸」「咸臨丸」↑「雲鷹丸」

続きを読む

当時は船舶デザインカードを主に集めていました。↑クルーズ客船、リゾートフェリー各種↑クルーズ客船、阿寒湖観光船、連絡船↑青函連絡船↑宇高連絡船↑横浜港夜景等おりえんとびいなす見学記念↑氷川丸色々と結構ありました。

続きを読む

我が家の工作部屋がやっと片付いた。特に書籍が多くあるのですべてを本棚に収納出来ない。仕方なくダンボール箱に仕分けして収納。今度はダンボール箱にラベル表示しているので中身がすぐに分かるようにしている。その作業が春先から続いていた。さて、そんな

続きを読む

『帝国海軍提督』の本
2019年08月16日07:33

映画『アルキメデスの大戦』で登場した4人の人物に注目してみよう。まず、山本五十六は誰もが知る連合艦隊司令長官として知られるが、映画の時代はそれと異なる。舘ひろしが演じる海軍少将、海軍第一航空戦隊司令官として「巨大戦艦建造計画」に異を唱える。

続きを読む

先日、仕事で高松へ・・その帰りに高松道の府中湖PA下り線で限定販売されている「びっ栗どら焼き」を買ってみた。見よ!この厚みを・・http://www.fmosaka.net/_ct/17229176

続きを読む

元アメリカ外交保安部(DSS)捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元M16エージェント/デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)の二人がタッグを組む。ある日、ロンドンで殺人ウイルス「スノーフレーク」が奪われた。その犯人はデッ

続きを読む

西山洋書神戸店閉店のお知らせが届いた。来年の3月31日で閉店になるようだ。同店とは調べてみると、昭和59年から洋書を購入していたので45年になる。しかし、そう言えば、最近はここで洋書を購入していない。やはりネット購入する機会が増えているから

続きを読む

今夜の食事はイタリアン
2019年08月13日00:13

今夜は息子夫婦の誘いでイタリアン料理店へ・・娘は用事で不在なので家族4人で出かけました。オススメは「ラクレットチーズがけ有機野菜とバケット」ピザも最高にうまい指でOK

続きを読む

映画『アルキメデスの大戦』に関連して、続いて次の書籍を紹介したい。映画では平山忠道中将として田中泯さんが役を演じている。最後のセリフ「滅びるから造る」・・これには驚いた。さて、この人物こそが、戦艦「大和」の設計に関わったあの有名な平賀譲氏で

続きを読む

『日本戦艦物語供
2019年08月10日10:39

皆さんは映画『アルキメデスの大戦』をもうご覧になっただろうか?本作は新型戦艦の建造費が大きなテーマになっている。実際の建造費を過少に公表した経緯は・・軍艦ファンの皆さんならほとんどの方はその理由を知っていただろう。この史実をうまく利用して、

続きを読む

先日に映画館で購入した「アルキメデスの大戦」グッズです。・左画像「スマートフォンリング」価格:850円舵輪の裏のリングを起こすとスタンドになります。・中、右画像「ネックストラップ」価格:850円首にかけるヒモが巻尺になっています。便利かな・

続きを読む

日本郵船「賀茂丸」級ポストカードの続編です。いずれも日本独特の美人画を採用しています。・左画像1910年製作のポスター画。左側ライフブイに1911年のカレンダーが描かれている。作者は不詳。・中画像1913年製作のポスター。作画は橋口五葉(1881-1921)。

続きを読む

今回は艦船作品です。・TOP画像戦艦「大和」1/200 ニチモ作者:別府さん※残念ながら、ガラスケース展示なので作品のディテールが良く分からない。 ↑護衛艦「むらさめ」1/60作者:別府さん※艦橋部に乗員フィギュアを配置している。 ↑護衛艦

続きを読む

今回は主な現用機と試験機作品を紹介しよう。↑(TOP左画像)ペリエフVVA-141/72 モデルズビット作者:藤岡会長作者解説:地面すれすれに飛行し、垂直離着陸をする信じられないソ連の飛行機。 ↑(TOP中画像)アントノフA-401/72 A

続きを読む

昨日は松山(愛媛県)で開催中の松山エアモデラーズクラブさんの展示会を見学しました。まず最初は主な大戦機作品を紹介しよう。↑TBD-1デバステーター1/48 グレートウォールホビー作者:渡辺さん作者解説:ミッドウェイで全滅したホーネット雷撃機

続きを読む

ディアゴの同シリーズで海自モノは4巻目です。 護衛艦「くらま」に乗艦し、訓練航海やインド洋派遣の後方支援活動を公開。また、厚木航空基地のP−3Cによる救難活動等も・・・マガジン内容 DVDクローズアップ解説 海上自衛隊の役割 海上自衛隊の艦艇

続きを読む

讃岐国分寺跡地の遺構を紹介しよう。敷地の外周を方形に囲った土塀を実物大で復元している。・左、中画像「築地塀」(ついじべい)発掘調査成果に基づき、敷地の東側に一部の土塀を復元。下幅1.8m、上幅1.5m、高さ3.93m屋根の蓮華文(れんげもん)の軒

続きを読む